フジの人気番組「ホンマでっか!?TV」の出演者の著書をまとめてみた

フジテレビ系、司会明石家さんまの人気番組「ホンマでっか!?TV」。この番組は、強烈なキャラクターを持った識者が集い、世の中の信じられようないようなことを発信する番組です。そこで番組に出演している識者が著している書籍を集めてみました。


■生物学にとどまらない人生観

「他人と深く関わらずに生きるには(池田 清彦)」の詳細を調べる

 
生物学の大学教授ですが、あらゆるジャンルにわたった本を執筆なさっているのは池田先生。この一冊でも、日本社会や日本人の矛盾を堂々と主張しています。

■キレイな心理学者といえばこの人

「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理(植木 理恵)」の詳細を調べる

 
キレイな心理学者の植木先生のこちらの書籍。心理学の基礎から応用まで解説し、広告やマーケティングに応用できる実践的な知識を身に付けることが出来ます。

■見た目とは反した攻めた一冊!?

「「夜のオンナ」はいくら稼ぐか?(門倉 貴史)」の詳細を調べる

 
口調も穏やかで、さんまさんにイジられることの多い門倉先生。そんなキャラクターに反して、こちらの一冊では夜の世界のあらゆる業種で働く女性たちの収入を解説しています。

■メガネがトレードマークの流通ジャーナリスト

「おみくじの原価は1円!―時代を超えて生き残るビジネス(金子 哲雄)」の詳細を調べる

 
メガネがトレードマークの流通ジャーナリストと言えば、金子先生。あらゆるビジネスの原価を説明したこの書籍で、内部事情を知ることが出来ます。

■個性的な脳科学者の先生といえば

「なぜいい女はパッとしない男に惚れるのか? 誰も知らない60の脳のお話(澤口 俊之)」の詳細を調べる

 
強烈なキャラクターを持つ脳科学者の澤口先生。脳科学の視点から恋愛や社会、あらゆるものを紐解いています。

■おなじみの環境学者といえば

「偽善エネルギー(武田 邦彦)」の詳細を調べる

 
小柄な体格に歯に衣着せぬ語り調の環境学者といえば武田先生。エネルギー問題についてのウソとマコトについての説明した一冊です。
 
どの先生方もなかなか面白い書籍を著しています。著者がどんな人なのか見えると、本は読みやすくなりますし、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

    
コメント