相次ぐアルバイターのTwitter炎上記! ソーシャル時代に個人はどう向き合っていくのか

Twitter上で企業の従業員が不適切な写真を掲載し、炎上、呼応して謝罪する事案が続出しています。ちょっとした悪戯心のためにネット上に掲載した写真一つが、若者の人生を破綻させてしまいます。企業からしても、一従業員の不祥事のために店舗の閉鎖に追い込まれることさえあります。恐怖さえ感じられるソーシャル時代に、個人はどのように向き合っていく必要があるのでしょうか。


■やはりTwitterは「バカ発見器」?

大手掲示板2chでは、炎上騒動の多発するTwitterのことを「バカッター」「バカ発見器」と揶揄しています。実際に、社会的に不適切な写真をあげてしまう「バカ」な若者が多発しているのも事実です。モラルの低下とともに、個人のITリテラシーにも問題が存在します。企業側もこうした不祥事が発生する前に、アルバイトにまで及んだ社員教育が求められています。

■「まさか自分が?」 個人に求められること

不適切な写真として、よく登場するのが、企業の一従業員が自社の製品や機器を使って悪戯をあげたような写真です。最近では、冷蔵庫に入った写真が記憶に新しいですね。こうした写真を掲載する理由は、自身のフォロワーに対して「面白い」ネタを提供したいと考えているからです。Twitterの使い方は多岐にわたりますが、大喜利を行ったり、自虐を誘ったり、ある種笑いのネタを提供する場として若者が用いるケースが多いようです。身内ネタとして寒いネタを1枚の写真と140文字未満の言葉で提供する代わりに、多額の損害賠償を請求されて、人生を棒に振ってしまうのは、勉強代としては痛すぎる代償です。

人生を棒に振らないためにも、個人には想像力が求められます。こうした炎上事件が多発しているにもかかわらず、それでもなお炎上写真を提供するのは、ひとえに想像力が欠如しているからに他なりません。写真を掲載する前に、「この写真を知らない人が見たらどう考えるのか?」と、振り返って考え直す必要があります。ソーシャルネットワークは開かれた環境でもあり、未知の人間の方が明らかに多いのです。内輪ネタで盛り上がろうとする前に、そのことを認識すべきでしょう。そして、その写真が永続的に残ることも認識しましょう。本名でアカウントを使っていなくても、個人の痕跡はどこからか探れるものです。個人の特定に急ぐ不特定多数の匿名者に責任の所在を突きつけることはできないため、個人が気をつける以外にはないのです。こうした想像力を養っていくことが、ITリテラシーを得ていくことにつながります。

■社会の寛容さも必要

とは言え、社会経験も乏しい若者が「バカ」な悪ふざけをしてしまうのはある意味しょうがないことでもあります。誰でも、自分の胸に手を置いて考えてみれば、悪事の一つや二つやってきたことでしょう。それを棚に上げて、SNSの網にかかった「バカ」を一斉放火で攻撃するのは少し考えものです。

「他人の不幸は蜜の味」とも言いますが、前途洋々な若者を必要以上に攻撃して、更なる絶望のどん底にまで突き落としてしまう、「やりすぎ」なケースも見られます。人生経験の豊富な社会人としては、社会全体で若者を寛容に見守ってあげることも時には必要かもしれません。

ソーシャル時代への変革が進む中で、個人の悪事も顕在化してしまいます。常に持ち歩いている携帯電話一つで、一生を左右する場合もあることを認識しておきましょう。

「ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」(中川淳一郎)」の詳細を調べる

    
コメント