まわりと差をつける!Facebookの使い方【入門から応用まで】

2011年Facebookが日本でも話題になりました。利用者数が1,000万人を越え、2012年Facebook利用が普通になる時代がきています。ビジネスマンのFacebook利用は必須となるかもしれません。まわりと差をつけるために、Facebookの使い方のポイント「入門から応用まで」ご紹介します。


■Facebook入門編

「日本人のためのフェイスブック入門(松宮義仁)」の詳細を調べる

まずは、Facebookプロフィール欄の充実を図りましょう。個人情報を表示させるのは怖いと最初は思いますが、入力することにより、相手への安心感を与えることが可能になります。

  • 1. プロフィール欄への記入…経歴など
  • 2. プロフィール写真…写真の安心感はバカにできない
  • 3. ウォールで近況を発信…「ウォール」はTwitterの「つぶやき」

相手に判断してもらえる情報を用意することが大切です。

◆「いいね!」ボタン

Facebookの重要な機能である「いいね!」ボタンは、すべてのメディアをつなぎます。「いいね!」ボタンの1クリックで、自分のページへのリンクを獲得できる仕組みとなっています。単に「訪問しました」という意思表示でなく、共感を伝えるのが特徴です。また、「いいね!」ボタンは、口コミ発生のボタンも兼ねています。

◆「いいね!」ボタン利用例

「おはよう」とウォールでつぶやく

友達が「いいね!」をクリック

友達、友達の友達のウォールにまで情報が流れる

多くの人が見て、口コミが起こる。

気になる人には積極的に「いいね!」ボタンを押しましょう。「いいね!」ボタンを押すだけなら、迷惑にはならず、次第に相手も自分のことを覚えるようになります。慣れ親しんだものには、知らないうちに愛着がわくことも多いです。

◆影響力が出るウォールの使い方は、

  • 1. 写真を投稿する…「食べもの」「子供」「動物」が鉄板
  • 2. 時事ネタを投稿する…みんなが興味のある話題が良い
  • 3. 動画を投稿する…著作権には注意!
  • 4. 名言・格言…参考書籍のリンクをはる
  • 5. あいさつ…「おはよう」「お疲れ様」「おやすみ」がベター
  • 6. 他人の投稿記事をシェア…最新情報をシェア

■ファンページを作ろう

「Facebookをビジネスに使う本(熊坂 仁美)」の詳細を調べる

「Facebookを集客に使う本(熊坂 仁美)」の詳細を調べる

ファンページ作成の7つのステップ

  • 1. 競合調査を行う
  • 2. 戦略を決める
  • 3. 作成する
  • 4. コンテンツを入れる
  • 5. 核の30人を作る
  • 6. ファンとの会話を開始する
  • 7. ファンを増やす試作を打つ

「ファンページ開設しました」とメールの署名にURLを載せることもファンページを広めるうえで大切な要素となります。
また、Facebookでは、継続的なコンテンツ作成が集客の重要ポイント!その際、「いいね!」ボタンがおされやすい投稿というのを意識します。

投稿するコンテンツは、以下のものがおすすめです。

1. ハウツーもの

  • チュートリアル:ソフトウェアやアプリケーションの使い方、活用例をスクリーンショットや動画で解説
  • ポイントのまとめ:例)成功するホームページの7つのポイント、など

2. ニュース解説

  • 時期を逃さないことが重要
  • プロの意見、専門家の意見は喜ばれる

3. 商品について

写真や動画で商品について語る。目線はあくまで「その商品を必要とする人への提案」であって「売ろう」という姿勢はダメ。

4. バックヤードをみせる

日々の業務の様子、スタッフの写真、イベントの準備など、舞台裏のネタをちら見せ感覚でさらっとみせる

5. FAQをつける

■Facebook応用編

「Facebookを集客に使う本(熊坂 仁美)」の詳細を調べる

「コミュニケーションHACKS!(中村 祐介)」の詳細を調べる

「ノート」という機能をご存じでしょうか?「ノート」はFacebook内のブログのようなものです。SEO対策に強くfacebook.comというページランク9のすぐ下の下層ページ扱いとなります。ブログのインポート機能が使えるならばおすすめです。

次に、Facebookと他SNSを連携させましょう。Facebookと他SNS連携を行うと、Facebook単独の利用より、閲覧数(PV)のピークが長くなります。特にFacebookとブログの連携は強く、Facebookのソーシャルプラグインをブログに埋め込むのがおすすめです。「いいね!ボタン」と「Facebookコメント欄」ソーシャルプラグインはFacebook内で発されるコードを張るだけで簡単にブログなどに設置可能です。

最後に、Facebookで人間関係をさらに深めたいなら、

  • 1. 自己満足な「からみにくい」投稿をしない(コメントしてもらいやすい、盛り上がるような話題を投稿する)
  • 2. 友達の投稿にも積極的にコメントする
  • 3. 相手との関係性をさらに深めたいときは「メッセージ」を送る
  • 4. コメントに困ったら、「いいね!」ボタンを押す

Facebookの使い方【入門から応用】

Facebookの基本的な使い方から応用まで説明しました。まずは、自分でも取り組みやすいことから始めてみてはいかがでしょうか?

    
コメント