謙譲語Ⅱ(丁重語)の基本と使い方の主なパターン

このエントリーをはてなブックマークに追加
謙譲語Ⅱ

謙譲語は基本的に自分をへりくだることによって相手に敬意を表します。この謙譲語、敬語の指針により謙譲語1と謙譲語2に分かれました。謙譲語Ⅱは、自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるものです(謙譲語Ⅰは、自分側から相手側・第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べます)。それでは、謙譲語Ⅱの基本と使い方の主なパターンを紹介します。


謙譲語Ⅱの具体例

参る、申す、いたす、おる
拙著、小社

謙譲語Ⅱで低調さを伝える

「明日から海外へ参ります」と言う場合、「明日から海外へ行きます」と同じ内容ですが、「行く」の代わりに「参る」を使うことで、自分の行為を、話や文章の相手に対して改まった言い方になり、丁重さをもたらします。「参る」のように、相手に対して働く敬語が「謙譲語Ⅱ(丁重語)」です。

*「参る」は、「行く」のほかに「来る」の謙譲語Ⅱとしても使われます。

名詞の謙譲語Ⅱ

「拙著」「小社」など、名詞でも、自分に関することを控え目に表す名詞があります。これを、名詞の謙譲語Ⅱと呼びます。主に手紙や文章などの書き言葉で使います。

自分側の行為以外にも謙譲語Ⅱを使う場合

謙譲語Ⅱのうち、行為を表すもの(動詞)は、次のように使うのが典型的な使い方です。

1. 「私は明日から海外に参ります」のように、「自分」について使う。
2. 「息子は明日から海外に参ります」のように、「自分の側の人物」について使う。

このように、謙譲語Ⅱは、基本的には、「自分側」の行為に使います。ただし、謙譲語Ⅱは、このほか、次のように使う場合もあります。

3-1. 「向こうから子供たちが大勢参りました。」
3-2. 「バスが参りました。」
3-3. 「夜も更けて参りました。」

のように、「第三者」や「事物」についても使います。3. の各パターンでは、「自分側」の行為ではない点は、1. 2. と異なりますが、「話や文章の相手に対して丁重に述べる」という働きを果たしている点は、1. 2. と同じです。

3-1. の例の「子供たち」は、この文脈では「立てなくても失礼に当たらない人物」ととらえられています。このように、立てなくても失礼に当たらない第三者や事物についても、謙譲語Ⅱを使うことができます。

なお、謙譲語Ⅱは、基本的には「自分側」の行為に使うものなので、「相手側」の行為や「立てるべき人物」の行為について、「(あなたは)どちらから参りましたか」「先生は来週海外へ参ります」などと使うのは、不適切です。

謙譲語Ⅱの主なパターン

謙譲語Ⅱの使い方は謙譲語Ⅰに比べて簡単です。いくつかの動詞と名詞の謙譲語Ⅰを覚えれば使いこなすことができます。

1. 動詞の謙譲語Ⅱ

「参る」などいくつかの変換型、一般形の「…いたす」があるだけです。

1-1. 変換型の主な具体例

行く→参る
来る→参る
言う→申す
する→いたす
いる→おる
知る→存じる
思う→存じる

*「知る」意味の「存じる」は、「存じています(おります)」の形で、「知っている」の謙譲語Ⅱとして使います。否定の場合は、「存じていません(おりません)」とともに、「存じません」も使われます。

*可能の意味を添える場合には、例えば「参れる」のように、まず、「参る」の形にした上で、可能の形にする(例えば、「申し訳ありません。明日は参れません。」など)。

1-2. 一般形

する→いたす

「〜いたす」は「〜する」の形をした動詞(サ変動詞)のみに適用可能です。「利用する→利用いたす」のように使います。

1-3. 「謙譲語Ⅰ」としても使われる「謙譲語Ⅱ」の一般形

「謙譲語Ⅰ」かつ「謙譲語Ⅱ」の一般的な語形として「お(ご)〜いたす」がああります。

2. 名詞の謙譲語Ⅱ

「愚見」「小社」「拙著」「弊社」のように、「愚」「小」「拙」「弊」を付けて、謙譲語Ⅱとして使います。手紙などの書き言葉で使われます。

次の記事「謙譲語Ⅰと謙譲語Ⅱとの違い」
前の記事「尊敬語・謙譲語Ⅰを使う場合の3つの注意点」

    
コメント