テレビドキュメンタリーに見る味わいの違い

テレビではバラエティから音楽番組、あるいはテレビドラマなどさまざまなジャンルの番組が放送されています。その中の一つがドキュメンタリー番組です。テレビドキュメンタリーはさまざまにありますが、それぞれの番組ごとにカラーが異なります。そんなテレビドキュメンタリーの色の違いについて見てゆきましょう。


「ザ・ノンフィクション」フジテレビ系列

ドキュメンタリー番組の代表格とも言える番組です。フジテエビ系列の場合、毎週日曜の午後に放送されています。おだやかな日曜の午後に「似つかわしくない」人間くさい、泥くさいプログラムが放送されています。さらに、この番組の特徴は、流しっぱなしにしないところです。忘れた頃に、その後について伝えてくれます。中には番組がシリーズで放送中に亡くなってしまったという人もいます。

「NNNドキュメント」日本テレビ系列

こちらは、日曜の深夜に放送されます。どちらかといえば社会派のテーマが多くなっています。「ザ・ノンフィクション」が人間にスポットを当てるのとは対照的に、こちらのプログラムは社会構造の中に置かれた人、現代の世相というべきものを現しています。そのため、パターンにハマったような番組が多くなってしまうのが特徴的です。

その他、少数精鋭

その他の局でも時折ドキュメンタリー番組が放送されています。単発的に夜中に放送されることもありますので、テレビ欄をチェックするようにすると良いでしょう。

「テレビ情報あれこれ」の詳細を調べる

    
コメント