新生活前にスマートフォンに買い換える人に知ってほしいセキュリティ対策

すっかり春めいてきて、もうすぐ新生活が始まります。新生活となれば、ものを買い換える良いタイミング。今まで”ガラケー”を使っていた方も、そろそろ便利なスマートフォンに買い換え、なんて方も多いんじゃないでしょうか。携帯電話各社でも、新生活に向けた料金プランを提示していたりします。けれど、スマートフォンには実は大きな危険があります。

「もしもあの写真がネットにバラまかれたら あなたの知らないスマートフォン、ソーシャルネットワークの落とし穴」

では、そんなスマートフォンに潜む危険を紹介しています。


■従来の携帯電話とスマートフォンの違い

そもそも従来の携帯電話とスマートフォンは何が違うのでしょうか。まず、携帯電話は固定電話をケーブルレスにしたものを起源とします。そこからニーズに合わせて機能を搭載した情報インフラであるため、アプリに対して厳しい制約があります。例えば個人情報が特定できるGPS機能を使ったアプリは特定の契約をしないと開発、提供が出来ないといった具合です。一方、スマートフォンは起源をパソコンとしています。パソコンを小型化して無線通信機能をつけたものであるため、電話機能もアプリの1つに過ぎません。むしろ、通話よりもデータ通信を主軸にしています。ということでアプリも開発、提供が容易に出来るのです。

■新たな危険、マルウェア

こうしてスマートフォンではアプリの提供が容易になったことで、マルウェアが開発配布しやすくなったのです。マルウェアとは、もともと「不正を働くプログラム」の総称でしたが、最近ではいわゆるコンピューター・ウィルスのことを指しています。気づかない間に感染しているマルウェアが多く、知らないうちに個人情報が抜かれていることもあります。iPhoneでは、事前審査制でアプリが厳しく管理されているAppstoreからしか、アプリが配信されないので感染する危険は低いですが、Androidは非正規マーケットでもアプリがインストール可能なので、感染の危険があります。また正規のマーケットでも、厳密な審査がないため、マルチウェアに感染することがあるのです。

■最悪のケース

スマートフォンがマルウェアに感染するとパソコンがウイルスに感染するよりもはるかに危険性が高まります。例えば、スマートフォンは24時間のネット接続が可能なので、いつでも不正操作されてしまう危険があります。また、個人情報に至っても、本人の電話番号アドレス、友人の番号アドレス、通話やメールの履歴など全てが含まれています。GPS機能の不正利用で、家が特定されれば留守中を狙って空き巣が入る危険性も高まります。さらに怖いことに、盗聴ウィルスも存在するため、通話が録音されることもあったり、カメラ機能を利用して、周囲の写真や映像までもダダ漏れされる危険もあります。

「もしもあの写真がネットにバラまかれたら あなたの知らないスマートフォン、ソーシャルネットワークの落とし穴(佐野正弘)」

では、他にも存在するスマホの脅威やその対処法が紹介されています。便利なスマートフォンを危険を回避して使うためにスマホユーザーは一読しておくことをオススメします。

「もしもあの写真がネットにバラまかれたら あなたの知らないスマートフォン、ソーシャルネットワークの落とし穴(佐野正弘)」の詳細を調べる

    
コメント