健康

  • 20代の緑内障が増えている!

    近視以外の「目」の病気も、増え続けています。「緑内障」というと、年齢を重ねるとなるもの、というイメージを持つ方が一般的ですが、近年は 20 代でも緑内障を発症する人が急増しているのです。どういうことなのでしょうか?

  • 時代とともに変わる、現代の温泉効果がもたらす真実とは?

    日本伝統の健康・美容法の筆頭格としてあげられるのが温泉です。玉の肌へのあこがれを抱いて山奥の秘湯へ足しげく通う女性は、今も昔も絶えることがありません。最近では細かい効能を宣伝文句に使う温泉も増えていますが、実際の効果は時代とともに変化していると、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんは語っています。一体どういうことなのでしょうか。

  • バイオフィードバックを高めて肌をよみがえらせる

    自分で自分の肌を触る。誰もがあたりまえにやっていることですが、そのとき肌は「バイオフィードバック」という機能を働かせて、理想の肌を目指しましょう。

  • 好きなものをたくさん書き出し、その理由を考えれば、「好き」を発展させられる。

    自分は「何が好きで、何をしているときが心地いいか」を、なるべくたくさん書き出し、それぞれ「なぜこれが好きなのか」考えてみてください。好きな理由がわかれば、もっと「好き」を発展させることができます。

  • 近視は遺伝ではない

    日本人は、世界でもダントツに目が悪いという事実をご存知ですか? カナダの総人口を超える、実に4000万人以上の人が、目にかんしてなんらかの悩みを持つといわれています。真の目の情報を、数回に分けてお届けします。視力回復を諦めていた人は、ぜひお読みください。

  • 一生懸命洗いは禁物! うっかりハマる洗顔美容の落とし穴とは?

    美しくなるための情報は積極的に取り入れるべきと言うのが、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんの基本的な考えですが、情報過多に踊らされては元も子もありません。特に気をつけたいのがイメージ作りを目的としたテレビCMや広告の影響。見た目に惑わされることなく、正確な情報を知ってほしいと訴えかけます。

  • 女性のデリケートゾーンのアンチエイジング

    出産を経験した女性によくある身体の変化。特にデリケートゾーンについては誰にも相談できず、人知れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。皮膚科によるデリケートゾーンのアンチエイジングについてご紹介します。

  • 集中力にも種類がある?

    仕事や勉強に集中したいけれども、気が散ってしまい、なかなかできない、やる気も起きない、そんな人は多いでしょう。そもそも集中するとはどういう状態を言うのでしょうか。集中をめぐる素朴な疑問に向き合った本が 森田敏宏による『東大ドクターが教える集中術』(小学館新書)です。

  • 浮かんでくる感情を押さえ込まず、自分を知るチャンスにする

    自分の感情を押さえ込まないことは「自分らしく幸せに生きる」ための最初のステップ。なんらかの感情が浮かんだときは「自分を知るチャンス!」と思い、自分の内側に問いかけてみましょう。

  • 「プチ整形」より「プチ満足」、美容皮膚科という選択肢

    いわゆるプチ整形がブームになるなど、美容整形の世界もかつてに比べて随分お手軽になりました。美人になるための情報を追い求めているとき、整形が選択肢に入ってくるのもごく自然のことでしょう。でも、皮膚科の専門医、天野彰人さんは、美容外科のお世話にならなくても自然な美人でいることはできると、明言しています。

  • あなたにあった美容皮膚科を選ぶコツ

    美容皮膚科の患者さんの中には、期待通りの医療を求めて、ドクターを探してさまよう「皮膚科難民」がいます。自分にぴったりのドクターと巡り会うために、いったい何を基準に考えたらいいのでしょうか。

  • 自然のポジティブなエネルギーを受け止め、癒してもらう

    自然は、ポジティブなエネルギーを発しています。疲れて一休みしたいときなど、自然に親しんで癒してもらいましょう。何も期待せずに、無心になってその場に身を置くのがポイントです。

  • ずっと美人でいたいための、日常スキンケア習慣とは

    今はそれなりに美しさを保てていても、この先歳を取ればそれもむずかしくなるのでは? と考えるのは自然な成り行きかもしれません。でも心がけ次第で、この先ずっと美人でいることは十分できると、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんは強調します。その秘訣をうかがってみましょう。

  • 皮膚科、美容皮膚科、形成外科はどう違う?

    シミやシワ、ニキビなどの肌トラブル。エステに行ったり自分で何とかしようとするより、もっと効率的に早く治すことができる手段があるってご存じでしたか?

  • 30代でも脳梗塞になる?

    脳梗塞といえば、年齢を重ねた人や、不摂生を繰り返した人がなる病気と思われがちです。しかし、若い人でも脳梗塞になる可能性はあります。

  • 「いつもの習慣」を少しだけ変えれば、問題解決のステップになる

    うまくいかないときは、「いつもの習慣」を少し変えてみましょう。すると、頭が切り替わり、新たな考えが浮かんでくるのです。違う土地に旅行するのもよく、問題解決のステップになり得ます。

  • 誰もが手軽に「かわいい」になれる時代、美は「願望」から「目標」に

    今や世界共通語になりつつある「カワイイ」の母国日本。その根底には日本文化に流れる清潔さに対する強い意識があると、皮膚科のプロ・天野彰人さんは指摘します。そしてカワイイに通じる日本人の美への意識は、時代を経て大きく変化したといいます。

  • 長引く肌の赤み「酒さ」かも!? 知っておきたい「酒さ」の知識

    「酒さ」は一般の方にはなじみの薄い病名かもしれませんね。 もともとは30〜40代以降に多いとされている病気ですが、実際は若年層から高齢者まで幅広い年齢層に多くの患者さんがいます。 大多数の方は症状が軽く、脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎、あるいはニキビと合併している場合が多いので、酒さと認知されにくい傾向があります。

  • 仕事のライバルを応援すれば、自分の運もアップする

    ライバルでも、うまくいったときは喜び、応援してあげれば、運がぐっとアップします。友人関係でも、うまくいったら喜び、もっとうまくいくよう応援してあげれば、あなたも応援してもらえるようになります。

  • 日サロでの焼き過ぎには注意、理想の美肌の条件とは

    秋田美人的な人形のような色白い肌から、南国風の小麦色の美人まで、美肌といっても価値観はそれぞれなのが日本人の肌に対する美的感覚。皮ふの専門医である天野彰人さんは医学的見地を踏まえ、理想の美肌とは何かを解説しています。

7 / 46 « 最初 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 最後 »