たかまつななが合格した東大大学院とは?

お嬢様芸人として知られるたかまつななさんが、東京大学の大学院に合格したとして話題になっています。たかまつさんは、横浜のお嬢様学校であるフェリス女学院中高を卒業したのち、慶応義塾大学総合政策学部に在籍しています。さらに、慶應義塾大学に通いながらこの春からは東京大学の大学院にも通っています。


なぜWスクールが可能?

普通大学院といえば、大学の学部を卒業してから通うものとされています。しかし、たかまつさんはなぜ東京大学の大学院に通えるのでしょうか。彼女が通っている場所は東京大学大学院情報学環教育部という場所です。これは大学院が設置した別コースのようなもので、修了しても学位はもらえません。この場所は東京大学の学部生だけでなく、他大学の学部生や、社会人などに広く開かれた場所となっています。メディアやアート、情報、マスメディアに関する勉強ができます。東京大学の学生は学費は無料ですが、その他の学生は学費がかかります。東大の学部生と多大生、社会人との違いはこれだけであり、試験はすべて共通のものとなっています。

学部と大学院の中間点

情報学環教育部はいわば大学の学部と大学院の中間的な場所に位置するものと考えられます。この場所で勉強をして、さらに興味が生じたならば修士課程などの大学院に進学することもあってよいでしょう。さらに出身者にはマスコミ関係者も多くいるので、マスコミ志望者にとっても、とても良い場所であると言えます。

「就活で東大女子への定番のイヤミ! 東大女子あるある」の詳細を調べる

    
コメント