リンクを踏んだら即・感染!恐ろしい今時のコンピューターウイルス

知らないうちに自分のパソコンがウイルスに感染し、遠隔操作させて掲示板に犯罪予告を書いていた……という、何とも恐ろしい事件がありました。しかも、今回の被害にあった人たちは全員、一度は犯人の濡れ衣を着せられてしまっているのです。決して人ごとではありません。あらためて、パソコンを守る方法を見直しておきましょう。


■PC・スマホにウイルス対策ソフトを入れるのは当たり前!

パソコンはもちろん、アンドロイドのスマホを使っているという人はウイルス対策のアプリを入れておきましょう。「ノートンモバイルセキュリティー」や「ウイルスバスターfor Andoroid」といった製品もありますし、Google Playを見ると無償のセキュリティアプリが登録されています。予期せずにウイルスに感染してしまうと、スマホ内のアドレス帳データを抜き取られるという可能性もあります。そんなことがあれば、アドレス帳に登録されている家族や友人にも迷惑をかけることも。スマホは個人情報の塊だということを忘れずに。

■怪しげなリンクは踏まないことを心がける

パソコンやスマホでWebサイトや2ちゃんねるなどを見ているときに、リンク先がどうなっているのかわかりにくいURLが不自然に張られていることがありますよね。好奇心から、ついクリックしたくなりますが、こういったリンクは絶対に触らないことを心がけましょう。また、リンク先のサイト名が書かれていたとしても、実はグロ画像だったということもよくあるパターン。ウイルスに感染しなくても、精神的なダメージは受けます。

■これだけのことをやっていれば、たいてい困ることはない

不審なURLをクリックしただけでウイルスに感染するという可能性なんて、誰も思わなかったはず。しかし、ウイルス対策ソフトが知り得てないウイルスが出回ってしまった時が一番、被害も甚大になるのです。以前は感染によってパソコンの調子が悪くなるといった程度のウイルスが多かったのですが、今はウイルスの挙動内容がどんどんひどく、犯罪性の高いものになってしまっています。これからは不審なURLやアプリを見つけても、安易にダウンロードしないよう、より注意深くなることが必要になってきています。

ウイルス対策は被害にあってからでないと、なかなか意識しにくいもの。安心して使うためには、最低限の対策をきちんとやっておくことが大切なのです。

「1週間で分かる 情報セキュリティスペシャリスト 集中ゼミ 【午前編】 2011→2012年版―面白くてメキメキ合格力がつく!」(岡嶋 裕史)の詳細を調べる

    
コメント