生活・人生

  • 日本人最大の悩み?腰痛の正体を徹底追求する

    日本は世界有数の腰痛大国と言われています。日本整形外科学会による全国調査では、約3000万人、実に日本人の4人に1人が何らかの腰痛に悩んでいるということになります。しかも、この内の8割以上の人が「なんで痛いのかわからない」と答えているそうです。ご自分の周りにも(もしくはご自身も含め)、常日頃「腰が痛くて」と口癖のようにつぶやいている人、いるのではありませんか?

  • 仕事と人間関係を良くするには?

    仕事をはじめとする人間関係がうまくいかないと悩んでいる人は多いといえるでしょう。これは、マニュアルといったものがありませんので、まずどう動けばいいのかといったことがそこにおいては悩みとして生まれるのかもしれません。

  • モノが少ない幸せとは?

    断捨離をしたいのだけれども、なかなか実行に移せないといった思いを抱えている人は多いのではないでしょうか。いつか、それを使うことになるかもしれないから、といった前提から考えてみると、確かにそれはもったいないといった精神につながってしまうのは確かですね。

  • 必要十分生活とは何か?

    生活をするにあたって、どういった空間やものが最適なのでしょうか。服をいっぱい持っていたとしても、いつも着ているのは何着かに限られています。食器がたくさんあったとしても主に外食がメインの場合は、なかなか使う機会がないといったことはよくありますね。生活のまわりを見渡してみると、けっこうな量の無駄があることに気づきます。

  • ひとりで頑張らない本?

    ひとりで頑張るというのは、よく求められるプレッシャーではあるといえるでしょう。それはひとつのいわゆる理想像として掲げられることがあったとしても、それは理想であるからして、かなえられることが困難であるという条件もあるわけで、誰もがそれをスムーズにできることはないのだということは頭ではわかっていたとしても、情報化社会がそれをあおってくるという現状もあるわけで、なかなかつらいものがあるのは確かですね。

  • 大好きなことを見つけるには?

    仕事な土を続けるには好きなことを見つける、仕事を楽しむというのが良いとされています。それは、一見するともっともなことを言っているようでいて、なかなか真実にたどりつくのが難しいというのもあるでしょう。

  • 点数稼ぎ勉強法とは?

    勉強法というのはさまざまな方法があります。自分にあったものを探してみるというのが大事ではあるでしょう。それでも、その中にはある法則というべきものもそこにはありますね。それは試験においては王道パターンをどのように踏襲すべきかというところでもあります。

  • 18歳からの教養とは?

    学校の勉強とは別に、教養と呼ばれるものがあります。これはどういったものとして定義されるでしょうか。高校時代までの勉強は教科書に記されたものを覚えて、テストでアウトプットしていくものとしてとらえられるでしょうね。そこにおいては、勉強というものが定義づけられるでしょう。それは数学は数学、国語は国語として教科としても分類されています。さらには、国語であっても現代文のほか古文や漢文といったものにも分かれてゆきます。それらは互いに結びつくことがなく別個に分かれたものともいえるでしょう。それを結びつけるもの、さらにはテストに出るばかりではないとわからせてくれるものが教養であるといえるでしょう。

  • 人間の体温の上限は?

    猛暑により熱中症があいついでいます。人間の体温というのは、どのくらいが限界となるのでしょうか。

  • 映画より楽しい旅とは?

    週末ちょっと時間があいた時には、何をするのでしょうか。人によってさまざまであるとはいえ、ちょっと映画を見に行こうといった気軽な娯楽を求める傾向にあるのは確かでしょう。旅行というとちょっと大変であり敷居が高いといったもののように思われるかもしれませんが、決してそういうことばかりではありません。

  • 幸せに痩せるには?

    健康ブームとあいまってダイエットはひとつのブームであるといえるでしょう。しかしながら、過度なダイエットというのは時として体を壊すこともあります。体までならまだしも、時として心の健康まで危うくなってしまうこともあります。それであるからして注意が必要であるとはいえるでしょう。しかしながら、やはり痩せたいといった欲望はあるにはあります。そうした思いにどう向き合ってゆけばいいのでしょうか。

  • 運動会なぜ9月?

    9月の名物学校行事といえば運動会ではないでしょうか。地域によってもことなりますが、9月1日に学校へ行き始業式を終えたと思ったならば、すぐに運動会の練習がはじまり、残暑の中でありながらも暑い思いをしたといった経験がある人も少なくないでしょう。もう少し過ごしやすい季節に運動会をやってくれないものかと思った人もいるのではないでしょうか。実際に地域によっては5月や6月に運動会をやるといったところもありますが、圧倒的に9月が多いのはなぜなのでしょうか。

  • これからの美術キーワードは?

    美術館のほか展覧会などをめぐるといったアート系の趣味がある人は少なくないでしょう。そこにおいては、アート系の趣味をきわめるためには知識や情報といったものが求められます。もちろん知識ゼロの鑑賞といったのもひとつのスタイルなのですが、その作品の背景などを知るにはひとつのキーワードを把握しておく必要があるといえるでしょう。

  • 新婚旅行専用列車があった?

    現在ならば新婚旅行の定番といえば海外ともなるのでしょうが、かつては国内で行われていました。特に人気だったのは九州の宮崎県です。南国気分が味わえる場所として人気だったのでしょう。

  • 杉並三駅なぜ土日祝は通過?

    杉並三駅と呼ばれるものが中央線にあります。高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、西荻窪の3つの駅ですね。これに荻窪駅を加えて、杉並区に4つの駅があることになりますが、このうち高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪の3駅は、土曜日曜祝日は中央線の快速列車が通過してしまいます。これはなぜでしょうか。

  • 自由に生きるモデルとは

    自由に生きている人というのがいます。それはひとつのロールモデルとして提示されるにはあるのですが、必ずしも誰しもがそのような生き方ができるわけではありません。そうしたレアケースであるがゆえに、その人が注目されるのでしょうといった見方はひとつあるといえるでしょう。しかしながら、ネット発で夢をかなえてしまう人もいるのです。それが現在のネットドリーム社会であるともいえるかもしれません。

  • 捨てる生き方とは?

    大事なものをなかなか捨てられないといった思いがある人はいるでしょう。しかしながら、それを捨ててこそ、新たなものに出会えるととなえるのがホリエモンこと堀江貴文による『捨て本』(徳間書店)です。これはいわゆる断捨離といったものにまつわる本ではありません。ホリエモン自身がどのように生きてきたのか、さらにそこでどのように捨てる生き方をしてきたかについて注目した本となっています。

  • 日本の盲点は文系?

    文系というのはよし悪し、特に悪しといったものが批判されます。そもそも文系、理系といった区分自体が不毛ではないかといったいわれもありますね。

  • うまくいく人の秘密とは?

    仕事やプライベートなどにおいて、なぜかうまく生活がまわっている人がいます。特段の努力や、あるいは高い適応能力などを持っているわけでは決してないようにも思えるのですが、なぜだか成功へとつなげている人たちにはどのような秘密があるのでしょうか。もちろん、そこに何かしらの秘訣があるのならば、是非とも見習いたいと思う人もいるでしょう。

  • 大好きなことで生きる

    好きなことをして生きる、とはひとつの目標ではあるでしょう。しかしながら、なかなかうまくいかないもんだなというのが実際のところなのではないでしょうか。そのあたりについては建前と理想が拮抗しているような部分もありますね。

1 / 135 1 2 3 4 5 最後 »