生活・人生

  • 人間の体温の上限は?

    猛暑により熱中症があいついでいます。人間の体温というのは、どのくらいが限界となるのでしょうか。

  • 映画より楽しい旅とは?

    週末ちょっと時間があいた時には、何をするのでしょうか。人によってさまざまであるとはいえ、ちょっと映画を見に行こうといった気軽な娯楽を求める傾向にあるのは確かでしょう。旅行というとちょっと大変であり敷居が高いといったもののように思われるかもしれませんが、決してそういうことばかりではありません。

  • 幸せに痩せるには?

    健康ブームとあいまってダイエットはひとつのブームであるといえるでしょう。しかしながら、過度なダイエットというのは時として体を壊すこともあります。体までならまだしも、時として心の健康まで危うくなってしまうこともあります。それであるからして注意が必要であるとはいえるでしょう。しかしながら、やはり痩せたいといった欲望はあるにはあります。そうした思いにどう向き合ってゆけばいいのでしょうか。

  • 運動会なぜ9月?

    9月の名物学校行事といえば運動会ではないでしょうか。地域によってもことなりますが、9月1日に学校へ行き始業式を終えたと思ったならば、すぐに運動会の練習がはじまり、残暑の中でありながらも暑い思いをしたといった経験がある人も少なくないでしょう。もう少し過ごしやすい季節に運動会をやってくれないものかと思った人もいるのではないでしょうか。実際に地域によっては5月や6月に運動会をやるといったところもありますが、圧倒的に9月が多いのはなぜなのでしょうか。

  • これからの美術キーワードは?

    美術館のほか展覧会などをめぐるといったアート系の趣味がある人は少なくないでしょう。そこにおいては、アート系の趣味をきわめるためには知識や情報といったものが求められます。もちろん知識ゼロの鑑賞といったのもひとつのスタイルなのですが、その作品の背景などを知るにはひとつのキーワードを把握しておく必要があるといえるでしょう。

  • 新婚旅行専用列車があった?

    現在ならば新婚旅行の定番といえば海外ともなるのでしょうが、かつては国内で行われていました。特に人気だったのは九州の宮崎県です。南国気分が味わえる場所として人気だったのでしょう。

  • 杉並三駅なぜ土日祝は通過?

    杉並三駅と呼ばれるものが中央線にあります。高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、西荻窪の3つの駅ですね。これに荻窪駅を加えて、杉並区に4つの駅があることになりますが、このうち高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪の3駅は、土曜日曜祝日は中央線の快速列車が通過してしまいます。これはなぜでしょうか。

  • 自由に生きるモデルとは

    自由に生きている人というのがいます。それはひとつのロールモデルとして提示されるにはあるのですが、必ずしも誰しもがそのような生き方ができるわけではありません。そうしたレアケースであるがゆえに、その人が注目されるのでしょうといった見方はひとつあるといえるでしょう。しかしながら、ネット発で夢をかなえてしまう人もいるのです。それが現在のネットドリーム社会であるともいえるかもしれません。

  • 捨てる生き方とは?

    大事なものをなかなか捨てられないといった思いがある人はいるでしょう。しかしながら、それを捨ててこそ、新たなものに出会えるととなえるのがホリエモンこと堀江貴文による『捨て本』(徳間書店)です。これはいわゆる断捨離といったものにまつわる本ではありません。ホリエモン自身がどのように生きてきたのか、さらにそこでどのように捨てる生き方をしてきたかについて注目した本となっています。

  • 日本の盲点は文系?

    文系というのはよし悪し、特に悪しといったものが批判されます。そもそも文系、理系といった区分自体が不毛ではないかといったいわれもありますね。

  • うまくいく人の秘密とは?

    仕事やプライベートなどにおいて、なぜかうまく生活がまわっている人がいます。特段の努力や、あるいは高い適応能力などを持っているわけでは決してないようにも思えるのですが、なぜだか成功へとつなげている人たちにはどのような秘密があるのでしょうか。もちろん、そこに何かしらの秘訣があるのならば、是非とも見習いたいと思う人もいるでしょう。

  • 大好きなことで生きる

    好きなことをして生きる、とはひとつの目標ではあるでしょう。しかしながら、なかなかうまくいかないもんだなというのが実際のところなのではないでしょうか。そのあたりについては建前と理想が拮抗しているような部分もありますね。

  • ラクに生きるヒントとは?

    この世の中は生きづらさであふれています。特に、影響をこうむりやすいのは、繊細な人であるといえるでしょう。ほかの人ならば問題のないことであっても、つい気になってしまうといった人もいると思います。

  • 大学四年間でやっておくべきこととは?

    大学というのは四年間ありますが、これは長いようで短い期間であるといえるでしょう。そこにおいては何となく卒業してしまう人も少なくありません。しかしながら、それは非常にもったいないことでもあるでしょう。

  • ビジネスにおける読書力とは?

    ビジネスシーンにおいては、さまざまなスキルが求められるものとされています。そこにおいては読書力といったものもあげられるでしょう。読書という行為などいつでもできると思ってはいないでしょうか。しかしながら、そうした当たり前にあるものを疑ってかかる姿勢こそ大事なものだともいえますね。

  • 「みくだりはん」とはなにか?

    芸能人などの離婚が報じられる時に「みくだりはんをつきつける」といった表現がなされます。これは漢字では「三行半」と書きます。これはいったいどういった意味があるのでしょうか。

  • 京都なぜ「お茶漬けで帰れ」?

    京都のいわれとして、飲食店、特にお酒を出すような店で「お茶漬けでも」と言われたら、それは「そろそろ帰ってほしい」といった意味合いだというものがあります。京都ではお茶漬けは「ぶぶ漬け」と呼ばれています。これは漬物をご飯の上に乗せてお茶をかけたものをさらさらといただくといったものですね。果たして本当にそうなのでしょうか。

  • ぢるぢる旅行記とは何か?

    旅行に関する記録をまとめた旅行記というのは多く存在します。沢木耕太郎の『深夜特急』(新潮社)シリーズなどはよく知られているでしょう。こうした旅行記の魅力とは、いつの時代であっても読み継がれるという点がありますね。毎年、最新版が更新されて編集されて発売されるガイドブックと違い、旅行記は10年前であっても、あるいは100年前であっても同じ空気を感じ取ることができるのです。

  • イヤな記憶はなぜ消えない?

    誰もが記憶の片隅に追いやってしまい、もうすでになきものとしたいと切に願うようなイヤな記憶は誰しもが持っているものです。そのイヤな記憶というのは、ただちに消してしまいたいと思ってはいても、意識すればするほど頭の中にぐるぐると思考がめぐっていってしまうというのは皮肉です。とはいえ、それこそ人間らしいと、ひとつの開き直りを示そうにも、なかなかそうはいきません。それがイヤな記憶の本質であり、思わず苦笑するといった体験をすることも多いのではないでしょうか。

  • 本棚の補強にはL型金具がおすすめ

    本好きにとって、課題と言えるのが本棚の確保でしょう。さらに本棚にめいっぱい本を詰め込んでしまうと、中板がしなったり、ダボというはみ出した金具で固定するスタイルの場合には、それが外れてしまうことがよくあります。これは低い値段で購入した本棚となると、余計にそういったことが起きてしまうようです。

2 / 136 « 最初 1 2 3 4 5 6 最後 »