スマホの世界を拡げる

スマートフォンとは電話機の一種のように見えます。しかしこの認識は正確ではありません。スマートフォンは電話機能付きのパソコンであると言えるでしょう。そのため、スマートフォンを通話のみに使うのはもったいないです。それでは、カメラ機能を使った動画や音声の記憶機としてはどうでしょうか。確かにそれも魅力的な機能ですが、パソコンだと考えるならば、2つ3つの機能しか使わないのは宝の持ち腐れです。


入門する

そんなスマートフォンを使いこなすための入門本として最適なものが『NHK趣味どきっ! スマートフォン入門 スマホでやりたい100のこと』(宝島社)です。本書ではスマートフォンの使い方などのそもそも論から解説されていますので、いまさらこんなことは聞けないけれど、どうすればいいのかわからないと悩んでいる人にもおすすめの本ですね。

アプリの区別も

さらにはアプリの有料、無料といったものの違いからスマホ内課金などについても解説していますので、思わぬ料金請求で驚いてしまったといった、スマートフォンにありがちなあるあるトラブルの防止にも役立ちます。さらにはムック本形式の編集が取られていますので、興味のある部分をどこからでも広げて読むだけで役に立ちます。このように充実した機能が揃っているので、そのあたりについては役立つ本であると言えるのではないでしょうか。

    
コメント