数日でドラマ撮り直し可能

2016年の「24時間テレビ」(日本テレビ系)は出演者の俳優が逮捕されたことにより、ドラマが代役を立てて急きょ撮り直しが行われました。


撮り直しは可能なのか?

逮捕された俳優の出演シーンは5分程度だったとはいえ、数日で代役を立てて撮影をやり直すことは可能なのでしょうか。答えからいえば不可能ではないといえます。テレビというのは人海戦術で作られています。ドラマには脚本を書く人、美術セットを作る人、撮影をする人、演出をする人、編集をする人などにわかれています。それぞれに分業化がなされていますから、それぞれの担当者が超特急で作業をすれば、ドラマを撮り直すこと事態は問題ありません。

プレビューが大変

テレビ番組というのはやろうと思えば、数日で作ることは不可能ではありません。もっとも時間がかかるのが編集時間です。それは番組を少しでも面白くしようという努力があるということはあるでしょう。もう一つ、プロデューサーやスポンサーがなどが立ち会って行われるプレビューという行為があります。これは映画でいえば試写にあたるといえるでしょう。この場所で、ああでもないこうでもないと直されていくのです。今回は、プレビューの段階が、緊急事態ということで簡略化されたものと見られます。テレビというのは作ることはできても、放送するまでが大変ということがわかるエピソードでしょう。

「テレビ局は昔の映像をすべて保存している?」の詳細を調べる

    
コメント