「あまちゃん」に負けてなるまい大河ドラマ「八重の桜」。その無茶すぎる特番とは?

2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」は、同局朝ドラ「あまちゃん」に比べて、みなさんの間で話題にあまり挙がっていないのではないでしょうか? いかがでしょうか? 筆者のまわりではあまり「八重の桜」が話題に挙がることはありません!

そこで、今回は7月17日にNHKで放送された大河関連番組「八重の桜ツアーただいま、東北美女と野獣!? がめぐる福島いわき」レビューをお届けします。誠に勝手ながら、朝ドラだけでなく大河ドラマも盛り上がれば幸い! という思いでお送りします。


「あさイチ」ゲストに綾瀬はるか

先日放送された「あさイチ」プレミアムトークにゲスト出演したのは、大河ドラマ主演の綾瀬はるかさんでした。「あさイチ」名物の朝ドラ受けトークに盛り上がる有働アナとV6井ノ原さん。

筆者はおふたりの姿を見て、ドキドキしてしまいました。「今日のゲストは、朝ドラと比べて、確実に人気がない大河の主役ですよ! 綾瀬はるかちゃんですよ!!」と思わずテレビに叫びそうになりました。

そして、これはあくまでイチ視聴者としての感想ですが、朝ドラ受けトーク後に綾瀬さんが出て来たスタジオの空気が、どんよりしているように思え、MCのおふたりが「朝ドラも盛り上がっていますが、こちらも盛り上がっています!」という旨のあおり発言が、なんとも痛々しく感じられたものでした。

綾瀬さんの「一生懸命作っているので、みなさんに見ていただきたいです!」という発言も、かなり切羽詰まっているのかなぁと、いろいろ邪推してしまうのでありました。

無茶すぎる特番と脚本力の差

NHKが総力を上げて制作しているこの大河ドラマ「八重の桜」は、その関連番組にもチカラを入れています。主役の綾瀬さんが東北6県を訪れ、各地の魅力を体験する「ただいま、東北」も制作しています。この度、その特別番組「八重の桜ツアー「ただいま、東北」美女と野獣!? がめぐる福島いわき」も放送されました。

大河ドラマの出演者が旬の東北を旅する情報バラエティなのですが、その顔ぶれは仰天するほど、豪華なのです! 吉川晃司さんと中村獅童さんの野獣コンビがまるで「鶴瓶の家族に乾杯」のような現地の方々とのふれあい旅にでかけます。このふたりが無防備な状態で、一般の方々と触れ合う姿はそうそう見れるものではありません。

さらには、あの大ベテラン女優・草笛光子さんがフラダンスに挑戦したり、水族館にロケへ出たり、とまるで、旅番組タレントのような扱いで出ておられるではありませんか!! 「あぁ〜、ここまでチカラを入れてるのかぁ、NHKは! それほどに「八重の桜」人気をもっともっと高めなければならないのかぁ」と実に味わい深い思いに浸れる番組なのでありました。

確かに、朝ドラ「あまちゃん」の番宣として、「鶴瓶の家族に乾杯」に小池徹平さんや小泉今日子さんがゲスト出演することもありました。しかし、そのロケ現場には素人いじりの名人である鶴瓶師匠が同行しています。一方、今回の特番では「吉川晃司と中村獅童」のみ。「草笛光子」のみなのです。どう考えても無謀な企画です。

このような超豪華キャストが出演中の「八重の桜」は、なぜ朝ドラよりも話題性がないのでしょう。それは、やはり脚本力の違いとしか言い様がありません。「あまちゃん」も確かに大河に負けず劣らず豪華キャストです。しかしながら、キャスト云々の前に、素晴らしい脚本があるからこそ、老若男女がハマることができるドラマになったのだと思います。

おそらく、ドラマの性格上、「八重の桜」は「あまちゃん」の数倍の制作費がかけられていることでしょう。豪華キャストはもちろんのこと、CGや、セットには想像できないほどのお金がかかっているはずです。しかしながら、どれだけお金をかけたとしても、ドラマの背骨となる脚本にガタが来ていると、もろく崩れてしまいます。

「あまちゃん」は見たことあるが、「八重の桜」はまだ見たことがないという読者の方がいらっしゃったら、是非とも大河の脚本に注目してご覧下さい。そして、こんなことは野暮かもしれませんが、ふたつのドラマの脚本力の違いを比べてみてください。その差にドラマの魅力の違いを認められると思います。

    
コメント