ネット中傷炎上マニュアルとは?

ネットにおける中傷や炎上といったものは、誰しもが無縁のものであるとは言えないでしょう。やはりこれだけのネットが生活のあらゆる場面に浸透している状況にあっては、いつどこで、とばっちりに巻き込まれるかもわかりません。

初動でどういう動きをするのか

こうしたネット中傷に関して重要なのは、初動の対策としてどのような動きをするのかということではないでしょうか。そこにおいて適切な行動が取れたかどうかで、その後に与える影響も大きく違ってくるとも言えるでしょう。清水陽平による『サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル 第2版』(弘文堂)は、こうしたネットトラブル対策における決定版というべき一冊です。

何をすればいいのか

本書ではいざネット上のトラブルに巻き込まれたときに、まずどのような対策をすればいいのかが順を追って説明されています。削除依頼と開示請求といったものは、何も専門家の手を借りなくとも自らできるものです。さらに、いざ炎上が起きたときにはどのような対策をすればいいのか。あるいは、そもそもネット炎上を予防するにはどうすればいいのかといった、あらゆる観点からの対策法というべきものが記されています。

入力法も

さらに本書ではそれぞれのサイトがどのような対策を取っているのかといったことについても記されています。こうしたサイトにおけるネット炎上のパターンというのは、ある種の定型化でもって成り立っているものもあるでしょう。有名サイトは多くの人が見るからこそ、誤解を招く可能性もあります。そのような場でまずどうふるまうのが賢明であるかについて本書では記されています。

日常を取り戻すのか

ネットは日常生活の全般において深く関わっているがゆえに、どのように日常生活を取り戻すのかがひとつのポイントでしょう。今の時代に必要な一冊だと言えます。