学習方法

  • 学び続ける99の理由

    勉強というのは、ある段階で終わってしまうものといった印象がありますが、決してそんなことはありません。勉強はむしろ、そのあとからはじまる、なによりも学校でするものばかりとは限らないというのがあげられるでしょう。

  • 速読脳トレとは?

    読書というのは身近な行為ですが、そこにおいて頭を鍛えるといったこともできます。そのテクニックのひとつが速読です。

  • 国会図書館なぜ18歳以上?

    国立国会図書館は、日本随一の蔵書数を誇る場所です。特に散逸しやすい昔の新聞や雑誌といったものを比較的網羅しているため、まとめた調べ物があるという人には便利な施設だといえるでしょう。しかし、国会図書館には利用制限があり満18歳以上でなければいけません。

  • 点数稼ぎ勉強法とは?

    勉強法というのはさまざまな方法があります。自分にあったものを探してみるというのが大事ではあるでしょう。それでも、その中にはある法則というべきものもそこにはありますね。それは試験においては王道パターンをどのように踏襲すべきかというところでもあります。

  • ビジネスにおける読書力とは?

    ビジネスシーンにおいては、さまざまなスキルが求められるものとされています。そこにおいては読書力といったものもあげられるでしょう。読書という行為などいつでもできると思ってはいないでしょうか。しかしながら、そうした当たり前にあるものを疑ってかかる姿勢こそ大事なものだともいえますね。

  • 知識を20字でまとめる方法

    知識や情報というのは、いかにコンパクトにまとめていくかがポイントとされています。

  • 英語話者は世界に何億人?

    英語は世界の中でもっとも伝わりやすい言語だと言われています。いったい世界中でどれくらいの人が英語を話しているのでしょうか。

  • 読書のルールを学ぶ

    本を読むのが苦手という人は少なくありません。そうした本を読むのが苦手ということを言う人にとって、つい抱きがちな悩みというのが、本を読んでいるものの、内容が頭に入ってこないというものがあるでしょう。そうなると、途中でどこまで何を読んでいたのかということもわからなくなってしまい、大変というものですね。

  • 読書を仕事につなげるには?

    読書はさまざまな体験を得られるものですが、暇な人が小説を読んでいるといった印象があるのも確かですね。確かに情報を得る手段というのは無数に広がっているわけですから、必ずしも読書とは限らないというのもあるかもしれません。

  • 文系と理系はなぜわかれた?

    日本の学校教育においては大学進学を目指すにあたって、高校生の時点で文系と理系にわかれます。文系は国語や英語といった科目を重点的に、一方で理系は数学や理科といった科目が重点的に行われます。文系を選ぶ理由として数学が苦手だからというのもあるでしょう。あるいは文系において、どうしても英語が苦手という人もいますね。

  • 読書の価値とは?

    読書とは良きこととされています。自分の知らない世界のことを知ることができますし、さらに自分の間違いに気づくといったこともあるでしょう。若い世代にとっての読書は自分がこれからどう生きるべきか、さらには将来どんな仕事をしたらいいのかといった、将来像まで浮かび上がるものであるでしょう。

  • 効率勉強法とは?

    勉強とはやみくもにするものではありません。そこにおいては効率的な勉強法といったものがあると言えるでしょう。目標に向かって結果を最短距離で出す方法を探るのです。

  • ケベック・フランス語とは?

    フランス語はフランスだけで話されるものではありません。フランスの植民地が多くあったアフリカでは国ごとの共通言語としてフランス語が用いられる場合もあります。さらにフランス語はカナダの一部でも話されています。それがケベック州です。

  • 中国語翻訳のコツとは?

    日本が国際化社会となるにしたがって外国語の需要は高まってきています。この国際化社会という言葉はかねてより言われているものですが、近年においてはますます現実味を帯びているものだと言えるかもしれません。そうした中において隣国である中国との関係も考えさせられるようになっています。

  • テレビ欄から時代を知る

    何気ないものでも、まとめてみると視聴的な価値を持つことがあります。新聞のテレビ欄などもそのひとつでしょう。

  • ヤングアダルトの本を知る

    ヤングアダルトというのは青少年とも訳される言葉でしょうか。さまざまな悩みを抱える年ごろであると言えるでしょう。その悩みは果たして自分だけのものなのか、あるいはほかの誰かも経験しているものなのか。そこにおいて気になるポイントは多いと言えるかもしれません。

  • 読書がたどりつく場所とは

    読書というのは、これまでとはありかたが変わりつつあるのは確かでしょう。情報を手に入れる場所が必ずしも読書とは限らなくなってきているからです。そうした時代において読書とはどのような価値を持ちうるものなのでしょうか。ミステリー小説を楽しむような趣向としての読書に限定されるのでしょうか。いえ、そんなことはありません。読書には得も言われぬ魅力があるのだと言えます。

  • 沢木耕太郎「246」の世界

    沢木耕太郎といえば『深夜特急』が代表作と言えます。旅の作家といったイメージがありますが、本来ならば旅ばかりに限らない多くのルポルタージュ作品を作り上げています。ルポルタージュの一人称は私であり、私が何を見聞きしたのか、どのように感じたのかといった感情の機微が記されています。

  • 行き場のない若者の話を読む

    旅というのは今も昔も、どこか遠い場所へ旅立つ思いがともなうものです。どこか日本社会からの逃避といった意味合いがあるのも確かでしょう。90年代のバックパッカーの姿を描いた小林紀晴『アジアン・ジャパニーズ』(新潮文庫)などにはそうした空気が色濃く現れています。さらに、角田光代による『東京ゲスト・ハウス』(河出文庫)もそうしたお話の一つです。

  • コラージュ日記を読む

    植草甚一という人がいました。ジャズやミステリー、あるいはコーヒー、散歩といったものを愛した、文化的なディレッタントというべき存在ですね。植草甚一はアパートに住み、その部屋はレコードと古雑誌で埋まっていたそうです。そのような人物の一端をかいま見ることができるものが『植草甚一コラージュ日記 東京1976』(平凡社ライブラリー)です。

1 / 9 1 2 3 4 5 最後 »