「情熱大陸」の魅力とは?

「情熱大陸」は毎週日曜夜にTBS系で放送されているドキュメンタリー番組です。1人の人物にスポットを当て、その人の来歴から、日常生活の密着、さらには将来のビジョンまでを30分の尺にまとめあげています。とてもていねいに作りこまれている番組、という印象を受けます。「情熱大陸」の魅力は何なのでしょうか?


無名人と有名人が等価

「情熱大陸」に出てくる人物は決して有名人ばかりではありません。世間的に見れば無名の人も出てきます。しかし、そのひとたちの仕事をしっかりと紹介しています。それは対象へのリスペクトがある、ということもできるかもしれません。有名無名を差別区別せず「情熱大陸のものさし」でしっかりと図っているからこそ、ブレのないものに仕上がっているのではないでしょうか。

情熱がなくて中止?

実際に「情熱大陸」では密着を始めてみたものの、途中でロケが中止になった人もいると聞きます。理由は端的に言ってしまえば「情熱がないため」ということに尽きるようです。

お涙頂戴にしない

「情熱大陸」はその人の生い立ちなどが語られます。そこにステレオタイプな要素、例えば貧乏から来るハングリーさや、両親の離婚、家庭の不和といったありがちな話を盛り込むことはしません。テレビのセオリーを自らに禁じているかのようです。

しかし、一方で日常どうのこうの、という世界にとどまらず、しっかりと魅せる番組になっているのは、登場人物たちに情熱があり、ある種の過剰さを抱えているゆえでしょう。

「つんくに学ぶミリオンセラーの法則」の詳細を調べる

    
コメント