井上真央主演ドラマ「トッカン」おさらい!オリンピックで内容をど忘れしたあなたへ

連日連夜で盛り上がりを見せたオリンピックも終わりに近づき、井上真央主演の「トッカン」も2週間ぶりに放送を再開します。しかし、2週間も期間が空いてしまい、「トッカン」がどのようなお話しだったのか忘れてしまった方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、「トッカン」の第1話から第4話のストーリーをざっとおさらいします。


■第1話

第1話は井上真央演じる主人公のぐ〜子が金持ち脱税者にからぬかみそをかけられるという、強烈なシーンから始まります。一方、税金を払わないのではなく払えない中小企業に対しても税金の支払いを求めることになりますが…税務署の仕事が大まかにつかめる、注目の第1話です!!

■第2話

第2話も「おたくら税務署員は人殺し集団か!!」というこれまた強烈なシーンから始まります。年金で細々と暮らしていると言っていた、堂柿社長の生活はそこそこ羽振りが良く、ぐ〜子は刑事のように尾行・張り込みを開始します。払いたくても払えないという言葉を信じていいのか?とい税務署職員の葛藤が、ぐ〜子を通じてリアルに再現されているドキドキの第2話です。

■第3話

第3話は衆議院議員栗本と第1〜2話でも登場する銀座クラブのママ白石の密会のシーンから始まります。そして一方で、ぐ〜子は人気コーヒー店マウンテンドールカフェを展開する三井の脱税手口を明らかにするため、潜入調査を行います。ぐ〜子の成長、そして思いもしない事件が発生する驚きの第3話です。

■第4話

第4話は第3話の続きから始まります。第1話から登場している銀座のクラブママ白川とぐ〜子との決着はいかに?国家とは、政治とは、そして税金とは何か?消費税増税が決まった今だから見てほしい、納得の第4話です!!

以上です。なお、原作「トッカン」(ハヤカワ文庫)は第1話から第4話をほぼ網羅しており、こちらを読めばより深く「トッカン」をおさらいできます。第5話以降は原作にはないオリジナルストーリーも登場するとの噂もあり、今後もますます「トッカン」、いやっぐ〜子から目が離せませんね。

「トッカン—特別国税徴収官—(高殿 円)」の詳細を調べる

    
コメント