日テレ版「ドラえもん」とは?

「ドラえもん」といえば国民的な漫画、アニメーション作品として知られています。「ドラえもん」の放送局といえばテレビ朝日です。しかしながら、かつては日本テレビでも「ドラえもん」が放送されていました。


いつはじまったのか?

日本テレビ版ドラえもんが放送されたのは1973年のことで、テレビ朝日版「ドラえもん」が始まる前のことです。しかし人気がなかったのかわずか半年で終了してしまいます。事実上の打ち切りと言って良いでしょう。これは現在に至るまでDVD化もなされていない幻の作品となっています。

テイストが違う

日本テレビ版「ドラえもん」は現在の内容とはかなりテイストが違うと言われています。例えば弱虫キャラののび太は、日本テレビ版ですとかなり悪ガキキャラであり、ジャイアンよりもスネ夫の方がガキ大将キャラになっているようです。こうした情報に尾ひれがついて、日本テレビ版「ドラえもん」は、内容が過激すぎて放送中止になったという都市伝説も出回りました。しかしながら、実際のところは、当時の時代背景を反映した子どもたちのやんちゃな姿を描いたアニメーション作品であるといえるでしょう。実はテレビ作品というのは権利関係が複雑なため、こうした幻の封印された作品が多く誕生しています。なんとか日の目を見るようになってもらいたいものですね。

    
コメント