自分の情報は自分で守る! ハッカーへの対抗策

現代人の生活は、インターネットから切り離せないものとなっています。会社でもプライベートでもメールを駆使し、なにか調べものがあったら、インターネットで検索をかける。インターネットを使用しない日はない、と言う人も少なくないはず。そんな中怖いのが、ウィルスや、ハッキングで情報が漏れること。みなさん安全への対策は万全でしょうか。今回はハッカーの手口への対抗策をまとめてみました。


■パスワード攻撃への対抗策

パスワードがあるから安全、ではありません。パスワードは破られることが前提。時間稼ぎでしかありません。パスワードを見破られないようにするには、長くて複雑で推測しにくいパスワードにするのはもちろんのこと、頻繁にパスワードを変更するのも効果的です。また、パスワード入力を間違えたら、そのIDをロックするのもいいでしょう。

■フィッシングへの対抗策

HPを本物そっくりに偽装して、来訪者をいつも使っている本物のサイトと勘違いさせ、パスワードや個人情報を入手する方法がフィッシング。これへの対抗策はメールのリンクは使用しないこと、ブラウザやセキュリティソフトのフィッシング判別機能を使うことなどがあげられます。

■ロギングへの対抗策

押したキーをすべて記憶しておくソフトを作るやり方で、情報を盗んでいくのがロギング。押したものをすべて覚えているということは、パスワードだけでなく、銀行の口座番号、暗証番号、住所や電話番号、秘密の日記や、あまり人に知られたくない検索ワードなど、なにからなにまでだだ漏れです。

対抗策としては、共有パソコンで重要情報を扱わないことはもちろんのこと、ディスプレイ上にキーボードを表示して、マウスでクリックしていく方法の、ソフトウェアキーボードを利用する方法もあります。実際、オンラインバンクなどで暗証番号入力の時に、ソフトウェアキーボードでの入力を求めるところもあります。

最近ではGmailに対するハッキングが流行しているようです。日本人は平和ボケしているとはよく聞きますが、それはサイバー面でも同様です。自分のパソコンは常に攻撃を受けているかもしれない、という危機意識を持つようにしましょう。

「ハッカーの手口 ソーシャルからサイバー攻撃まで(岡嶋 裕史)」の詳細を調べる

    
コメント