生活・人生

  • 転部転科はアリなのか?

    大学には転部、転科といった制度があります。これはほとんどの大学に設置されているといえるでしょう。今ある学部から違う学部や学科を受験するというものです。学力試験が課される場合もあるほか、面接だけというところもあります。大学を変える試験というと、ある大学から別の大学へと入る編入学試験が知られていますが、今の大学に満足しているならば転部転科といった制度を利用するのもありでしょう。

  • 卵の生食は日本だけ?

    日本というのは、独自の文化というものがあります。それが時としてエキゾチシズムの対象ともなりうるわけで、クールジャパンの表象として現れてくることもありますね。それは日本の良いところでもあると言えるでしょう。さらに、日本独自の食文化というものがあります。それが卵の生食文化です。

  • 夏休みなぜ40日?

    小中高校などの夏休みはおよそ40日間あります。これはもっとも長い地域によるもので、一方で寒い地方などは冬休みが長い代わりに夏休みが短いというところもあります。ところで気になるのは、この日数でしょう。なぜ40日もあるのかということですね。夏休みというのは、とても長いですよね。特に少年時代などは、この時間が永遠に続くのではないかといった感覚にとらわれる人もいたのではないでしょうか。あるいはきりよく、8月いっぱいを1ヶ月休みにするといったこともあってもよさそうですが、なぜそうしないのでしょうか。

  • 鉄道寝過ごしの日本記録とは?

    酔っ払って最終電車に乗り、気づいたらまったく知らない街にいた、終着の街にいたといった定番の失敗はなくなりつつあると言えるでしょう。鉄道の運行距離が短くなり、長距離運行の列車がななってきているからです。それでも、かつては乗り過ごしの日本記録と呼ばれる路線がありました。

  • 小学6年生までの語彙力を知る

    語彙力というのは、大きな要素だと言えるでしょう。ビジネスシーンなどで会話をしていて、ふと幼い言葉づかいが出てしまうのは考えものです。それだけで、この人はちょっと勉強が足りない人なのではないか、きちっとした生育環境にいなかったのではないかといったことが疑われてしまうからです。

  • 世界の果てで気づく言葉とは?

    旅というのは人にどのような効果をもたらすのでしょうか。それは、それまでにない価値観だと言えるでしょう。旅に出ていなければ気づかないことがそこにはたくさんあります。

  • 罪悪感をなくすには?

    自分を責めてしまう人がいます。裏を返せば、それだけ責任感が強いとも言えますが、場合によっては、あれもこれも抱え込んでしまい、最後は追い詰められてしまうといったこともあるでしょう。

  • 感情リセットの大切さ

    感情のコントロールというのは、誰もができるようでいて、なかなかうまくいかないというものがあるでしょう。普段怒りっぽい人、逆に怒りっぽくない人といった、それぞれの感情は時としてビジネスや人間関係に影響を及ぼすことが必至です。場合によっては損をすることがあるでしょう。それは大体において怒ってしまったことを後悔するといったところにも繋がりますよね。

  • なんとなく卒業しない大学生活とは?

    大学生の人や、かつて大学に通っていた人に共通する感覚として「なんとなく」というがあるのではないでしょうか。いまや大学進学率は50%を越えています。そこにあるものは、ただなんとなく大学に通い、なんとなく卒業し、なんとなく就職するといったものです。いわば社会に流されているような感覚があることは確かでしょう。

  • サークル本来の意味は?

    サークルと呼ばれる集まりがあります。大学などの同好会などを指すものや、あるいはネットで集まった人を指すこともあります。これは本来どういった意味があるのでしょうか?

  • 朝8時までの習慣に注目する

    早起きは三文の得といった言葉は昔から言われているものですね。それはあながち間違ったものではないと言えるでしょう。それでも、朝というのは何時に起きればいいのでしょうか。3時や4時ということになればストイックすぎるといったことにもなるでしょう。新聞配達か僧侶のようにもなってしまいがちです。それでは5時6時ではどうでしょうか。それくらいの時間に起きている人はいるにはいますが、そこにおいては、標準的すぎるがゆえの問題といったものもありそうです。

  • 日本の若者は海外でさまよう?

    人生を変えてみようと、海外留学に挑戦しようとする人は多いでしょう。ただ、それは考えてであって、実際に実行に移す人というのは少ないかもしれません。それでも実行できただけで偉いとも思われるかもしれませんが、加藤恵津子による『「自分探し」の移民たち:カナダ・バンクーバー、さまよう日本の若者』(彩流社)を読むと、また違った感慨を持つと言えるでしょう。

  • アイアントレインとは?

    アフリカのモーリタニアにはアイアントレインと呼ばれる列車が走っています。この列車は世界一長い列車として知られています。その距離は2キロとも3キロとも言われています。2キロといえば、ひとつの駅間距離くらいありますね。私鉄沿線ならば数駅をまたがってしまうでしょう。それだけの距離の線路の上に列車がうまっているというのですから驚きです。

  • 話がつまらない理由?

    話がつまらない人というのはよくいますね。反対に、話がとても面白い人がいます。この違いはなんなのでしょうか。

  • 科学的に元気になる方法とは?

    メンタルの調整というのは大事なものです。やはり気持ちの浮き沈みというのは避けては通れませんが、それが大事なプレゼンテーションとバッティングといったことになってしまえば、最大限の結果を出すパフォーマンスを行うことはできませんよね。やはり、そこにおいては、気持ちのコントロールひとつとっても自分でどのように管理をしていくのかということが重要でしょう。

  • 読書のルールを学ぶ

    本を読むのが苦手という人は少なくありません。そうした本を読むのが苦手ということを言う人にとって、つい抱きがちな悩みというのが、本を読んでいるものの、内容が頭に入ってこないというものがあるでしょう。そうなると、途中でどこまで何を読んでいたのかということもわからなくなってしまい、大変というものですね。

  • 読書を仕事につなげるには?

    読書はさまざまな体験を得られるものですが、暇な人が小説を読んでいるといった印象があるのも確かですね。確かに情報を得る手段というのは無数に広がっているわけですから、必ずしも読書とは限らないというのもあるかもしれません。

  • 自分を休ませる練習とは?

    世の中を生きるにあたって余裕がないという嘆きを抱える人は多いでしょう。それは時として、大きなストレスとなって自分に襲いかかってくることもありそうです。そこにおいて、必要なものは適度に自分を休ませていくということではないでしょうか。

  • 説明は速さで決まる

    ビジネスシーンにおいて必要とされるスキルはいくつかあります。そこにおいて、ひとつの重要なものとされているものは説明力ではないでしょうか。説明をする場面というのはどこにでも存在していますよね。外へ営業を行う場面はもちろんのことですし、あるいは社内においてもプレゼンテーションを行う機会はあるでしょう。

  • 話し方の損得とは?

    話し方というのは、普段何気ないものではありますが、どうしてもその人の癖やら本性といったものがふいにのぞかせるものではあるでしょう。そこにあるものは、本人が意識しないレベルのものであっても、はからずもその人を現しているといったこともありますね。

1 / 134 1 2 3 4 5 最後 »