織田裕二がダメパパに! 「Oh My Dad!!」の衝撃シーンは見逃せない!!

「織田裕二、初の父親役!」ってことで、話題に挙がっているドラマ「Oh My Dad!!」。ご覧になったでしょうか? 初回放送は、15分拡大スペシャル。

番組冒頭から「夢を追う40歳」「妻がいなくなる」「子供とふたりの放浪生活」という実にドラマ的で王道とも言えるそのストーリーに「ああ、なんだか、よくある話だな」と思っていたのですが、突然、衝撃映像が挟み込まれてくるのです。

今回は、「Oh My Dad!!」の衝撃部分、そして、ドラマの魅力をご紹介します。


短い台詞しか喋らない長谷川京子

「Oh My Dad!!」の衝撃映像。まず、挙げなければならないのは、長谷川京子のブレない演技でしょう! 2000年にスペシャルドラマ「らぶ・ちゃっと」でドラマデビューしてからというもの、モデルの頃の人気と美貌をフルに生かして、ドラマ出演、映画出演を果たして来た長谷川京子。

TBSの「SCANDAL」では、名だたる女優陣に並び、女優然とした活動をなさっていましたが、その肩書きと芝居には大きな落差がありました。お気づきの方も五万といるでしょうが、「どんな台詞もすべて一本調子」という女優としてかなり致命的なその芝居に、「下手こそ彼女のキャラクター」とまで囁かれてもしかたない有様でした。

そこへ来て、このドラマ「Oh My Dad!!」では、仕事で成功したが恋愛ではまだ成功していない38歳のキャリアウーマンを演じています。「あぁ〜、またハセキョーなのかぁ」とキャスティングを見ただけで、その期待感はグンと下がった方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、本作では「極力、彼女の台詞を減らす」という対策をとり、彼女の三文芝居をなるべく晒さないよう、努力しているではありませんか! 冒頭に王道のストーリーだと述べましたが、やはり俳優織田裕二が画面に登場すると、ストーリー自体がとても引き締まったように感じるのも事実。それだけ見えない説得力を持つ織田裕二とやりあうのが、長谷川京子です。「役不足でしょ!」と心配していたのですが、彼女の台詞の量があまりにも少ないことで、その役不足感がうやむやになり、心配していたよりはいい結果になっていました。

とはいうものの、八嶋智人さんとのやりとりでは、その力の差が露呈するというシーンもありました。まさに、衝撃のシーンです。今、役者を目指している役者の卵の皆さんは、是非とも彼女の芝居を見て「一言でも台詞を発することはこんなに難しいことなんだ」と学び、あるいは、「向いていないことはやるもんじゃない」ということを強く胸に刻み込んだ方がいいでしょう。

子供がやっちゃう衝撃の行動

そして、次に挙げる衝撃映像は、第1話の終盤にやってきます。そこまで実に王道なストーリーが展開されるのですが、「あ〜、そうか! このシーンをやりたかったから、それまでを王道に描いていたのか!!」と思えるような衝撃。

それは、織田裕二扮する元一の息子・光太が、ある行動をとるシーンです。それまで、子供らしく描かれていたこの光太くんが、無邪気にその行動に出てしまいます。彼の姿を見ていると、ドラマとは言え、「マジで!?」「それ、やっちゃう!?!?」と思わず、テレビに向かって叫んでしまいました。

日本テレビ系列で放送中の水曜ドラマ「Woman」も、「見ていると落ちてしまう」という視聴者が多いと聞きます。確かに、番組全編にそこはかとなく漂う陰の空気は視聴者の気分を落とすドラマです。一方、「Oh My Dad!!」は全編に渡り、陽の空気が漂っています。織田裕二さんの織田裕二感(「世界陸上」のMCのイメージとでも言えば良いでしょうか?)も手伝って、どこかクスッと笑いながら見ることができるのです。

そんな“見やすい”ドラマの終盤に、子役の衝撃的な行動を持って来るとは、なかなか香ばしい演出ではないでしょうか。

初回視聴率は、13.3%とそこまで奮わなかったものの、今回紹介した衝撃シーンの類いが毎回飛び出したなら、徐々に話題になるのではないでしょうか。この夏に織田裕二を感じて、さらに暑い夏を過ごしてみてはいかがでしょうか。とにかく、まずは、短い台詞でも実力が見え透いてしまう長谷川京子を見るべきです!! 

「ドラマ」の詳細を調べる

    
コメント