ボキャブラ天国が再放送できない事情

90年代にお笑いブームを巻き起こした伝説の番組が「ボキャブラ天国」である。もともとタモリを司会として視聴者からの投稿作品を映像で紹介する番組であったが、ワンコーナーとして始まった若手芸人のランキングが人気を博し1996年の10月にメイン企画として独立した。

その後、放送時間の度重なる変更を経て、1999年の9月まで放送された。番組に出演する若手芸人は大人気となり、事務所の垣根を超えてボキャブラパックとして営業に赴くなどしていたようだ。


再放送NGの理由とは

その後、CSチャンネルであるフジテレビ721において2006年まで再放送が断続的に行われていた。しかしフルバージョンでの放送は叶わなかった回がいくつかあるという。

まず、ゲスト審査員として多くの審査員が出演したが、その中にのちに逮捕されることになる横浜銀蝿の翔や、田代まさしなどが出演した回は放送されなかった。

その他にも、番組には数多くの若手芸人が出演していたが、中には現在は芸人を廃業している人が多く含まれていたというのもある。現在は連絡が全く取れない人もいるというから切ない。

若手芸人のその後は?

ボキャブラだけではなく、テレビなどで芸人の若手時代の映像が流れる時、数多くいる出演者の中でぼかしがかかった人がいる場合がある。これも廃業し、顔出しを望まない人物なのだろう。

芸人の世界とはやはり厳しいものなのだろう。

「テレビ番組の情報」の詳細を調べる

    
コメント