ツイッター140字、有利な言語は?

ツイッターは、たくさんの人が利用しているSNSのひとつでしょう。誰でも気軽に書けることが何よりも人気の秘訣と言えます。ツイッターは基本的には140文字の投稿を行っていくミニブログのような性質を持っています。しかし、現在では英語やスペイン語などはその倍の280文字になっています。一方で日本語や中国語は基本的に140文字制限のままです。


言語によって密度が違う

ツイッターは140文字という制限の中で書き込む形式になっていますが、実際に書いてみればわかる通り、英語などではあっという間に字数制限が来てしまいます。たとえ倍の280文字になったとしてもまだ物足りないといった印象を持つのではないでしょうか。実はこのような違いから、ツイッターは言語によって書き込める密度が異なっているのです。

中国語が一番

様々な言語の中で、もっとも情報量が多いのは中国語です。中国語はすべて一文字一文字が意味を持つ漢字表記ですから、それだけ情報を詰め込むことができます。さらに、同じく漢字を用いる日本語も情報量は多いですね。さらに、中国語や日本語は、ほかの言語に比べて早く読めるという利点もあります。情報の密度があって、早く読める点においてツイッターとこれらの言語、言ってしまえば漢字の親和性は高いと言えるでしょう。ツイッターは世界的に見れば主流のSNSとは言えないかもしれませんが、日本においては圧倒的なプレゼンスを発揮しています。これも、少ない文字数でもきちんと表現ができる、やりとりができるといった点が魅力となっているのかもしれません。

    
コメント