NHKはなぜ渋谷にある?

東京のテレビ局は、ほとんどが港区に存在しています。日本テレビは汐留、フジテレビは台場、TBSは赤坂、テレビ朝日とテレビ東京は六本木と民放はすべて港区にあります。対してNHKは渋谷の代々木公園のそばに本部があります。これはなぜでしょうか。


なぜ渋谷に決まった?

NHKが設立されたのは、1950年、戦後間もなくのことです。NHKの前身は社団法人日本放送協会です。テレビ放送に先駆けてラジオ放送を行っていました。この時は渋谷ではなく、港区の愛宕山に放送局がありました。現在この場所は博物館となっています。その後、千代田区の内幸町に移転します。NHKが渋谷に映ることになったのは、戦後の歴史と、オリンピックが関係しています。

アメリカ軍の施設だった?

現在、代々木公園となっている場所は、戦後、ワシントンハイツと呼ばれる、アメリカ軍の住宅地となります。この場所が返還されることになり、さらに東京オリンピックの開催も決定します。オリンピックのメイン会場のひとつは現在も残る代々木第一体育館でした。オリンピック中継は日本のテレビ事業において、国家の威信をかけた大プロジェクトとなります。そのため、オリンピック会場のすぐそばにNHKの放送局が設立されることになります。それ以前の内幸町はとても手狭な施設だっただめ、アメリカ軍から返還されて広大な土地のある渋谷が選ばれることになった事情も関係しています。

    
コメント