「笑っていいとも」は人を育てる番組だった

お昼の番組といえば「笑っていいとも」。知らない人はいない国民的番組です。「笑っていいとも」出身のテレビマンはその後フジテレビで活躍している傾向があります。当時大人気だった「ひょうきん族」は番組としては面白かったが、人を育てる環境はなかったのです。


■「笑っていいとも」がテレビマンを育てていた

「笑っていいとも」には人が集まる場としての機能や、ディレクターやカメラマンなど、才能あるスタッフを育てる環境がありました。「笑っていいとも」と「ひょうきん族」は時代が重なりますが、人材育成という点ではまったく正反対でした。

■対照的な「ひょうきん族」

「ひょうきん族」に深入りをしなかった人が、会社に残って長く活躍をしています。「ひょうきん族」が終わった後、フジテレビのバラエティには何も残っていませんでした。ひょうきん族ディレクターズは表舞台で完全燃焼したけれど、ADは彼らの舞台を支えたまま、ガラガラと崩れ落ちてしまったようなものだったのです。

番組表面からはなかなかわからない人材育成といった面からも「笑っていいとも」を見ると、また違う楽しみ方があるのではないでしょうか。

「人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~(吉田正樹)」の詳細を調べる

    
コメント