SNS

FacebookやTwitterの情報を中心にSNSやソーシャルメディアの情報を紹介しています。

  • 意味のイノベーションとは?

    現在は、さまざまな価値観の転換が求められています。頭打ちの社会において次に何をすべきか、どう一歩を踏み出すべきかが求められているといえるでしょう。

  • 「意識高い人」と「高い系」の違い?

    「意識高い」というフレーズはすっかり定着して久しいです。どちらかといえば揶揄的な意味合いで使われますが、自分を向上させようとする意識の高さは肯定されてしかるべきです。しかしながら、そういう努力とは違う、お手軽な承認欲求を満たす人々として「意識高い系」があります。いわば意識高い人の偽物ともいえる人々を考察した本が、古谷経衡による「『意識高い系』の研究 」(文春新書)です。

  • ツイッターなぜ日本人向き?

    現在、さまざまなSNSサービスが誕生しています。その中で、ミニブログといえるツイッターは、世界的に見ても日本だけが好調だといわれています。ツイッターと日本人の親和性はなぜあるのでしょうか。その理由を考えてみましょう。

  • はてな匿名の面白さ

    はてな匿名ダイアリーというサイトがあります。この場所は名前の通り、匿名でブログを書ける場所です。ネットの匿名性を象徴するような場所ですが、時として社会問題として取り上げられることもあります。国会でも言及された「保育園落ちた日本死ね」の書込みもこの場所で行われました。

  • 就活もSNS活用の時代

    SNSは日本に広く普及しています。フェイスブック、ツイッター、LINEは3大SNSといって良いでしょう。このSNSは、うまく活用すればとても便利なツールなのですが、その一方で炎上や晒し上げなどが、日常的に行われています。そうしたSNSの負の側面ではない、生活を充実させるための活用法を考えてみましょう。

  • リンクをめぐる交流

    いまはインターネット上でリアルタイムにメッセージをやりとりできるツールが多くあります。メッセージの内容は文字ばかりではなく、場合によっては絵や音声、写真といったものも送ることができます。あるいは動画ファイルなんていうのも遅れますし、オンタイムでお互いの顔を見な

  • ネット匿名は日本だけ?

    インターネットは誰が書いているかわからない匿名性の高いメディアであるといわれています。しかし、インターネットの匿名性というのは本当にあるものなのでしょうか? 犯罪予告は捕まる インターネット上に犯行予告などを書き込んだ人が捕まっています。これは

  • 相次ぐアルバイターのTwitter炎上記! ソーシャル時代に個人はどう向き合っていくのか

    Twitter上で企業の従業員が不適切な写真を掲載し、炎上、呼応して謝罪する事案が続出しています。ちょっとした悪戯心のためにネット上に掲載した写真一つが、若者の人生を破綻させてしまいます。企業からしても、一従業員の不祥事のために店舗の閉鎖に追い込まれることさえ

  • デモとソーシャルメディア

    ソーシャルメディアを中心とするウェブはどのくらい世論への影響力があるのでしょうか。2012年6月と7月に官邸前で行われていた反原発や原発の再稼働反対を求めるデモには数万人が参加しましたが、ソーシャルメディアの影響力が大きかったのです。 参加者は官

  • 500RT!? twitter上で話題になった5つのトリビア

    人間が一生の内に知ることができる知識はほんの一部。日常に役立つ知識も、「何の役に立つの?!」といった知識もバランスよく取り入れたいですよね。今回はtwitterでつぶやかれていたトリビアを5つ紹介します。 twitter上で話題になった5つのトリ

  • ホントにソーシャルメディアの優位性をわかってる? ソーシャルメディアのメリットを見直す

    日本において、2009年を境に爆発的にユーザー数を増やしたTwitter。2011年に大幅にユーザー数を増やしたFacebook。私たちの周りにソーシャルネットワーキングサービス(以下、「SNS」)が次々と現れました。そして、それらのSNSが活発になるに連れ、

  • ツイッターを使って三日坊主から脱け出す方法

    ツイッター、あなたはどんな風に使っていますか。友達との交流、愚痴の吐き出し場所、ドラマやスポーツの実況場所など、いろんな使い方がありますが、三日坊主から抜け出すためのツールにもなるんです! ■なぜ人は「続かない」のか そもそも、人はなぜ「続ける」ことが

  • フェイスブック株の下落は一時の病なのか

    米フェイスブックは株式上場後、初の4半期決算を発表しました。利益はアナリストの予想を上回る額でしたが、投資家にとってはがっかりさせられる内容だったようです。ソーシャルネットワークサービスの限界が早くもやってきたのか、それともまだまだ息は続くのでしょうか。

  • 本当は怖いTwitter なぜTwitterはバカ発見器と呼ばれるのか

    いまや、SNS(ソーシャルネットワークサービス)全盛時代といっても過言ではないでしょう。Twitter、Facebookをはじめ、国産のミクシィ、それにGREEやモバゲー、LINEといった従来はSNSではなかったサービスもいまやソーシャル化が進んでいます。

  • 震災から学ぶ ソーシャルメディアによる復興と国際化のススメ

    未曾有の災害となった東日本大震災から、1年以上がすぎました。この震災において、停電でテレビが見られなくなったり、携帯電話による通話が繋がりにくくなったりした中、その情報収集手段、連絡手段の代わりとして大きな役割を果たしたのがソーシャルメディアでした。今回紹介す

  • 個人が注目される時代では「ソーシャルキャピタル」が重要

    今日の日本は、かつてないほど「個人」というものがフォーカスされている時代です。いろんなSNS経由で仕事を得たり、会社とは別に個人で副業をしている人を多々見かけます。そういった「個人」を語る上で欠かせない言葉が「ソーシャルキャピタル」。今回は津田大介氏著書「情報

  • 押さえておきたいFacebook関連のおすすめ書籍5選

    2011年Facebookが日本でも話題になりました。利用者数が1,000万人を越え、2012年Facebook利用が「当たり前」になる時代がきています。ビジネスマンでFacebookを利用していないままだと、IT音痴と思われ、ビジネスに乗り遅れてしまうかも!

  • Facebookはなぜ生まれたのか?

    世界最大のSNSであるFacebookはなぜ、そしてどのように生まれたのか?創始者マーク・ザッカーバーグはFacebookをどのように考えているのか?これらの疑問をひも解きながら、マーク・ザッカーバーグの言葉とともに、Facebookの歴史をご紹介します。

  • まわりと差をつける!Facebookの使い方【入門から応用まで】

    2011年Facebookが日本でも話題になりました。利用者数が1,000万人を越え、2012年Facebook利用が普通になる時代がきています。ビジネスマンのFacebook利用は必須となるかもしれません。まわりと差をつけるために、Facebookの使い方の

  • いまさら聞けない!ソーシャルメディアの使い分け

    TwitterにFacebook、mixi…などソーシャルメディアが多すぎて使い分けがいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか?そこで、いまさら聞けないソーシャルメディアの使い分けの方法を紹介します。 ■ソーシャルメディアとは? 「

1 / 2 1 2 最後 »