放送作家とディレクター

テレビの仕事において、放送作家とディレクターという仕事があります。この二つの仕事はどういう風に違うのでしょうか。ぱっと聞かれて即座に説明できる人はあまりいないと思います。それほど、隣接している仕事でもあるのです。


ディレクターとは?

一般的にディレクターとは、テレビ番組を制作する人です。出演者や、風景などをどういう風に切り取るのかといった演出を行う人です。さらに、撮影した素材を編集する権限も持っています。

放送作家とは?

一般的に放送作家とは、番組の企画を考えたり、あるいは進行上の台本を執筆する人といわれています。ですが、文章を書いて終わりではなく、収録に立ち会うことがほとんどです。

ハイブリッドな関係

放送作家とディレクターというのは仕事の領域がはっきりと分かれているわけではありません。場合によってはディレクターが企画を考えることもありますし、台本を書くこともあるでしょう。反対に放送作家が、番組の演出にふれる部分を担うということもあります。放送作家的なセンスを持ったディレクター、もしくはディレクター的なセンスを持った放送作家という人もいるのです。もちろん天才ならば、放送作家もディレクターも兼業できるという人もいるという世界なのです。

「伝説のタモリのオールナイトニッポンとは?」の詳細を調べる

    
コメント