社会保険

  • 「移送費」は緊急的に移送する必要があった場合に受け取れます!

    病気やケガなどで、移動が困難な患者が医師の指示によって、もしくは緊急的に移送する必要があった場合には、移動にかかった費用を健康保険から「移送費」として受け取ることができます。 移送費の支給条件 1. 移送の目的である療養が、保険診察として適切で

  • 自宅療養で訪問看護自宅を受けるときに負担を下げる「訪問看護療養費」

    自宅で療養をうけることになったとき心配になるのが訪問看護の医療費です。自宅で療養する時に役立つのが「訪問看護療養費」です。 訪問看護療養費とは 在宅で継続して療養を受ける必要がある人が、かかりつけの医師の指示に基づき、指定訪問看護事業者(訪問看

  • 保険診療と保険外診療が併用できる「保険外併用療養費」

    健康保険では、保険が適用されない保険外診療があると保険が適用される診療も含めて、医療費の全額が自己負担となります(混合診療禁止の原則)。ただし、保険外併用療養費制度を利用すれば、通常の治療部分には保険が適用されるようになります。 保険外併用療養費

  • 65歳以上の長期療養のための「入院時生活療養費」

    65歳以上の人が療養病床(長期にわたり療養が必要な患者のための病床。通常の入院は一般病床)に入院する場合、療養の給付とあわせて、食事の提供である療養と温度、照明及び給水に関する適切な療養環境の形成である療養にかかる費用として、入院時生活療養費が支給されます。

  • 入院したら1食260円!? 入院時食事療養費

    病気やケガなどで入院した場合、療養の給付と一緒に食事の給付を受けることができます。このことを入院時食事療養費といい、入院時の食事料金も自己負担額を支払うだけでよくなります。 入院時食事療養費の負担額 入院すると朝、昼、晩とごはんが出てきます

  • 扶養家族も健康保険が受けられる「家族療養費」

    健康保険の被扶養者が病気やケガをした場合、家族療養費が支給されます。被保険者と同じ保険内容を受けることができます。このことを家族療養費と言います。 家族療養費とは 家族療養費は被保険者が受ける療養の給付、療養費、入院時生活療養費、入院時食事療養

  • 保険証がまだ届かないときに役立つ! 医療費の一部が戻ってくる「療養費」

    健康保険は、窓口で保険証を提示して保険を受ける(療養の給付)ことが基本です。しかし、就職したばかりでまだ保険証が届いていなかったり、急な病気になった時に近くに保険医療機関がない場合などやむを得ない事情の場合は、保険が受けれず医療費を窓口で全額負担することになり

  • 健康保険に医療費を負担してもらえる「療養の給付」

    普段保険を利用して病院が使うことができます。このことを療養の給付といいます。健康保険の被保険者が業務以外の事由により病気やけがをしたときは、健康保険で治療を受けることができます。普段安心して病院で治療を受けることが出来るのは、療養の給付があるからです。

  • 保険料の負担なしに健康保険に加入できる! 被扶養者になる条件

    健康保険の被保険者の家族も健康保険に加入することができます。一定の条件を満たせば、健康保険料の負担をすることなく健康保険の被扶養者になれます。 被扶養者のメリット 被扶養者になると、健康保険料を負担することなく健康保険を受けることができます。国

  • 130万円以上稼ぐと夫の社会保険の扶養から外れます! 主婦が知りたい130万円と150万円の壁

    夫の社会保険の扶養となっている妻のパート収入が、年収が130万円以上になると保険料負担が一気に高くなります。なぜ、130万円を超えると社会保険料で損をしてしまうのでしょうか? 130万円の壁 パート収入が年収131万円と年収128万円では、手取

  • 4月、5月、6月に残業をしてはいけない理由。社会保険料の不思議

    毎月給料から社会保険料(健康保険と厚生年金)が天引きされています。正直高いですよね。じゃあ残業して稼ぐしかないと考えてしまいます。実は4月、5月、6月に残業をすると社会保険料が高くなってしまうんです。 定時決定を理解しよう! 社会保険料は、毎月

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の違い

    一家の大黒柱がなくなった時に役立つ遺族年金。でも、いまいち遺族基礎年金と遺族厚生年金の違いがわかりませんよね。遺族基礎年金と遺族厚生年金の違いを簡単に紹介します。 年金の加入先が違う! 遺族基礎年金は、国民年金、遺族厚生年金は、厚生年金です。自

  • 年金の加入期間が足りないことに60歳を過ぎて気づいても安心! 任意加入制度と高齢任意加入制度

    老齢基礎年金は最低でも25年加入して保険料を納付するか免除等の手続をしないと年金を1円も受け取れることができません。ただし、加入期間25年にならない場合でも、諦めたらそこで試合は終了です(安西先生…)。 実は、60歳以降でも国民年金に加入できる制度があり

  • 離婚分割制度「合意分割」と「3号分割」の手続きと請求期限の注意

    離婚分割で気をつけるのは手続きを行うまでの請求期限です。離婚してから2年以内に手続きを行わないと離婚分割制度が利用できなくなります。それでは、離婚分割制度「合意分割」と「3号分割」の手続きを説明します。 合意分割の手続き 合意分割を行う場合、当

  • 65歳が一番お得!? 離婚時の厚生年金の分割制度「合意分割」と「3号分割」

    離婚時の厚生年金の分割制度は、離婚すると女性の年金が少額になるケースが多く、妻側が不利な状況が続いてきました。そこで、もしもの離婚の際に、女性の力となる厚生年金の分割制度「合意分割」と「3号分割」があります! 3号分割 平成20年5月1日以後に

  • 老齢年金をもらうには手続きが必要です!

    年金を受け取れる年齢になっても請求手続きをしなければ、年金を受け取ることはできません。年金の請求手続きのことを裁定請求といいます。それでは、年金を受け取るために必要な手続きを紹介します。 年金請求時に提出するもの 請求手続きに必要な裁定請求書は

  • 雇用保険と老齢厚生年金の併用はできるの?

    特別支給の老齢厚生年金と雇用保険の失業手当は同時には受けることができません。また、特別支給の老齢厚生年金を受けている場合、雇用保険の高年齢雇用継続給付を受るときは、在職による年金の支給停止に加えて年金の一部が支給停止されます。 雇用保険の高年齢雇

  • 厚生年金独自の「加給年金」と「振替加算」

    厚生年金だけの制度であり、年金のわかりにくさの原因となっている加給年金と振替加算を紹介します。基本的には、厚生年金でもらえる金額を計算するときに利用します。 加給年金 加給年金は、厚生年金の受給者に配偶者(事実婚でもOK)や18歳未満の子供がい

  • 65歳後半、70歳以降の在職老齢年金の計算方法

    在職老齢年金は、65歳後半、70歳以降で計算方法が変わります。 65歳以降の在職老齢年金の計算方法 基本月額の考え方が60歳前半の定義と異なります。 基本月額 加給年金額を除いた老齢厚生年金(報酬比例部分)の月額 総報酬月額相当額

  • 60歳を過ぎて働いたら年金はどうなる? 60歳前半の在職老齢年金の計算方法

    厚生年金の受給開始年齢が65歳となったため、60歳以降も働く人が増えています。でも、働いた場合の年金はどう扱われるのでしょうか? 60歳前半の在職老齢年金の基本的な考え方や計算方法を紹介します。 在職老齢年金とは 70歳未満の人が会社に就職し厚

2 / 5 « 最初 1 2 3 4 5 最後 »