IT・Web

FacebookやTwitterなどのSNS、今話題のWebサービス、セキュリティ対策、電子書籍など、ITやWebに関する情報を紹介しています。

  • パソコン通信の草創期にあった草の根BBSとは?

    現在はあらゆるパソコンやネットワークで接続されていますが、その前はパソコン通信が主流でした。さらに、その前は個人が運営する草の根BBSが存在しました。 電電公社の壁 当時は、電話回線に電話機以外のものを接続することが法律で禁止されていました。そ

  • グーグルブックスの野望

    グーグルは日常生活のあらゆる場面に浸透しています。現在、グーグルが推し進めているのがグーグルブックスプロジェクトです。これは世界中の本をスキャンして全文検索できるようにするという壮大な計画です。 1億3000万冊 グーグルブックスが対象とする本

  • 個人情報の流出を見抜くための、個人情報提供のコツ

    通信教育大手のベネッセコーポレーションのサービスを利用している個人情報が流出する事件が起こりました。発覚したきっかけは他社からのダイレクトメールが届くようになってから。しかし、なぜ利用者は気付いたのでしょうか。個人情報を記入するときのコツがあるのです。

  • 相次ぐアルバイターのTwitter炎上記! ソーシャル時代に個人はどう向き合っていくのか

    Twitter上で企業の従業員が不適切な写真を掲載し、炎上、呼応して謝罪する事案が続出しています。ちょっとした悪戯心のためにネット上に掲載した写真一つが、若者の人生を破綻させてしまいます。企業からしても、一従業員の不祥事のために店舗の閉鎖に追い込まれることさえ

  • 仏教者が考えるインターネットとの付き合い方。自分の心が疲れるか疲れないかを判断基準にしよう。

    インターネットは、単に自分の心が疲れるか疲れないかを判断基準にしながら、距離をおいてつき合うのが一番です。仏教者が考えるインターネットとの付き合い方を紹介します。 ■匿名掲示板は無慚の心を増幅させる SNSには、常に現実社会での「自分」と地続き

  • デモとソーシャルメディア

    ソーシャルメディアを中心とするウェブはどのくらい世論への影響力があるのでしょうか。2012年6月と7月に官邸前で行われていた反原発や原発の再稼働反対を求めるデモには数万人が参加しましたが、ソーシャルメディアの影響力が大きかったのです。 参加者は官

  • 地元族とは何!? 週刊東洋経済のkindle雑誌の特集が面白い件

    地元族、ヤンキー志向というキーワードご存知ですか? きちんとしたキーワード選定、雑誌ならではの編集力と取材力。雑誌を全部買うのは正直どうだろうと思うこともあります。でも、あの特集だけは読みたい! といったことが多いですよね。そんな時代のニーズに雑誌も変化対応し

  • 漫画出版社を飛び出した、漫画家の話。出版社を離れ電子出版をした理由とは!?

    今回の記事は、漫画出版社を飛び出した、漫画家「ごとう隼平」さんより寄稿いただいた記事です。 漫画家のごとう隼平と申します。私は2年程前に少年サンデー系の月刊漫画雑誌で『銀塩少年』という連載をしてました。私は2003年くらいに初めて出版社に漫画を持ち込んで

  • インターネット界の覇者Googleの歴史

    無料で数々のサービスを提供し、web上のプラットフォームとして多くの人間のネット生活を支えているGoogle。RSSリーダー「Google Reader(Googleリーダー)」の提供を中止することで、インターネット界隈の人間を騒がせるなど、今や常に話題の中心

  • kindleで技術書を買うのはまだでしょ!

    kindleのハイライト機能、メモ機能が本当に便利でもう紙の本は読まない! と思っているIT系の人は増えていると思います。kindleで技術書やデザイン書を読めたらなと思う人は多いですし、ちらほら点数も出てきています。でもkindleで技術書を買う前に注意する

  • そのゴミ、ほんとにゴミですか? ハッキングは身近で意外なところから

    ハッキング、と聞くととても高度なコンピューター知識を必要とするもの、というイメージがあります。インターネットを使って個人のパソコンに入り込んだり、重要情報を盗んだり……。しかし、実のところ、ハッキングはとても泥くさい方法でも行われています。ソーシャルエンジニア

  • 自分の情報は自分で守る! ハッカーへの対抗策

    現代人の生活は、インターネットから切り離せないものとなっています。会社でもプライベートでもメールを駆使し、なにか調べものがあったら、インターネットで検索をかける。インターネットを使用しない日はない、と言う人も少なくないはず。そんな中怖いのが、ウィルスや、ハッキ

  • あなたにも襲っている「ネット依存症」の恐怖

    電車に乗ると、ほとんどの人が携帯やスマホの画面を見ているような状態。確かに、即座にコミュニケーションを取るには非常に便利ですが、仕事の効率や生活、リアルの人間関係にも影響してしまう「ネット依存症」の危険性が問題となっています。 ■「ネット依存症」

  • 500RT!? twitter上で話題になった5つのトリビア

    人間が一生の内に知ることができる知識はほんの一部。日常に役立つ知識も、「何の役に立つの?!」といった知識もバランスよく取り入れたいですよね。今回はtwitterでつぶやかれていたトリビアを5つ紹介します。 twitter上で話題になった5つのトリ

  • ニコニコ動画は21世紀のカラオケ!? 「粉雪」から始まったニコニコ弾幕「こなああああああゆきいいいい

    「粉雪」という曲を知っていますか? レミオロメンが歌う、2005年から2006年にかけてヒットした名曲です。ニコニコ動画上で初めて「弾幕現象」が起きたのは、「粉雪」からだったと言われています。「粉雪」の「弾幕現象」は、カラオケに似た構造があります。ニコニコ動画

  • PC遠隔操作ウイルスを送ったソフトウェア「Tor」とは何か

    PC遠隔操作ウイルスを使って、犯行予告をばらまいた事件では、真犯人は弁護士やマスコミに犯行声明や、自殺をほのめかすようなメールを送っていました。この時、犯人は「Tor(トーア)」と呼ばれる、匿名化ソフトウェアを使っていたのではないかと言われています。今回の事件

  • 『LINE』よりも安定してつながるアプリ『Balloon』

    最近『LINE』の同期が遅くなったり、メッセージが遅れて届いてきてしまうなんてことはありませんか?でも、これって実際やむを得ないことで、『LINE』は今やユーザー数は7000万人以上。日本国内では4人に1人以上は『LINE』を使っているという程、流行しているの

  • 遂にリリース!『LINE』キラーアプリの『Balloon』がスゴイワケ

    無料通話アプリ「LINE」がユーザー数6000万人を突破し非常に人気ですが、『LINE』を越えたと言われるスマートフォン向けアプリ「Balloon」が10月30日にリリースされました。今回は、『Balloon』が『LINE』を越えたとされている理由をご紹介しま

  • ついに競争勃発!電子書籍時代のタブレット選び

    2012年は怒涛のタブレットイヤーとなりました。グーグルが「Nexus 7」、アップルがiPad mini、そして同日にアマゾンがキンドルを日本で予約販売を開始し、タブレット競争が本格化し、いよいよ電子書籍時代の本当の幕開けが来たともいえそうです。タブレット端

  • 音声付きスタンプが面白い!日本発スマホアプリ『Balloon』とは

    今、若者たちを中心に流行しているのが、『LINE』に代表されるようなグループメッセンジャーアプリ。友人とのチャットを楽しもうと、電車やお店など至るところで、スマートフォンを利用していますね。そんなチャットを楽しみたい方にオススメなのが、2012年10月30日に

3 / 5 « 先頭 1 2 3 4 5 最後 »