ウィキペディア言語ランクは?

ウィキペディアはフリーの百科事典です。多くの言語で記されており、2016年1月1日時点で291もの言語で記されています。それだけ世界には多くの言語があると知れるでしょう。


多い順は

それではウィキペディアの記述言語はどのようなランキングになっているのでしょうか。1位はなんといっても英語でしょう。記事数は500万記事以上を超えており、ぶっちぎりの一位です。二位は、意外にもスウェーデン語です。240万記事が掲載されています。三位はドイツ語です。その後、オランダ語、セブアノ語、フランス語、ロシア語、ワライ語、イタリア語、スペイン語とつづきます。聞き慣れない言語がありますがこれはどの国の言葉でしょうか。セブアノ語はフィリピンの北部で話者の多い言語です。ワライ語はフィリピンのレイテ島など中部で多く話されている言語です。

日本語はどれくらい?

それでは日本語はどれくらいのランキング化といえば13位です。記事数は、99万7千記事ほどですから、あと少しで100万記事といえるのが、2016年1月時点の情報です。ウィキペディアの更新や記事執筆が熱心に行われている言語の一つではあるということができるでしょう。ちなみに291位は、西アフリカで話されている方言のひとつであるカヌリ語となっています。

「三面記事はなぜ三面にあるのか?」の詳細を調べる

    
コメント