「悪魔のささやき」とは?

かつて「クイズ悪魔のささやき」という人気番組がありました。視聴者参加型の番組です。司会を務めるのは古舘伊知郎と和田アキ子でした。


どんな番組?

「クイズ悪魔のささやき」は、1994年から1996年まで放送されました。この番組は視聴者が「ビンボーアピール」を行い、会場にいる100人のアンケートを取ります。50人の商人を得られれば50万円となります。その後、クイズにチャレンジし、合格すると50万円獲得となります。さらに、もう一段階ステップがあり、100万円を獲得するか否かが選べます。新たなクイズにチャレンジし、成功すれば100万円、失敗すれば0万円となります。

どんな貧乏が出る?

この番組に出てくる「ビンボーさん」たちの、理由はさまざまです。貯金が1600万円あるけれども使いたくないから、遊ぶ金が欲しいという人もいれば、難病にかかっておりお金が欲しいという人もいました。本当に困窮している人ばかりでなく、ちょっと、勘違いをしているような人もいました。キャラクターが濃い出場者も多く、和田アキ子と古舘伊知郎が鋭いツッコミを入れることもありました。この番組で取り上げる貧乏は、経済的な困窮ではなく「心とお金のギャップがある人」であったかもしれません。それは、年収1000万円でも不幸な人、300万円でも幸せな人という、その後の日本に出てくるテーゼを先取りしていたものといえるかもしれません。

「ラジオの聴取率調査方法は?」の詳細を調べる

    
コメント