「シブヤ系うらりんご」とは?

幻のバラエティ番組というべきものがあります。地方で放送されておらず、なかなか見る機会がないものがそれです。そのひとつに『今田耕司のシブヤ系うらりんご』があるでしょう。


放送期間は?

『今田耕司のシブヤ系うらりんご』は1995年の3月27から9月29日までの半年間にわたって放送された、平日午後の生放送バラエティ番組です。放送時間は平日17時から17時25分までの約30分間であり、吉本興業が渋谷に持っていた渋谷公園通り劇場から毎日生放送されていました。

過激な企画が多い?

この番組は後に『めちゃ×2イケてるッ!』などを手がけることになる片岡飛鳥がスタッフに参加していました。そのため『めちゃイケ』テイストのドキュメントバラエティ的な企画が多くありました。今田耕司が本番中に、渋谷の飲食店から食い逃げをし、それを中継するといった企画や、うらりんギャルとで呼ばれた若い女の子に男性の視聴者が抱きつくといったセクハラ企画もありました。生放送であったため、常に何が起こるかわからないハプニング性があったと言えるでしょう。

中継局が少ない?

この番組はフジテレビのみの関東ローカルに近い番組だったと言えます。この他にネットしていた局は仙台放送、山陰中央テレビ、テレビ新広島、岡山放送といった並びです。名古屋や大阪、あるいは福岡などの大都市圏では放送されていなかったのです。そのため、この番組を見ることができた人は少なかったと言えますね。

このほかには?

番組は3ヶ月後には今田耕司だけでなく東野幸治も加わりました。さらに、極楽とんぼ、ナインティナイン、フォークダンスDE成子坂といった、当時の旬のお笑い芸人たちがそろって集合していたバラエティ番組でした。まさに瞬間的な盛り上がりを見せた幻の番組だと言えるでしょう。

    
コメント