伝説の「朝まで生つるべ」とは?

テレビ朝日の人気討論番組といえば「朝まで生テレビ」でしょう。政治経済について熱い激論が繰り広げられます。さらに毎年12月31日の深夜から1月1日の早朝にかけて放送されることでも知られます。


30日は生つるべ

「朝まで生テレビ」が放送される前日の12月30日の深夜には「朝まで生つるべ」が放送されていました。これは落語家の笑福亭鶴瓶さんが、一人しゃべりを行うものです。さらにアルフィーの坂崎幸之助を交えて、フォークソングを歌う時間もあり、自由度の高い番組でした。

生つるべは、1人喋りの本領発揮という場面でした。笑福亭鶴瓶は、上岡龍太郎と「パペポTV」というこれまたトークだけの番組を行っていました。フリートークだけで場を持たせる力というものを感じさせる番組でしたが、「朝まで生つるべ」においても、その魅力はいかんなく発揮されていました。

年に1度だけ

何よりも年に1度だけの放送というのが、レア度があって良いです。さらに番組終了後には打ち上げも行い、それは翌日のお昼まで続いていたそうです。一足早く、お正月がやってきたかのような飲みっぷりです。

朝まで生つるべは2000年から2011年まで放送されていました。毎年の恒例行事のようになっていたので、今こそ復活が待たれます。さらに一時は「生つるべ」のスピンオフ的番組として「歌つるべ」なる番組もありました。どちらかでも復活して欲しいものです。

「正月で忘れがちな行事まとめ」の詳細を調べる

    
コメント