メルマガで印税生活は可能?

現在、インターネットを利用したさまざまなマネタイズプランが存在します。かねてよりあるものとしては、個人によるメールマガジンの発行などでしょう。多くのライターが個人メルマガを発行し、読者を獲得しています。ただ、そのほとんどは、それだけで生活が成り立つほどの稼ぎとはなっていないのが実情です。そんな中で、密かな人気を集めているのがクーロン黒沢による「シックスサマナ」です。


固定ファンが多い?

クーロン黒沢は、もともと、コンピューターやゲームなどの裏ネタ情報を取り扱うライターとして登場しました。その後、タイのバンコクを経て、カンボジアのプノンペンに移住し、現地にたむろする日本人の生態などを描き人気を博しました。そんな彼が定期的に発行しているメールマガジンが「シックスサマナ」です。

特集と連載

「シックスサマナ」の特徴は、特集主義にあるでしょう。第1号の特集は「海外移住」、第2号は「電子書籍で海外豪遊生活」といったものです。日本を離れて海外でいかにして生きてゆくか、その点に重点が置かれているといえるでしょう。さらに、台湾や韓国といった身近なアジアの面白さを追求する特集もあります。ガイドブックに載らないディープなスポットを追い求めたい人にとっては、最適な電子書籍であるといえるでしょう。連載陣も、クーロン黒沢が海外で知り合った日本人を中心にそれぞれの書き手の個性が発揮されています。

マネタイズはできている?

気になるのはこのプロジェクトがマネタイズができているのかという点でしょう。日本で暮らして行けるだけの稼ぎはないものの、カンボジアの物価と比すれば、そこそこの稼ぎとなっているようです。海外から日本語の情報発信を行うというのもひとつの方法論ではあるでしょう。

    
コメント