古畑任三郎のネタ元

古畑任三郎は、三谷幸喜脚本による人気ドラマです。田村正和演じる古畑任三郎は多くの芸能人にマネされました。先日、「R-1グランプリ」で優勝したハリウッドザコシショウも取り入れるほどです。


名前は時任三郎?

この古畑任三郎という名前は、モデルがあります。それが俳優の時任三郎さんです。「笑っていいとも」の中において、時任三郎さんを変な読み方をすると「時・任三郎(ときにんざぶろう)」になるというネタがありました。これを見た三谷さんが、古畑任三郎というキャクターを作り上げたというエピソードがあります。時任三郎さんは本名ですから、思わぬところで、自分の名前が広まってしまったことになります。

変読み文化

芸能人の名前を変な読み方をするという遊びは昔から行われていました。宝島社が発行している「VOW」シリーズにおいても、取り上げられています。例えば俳優の植木等(うえきひとし)さんを、うえきなど、うえきら、と呼ぶといったものです。ちょっとした遊びですが、実際にテレビのアナウンサーが間違えることや、雑誌で誤植などが載ることもありますから、ちょっとした面白みを見出そうとしているのかもしれません。ものまねタレントの中には、芸能人の本名から少し変えたものや、ものまねタレント風にもじりをしたものもありますから、そうしたネーミングセンスにも通ずるようなものがあるといえるかもしれません。

「8.6秒バズーカーのデマはなぜ拡がるのか 3つの理由」の詳細を調べる

    
コメント