テレビ番組を作りたいからテレビ局はアリか?

テレビ番組を作るディレクターというのは、クリエイティブなイメージとあいまって誰もが一度は憧れる職業ではないでしょうか。テレビディレクターを志すにあたっては、まず思い浮かべるのはテレビ局への就職かもしれません。しかし、この進路は必ずしも適当ではないともいえます。


なぜテレビ局ではダメなのか

もちろん、テレビディレクターになるためにテレビ局を受験するということはあって良いことです。しかし、テレビ局というのはテレビ番組を作り放送する場所であるとともに、ひとつの企業体になっています。テレビ番組を作っているだけでは、テレビ局は成り立ちません。普通の会社と同じように営業の部門もあれば、経理の部門もあります。もちろんテレビ局全体の予算を管理したり、備品を取りそろえるだけの部署もあるでしょう。テレビ局に入ったからといって、テレビ番組の制作部門に配属されるとは限らないのです。さらにテレビ番組の制作部門でも、報道や、ドラマ、バラエティなど多岐にわたっています。その中で自分が希望する分野につけるかといったら未知数です。何よりテレビ局の試験はとてつもない高倍率になっています。そもそもテレビ局に合格できるかどうかという点も未知数なのです。

製作会社ならば確実

どうしてもテレビ番組を作りたいという場合はテレビ番組の製作会社を狙ってみるとよいでしょう。慢性的な人手不足なので、若ければ採用のチャンスがあります。製作会社は特定の番組を請け負って作りますので、旅番組やバラエティなど、自分の志望するジャンルにも近い仕事ができます。

「テレビドキュメンタリーに見る味わいの違い」の詳細を調べる

    
コメント