ウゴウゴルーガとボディコンギャル

ウゴウゴルーガという番組をご存知でしょうか。1992年10月から1994年の3月までの1年半にわたってフジテレビの早朝で放送されていた番組です。


名前の由来は?

ウゴウゴルーガはウゴウゴくんとルーガちゃんという子どもの男女がコンピューターグラフィックスで作られたキャラクターとの対話コーナーをメインとして、短いコーナーが次々と挟まれます。そのシュールな内容は、子どもだけではなく、大人の視聴者も獲得しました。

番組名の由来は「ゴーゴーガール」を言い換えたものではないかという話がありました。遊び疲れた若者やギャルが、ぼけっとした頭で視聴する番組としてのウゴウゴルーガというものです。しかし、これは後付の理由です。実際、ゴーゴーガールという言葉は、90年代においては死語でありました。すでに”ナウい”言葉ではなかったのです。

由来はジャズ用語から

番組名の由来はフレーズを逆に呼び替えるジャズ用語に由来するものです。大橋巨泉がゴーゴーガールをウゴウゴルーガと言い換えていたエピソードを耳にして、語感が気に入ったスタッフが仮タイトルで残していたらそのまま定着してしまったものだと言われています。

寿司とシースー、お姉ちゃんをチャンネーと言い換える業界用語の由来はジャズ業界に由来するものです。ちなみにお昼のレジェンドであったタモリも、本名の森田一義を、大橋巨泉が「タモリ」とジャズ業界用語風に逆さ読みしたことに由来すると言われています。

    
コメント