徹子vsきゃりーぱみゅぱみゅ。徹子の部屋であらわになったふたりの魅力とは?

7月15日放送の「徹子の部屋」のゲストは、きゃりーぱみゅぱみゅ。かねてから黒柳徹子をモデルとしたキャラクターをPVなどに取り込んでいるというきゃりーちゃんが、皆さんご存知あの部屋にやって来たわけです!

番組冒頭からきゃりーちゃんを見て、「かわいい!!」を連発する徹子さんでしたが、あらためて今回の放送を見て、徹子さんの芸能人としての存在理由と、きゃりーちゃんの魅力、さらには、「徹子の部屋」を受け入れられる日本人の国民性がはっきりとわかりました。今回は、「黒柳徹子vsきゃりーぱみゅぱみゅ」から見えて来たそんな話を紹介します。


徹子独自のルール

「中学以降、おもしろいことがあるので、その前にコマーシャルです」これは、徹子さんがCM前に言い放った言葉です。この番組に初登場のゲストとは、小さい頃からの話を順を追って聞くことが定例ですが、今回もきゃりーぱみゅぱみゅの小学生時代の話からスタートしました。

そして、CMの時間になり、徹子さんが言い放った「中学以降、おもしろいことがあるので、その前にコマーシャルです」という進行は絶対に芸人さんなら言わない言葉です。それは、「ハードルが上がるだけ」だから。お笑い芸人がトーク番組やバラエティ番組の司会をやることが当たり前になっているご時世で、この言葉でCMに行く番組はそうそうありません。というか、もはや絶対にありえません。

司会者がゲストに、たとえば「昨日、なんだかおもしろいことがあったんですって?」と聞くことは、ゲストがおもしろ話をする前に、おもしろさのハードルを無闇に上げることになるからです。しかしながら、徹子さんは違います。そのようなお笑い芸人メソッドに左右されることはまったくありません。

テレビのなかのルールや常道のやり方にまったく縛られることなく、自らのやりたい放題できるテレビに出る人は、今、ほとんど存在しません。徹子さん、ビートたけしさん、タモリさんぐらいではないでしょうか。芸能人のほぼ全員が、テレビのルールにのっとり、テレビの収録に臨みます。そんななか、我が道を行く徹子さんは珍しい芸能人であり、そのヒヤヒヤ感が「あまり見たことのないテレビ」だと視聴者に感じさせてくれるので、「徹子の部屋」および、芸能人・黒柳徹子の人気は不動のものになったのだと思います。この徹子ルールが実におもしろいというわけです。

徹子ルールに対応できるきゃりーちゃん

そして、きゃりーぱみゅぱみゅが「徹子の部屋」で見せてくれた彼女自身の魅力とはなんでしょうか? 彼女の奇抜な衣装でしょうか。おもしろトークができる話術でしょうか。いいえ、違います! 断じて、違います!!

きゃりーちゃんが「徹子の部屋」で放った魅力は、先述した徹子ルールにのっとって見事に、そして、堂々とゲストとしてのポジションで対応をした、その能力・才能だと筆者は考えます。「徹子の部屋」では、ゲストの話を聞くのがその番組のコンセプトであるのにもかかわらず、突然徹子さんが自分の話を延々とゲストに話しかける時間があります。

今回の放送だと「私、身長160cmあると思ってたら、縮むのね、身長って。足の裏でもすり減るのかしら」と自身の身長についての報告をきゃりーちゃんにしてらっしゃいました。普段、バラエティ番組に出演し、テレビルールに慣れている芸能人の方々だと、どうしてもそこでクスッと笑ってしまいます。これが普通のリアクションです。

しかしながら、きゃりーちゃんはそういうテレビサイズのリアクションはせず、真面目に返答をしてくれるわけです。また、エンディングのもう放送時間があと数秒の所で、徹子さんは野菜を食べないというきゃりーちゃんに「お肉ばかり食べていてはダメよ。野菜をまいて、お肉は食べなきゃ。お肉と野菜は同じ量を食べて下さいね。できる?」とまるで我が子を諭すように、普通のトーク番組ではありえないエンディングトークをしてらっしゃいました。

にもかかわらず、きゃりーちゃんは一言「はい、わかりました」と応えるのみです。きちんと放送時間内に収まるコメントを、しかもクスッと笑うこともなく、なんなくやってのけるきゃりーちゃんは輝いていました。

つまり、テレビサイズのコメントをしない徹子さんに負けず劣らず、きゃりーちゃんもテレビサイズの芸能人ではないということなのです。視聴者には全く関係のないテレビのなかのルールに縛られ過ぎの芸能人が大変多いなか、「マイルール」をテレビでいとも簡単に披露し、それでいて魅力的とはどういうことでしょうか。今回、なかなか見ることができない対談を見ることができました。「もしかすると、テレビの世界でこれから活躍するのは、テレビのルールに縛られない芸能人だ」ということを証明してくれたと言っていいでしょう。

この「マイルール」を持つ芸能人、黒柳徹子ときゃりーぱみゅぱみゅが日本人は大好きです。独自のルールを持つ人間が好まれるのは、日本人の懐の深さの表れではないでしょうか? 日本にはさまざまな芸能・文化が歴然と存在している理由がわかります。日本人の多らかさがあってこそ、いろんな芸能人が活躍できるのでしょう。

「最近のテレビ番組情報」の詳細を調べる

    
コメント