ホラードラマ「悪霊病棟」の正しい楽しみ方とは? 主演・夏帆の女優魂も炸裂!!

2013年夏のドラマにはホラーが数作ございます。ホラーコメディ「天魔さんがゆく」、サバイバルホラー「超絶絶叫ランド」。そして、先日スタートしたのが「悪霊病棟」です。主演は、夏帆さん。脇を固めるのは、大和田健介さん(あの大和田伸也さんの息子さんです)や嶋田久作さん(ただごとではない顔力をお持ちの役者)など「静かな名優」のみなさんです。

このドラマ「悪霊病棟」は、2013ホラープロジェクト「黒い歯」の一環なのです。このプロジェクトは、「ドラマ」「小説」「お化け屋敷」以上の3つがコラボレーションした企画。プロジェクト原案は、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文さんです。今回は、このプロジェクトとともに、ドラマ「悪霊病棟」の魅力をご紹介します。


「悪霊病棟」をさらに怖く楽しむには?

ホラープロジェクト「黒い歯」は、ドラマ「悪霊病棟」、小説「憑き歯—密七号の家—」、お化け屋敷「呪い歯」の3つの媒体がコラボレーションする企画です。東京・大阪・名古屋3都市で体験できるお化け屋敷を楽しんだ後、小説を読み、そして、ドラマを見るという、恐怖から離れられないひと夏を過ごしてみてはどうでしょう? この夏は、考えられない暑さが続いています。ここは、この「黒い歯」プロジェクトで涼んでみるのも良いかもしれません。

そこで、まずはドラマ「悪霊病棟」の正しい楽しみ方をご紹介しましょう。毎週木曜深夜0時59分から放送しているこのドラマ。できる限りリアルタイムでご覧になることをオススメします。ホラードラマは、やはり深夜に見るのが正しい見方です。「でも、そんな時間にドラマを見ることができない!」という方もいるでしょう。そんな方は、録画した「悪霊病棟」は必ず丑三つ時に見て下さい。昼間に見てはいけません! 怖さが半減してしまいます。

そして、ここからが重要なのですが、見るときに気をつけないといけないのが、音量です。深夜ですので、ご近所迷惑になるかならないか、のギリッギリのところまでボリュームを上げてご覧下さい。さらに、テレビにできるかぎり近づいて見ること。これも大事です! 「あまり近づきすぎると目が悪くなるよ!」という至極真っ当なご意見をおっしゃる方は、これまた目が悪くなるかならないか、のギリッギリのところまでテレビに近づいてご覧下さい。「深夜」「音量」「距離感」この3つをしっかり押さえて、このドラマを見れば、5倍は恐怖を楽しめます。熱帯夜には「悪霊病棟」を是非!!

主演の夏帆が抜群!

ドラマ「悪霊病棟」の見所はなんと言っても主演の夏帆さんの演技でしょう。第1話の冒頭、夏帆さん演じる尾神と友達・坂井のシーン。ここで、女優夏帆の魅力が炸裂していました。涙と鼻水がその女優魂を証明しています。

この演技を見た途端、ドラマに信憑性が加わり、グッと感情移入できる作品に様変わりしました。同局で放送中の「天魔さんがゆく」はホラーコメディですが、こちら「悪霊病棟」は本格ホラーです。ホラーはちょっと苦手だ、と思っている方も是非とも一度はご覧になってみてはいかがでしょうか? 真夏の夜更けはこのドラマで寒〜くなってみても損はしないはずです!

ドラマ・小説、そして、お化け屋敷とさまざまなバージョンで楽しめるこの「黒い歯」プロジェクト。夏休みに出かける予定がないという読者の方がいらっしゃいましたら、この3つのバージョンで暑い夏を乗り越えてみて下さい。

「ドラマ」の詳細を調べる

    
コメント