生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 英語の表現力は相手と場面

    英語を勉強している人は多いでしょう。英語の表現力を高めるひとつのテクニックとして、相手と場面による使い分けがあります。これは日本語を考えてみればわかりやすいですね。目上の相手や初対面の人に対してはていねいな言葉や敬語を使いますし、友人や家族などフランクな心通う関係ではタメ口を使いますよね。英語には敬語表現はありませんが、ていねいな言葉づかいやくだけた言葉づかいはあります。そんな英語の極意を知ることができる良書が、高橋朋子による『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 です。

  • ワインの奥深さを知る

    お酒はちょっとしたシチュエーションで飲むならば楽しいものです。その時、ただ飲むだけでなく、お酒をめぐる背景を知ることによって、より深く味わえる側面もあるでしょう。もちろん、うんちくオヤジのようになってしまうのは考えものですが、食を味わうにあたってある程度の予備知識は必要だといえるかもしれません。

  • レイヴとは何か?

    90年代の後半から00年代のはじめにかけてレイヴがブームとなりました。レイヴとは、野外で音楽に乗せて自由に踊るパーティーやイベントのことです。レイブ会場は、海辺やあるいは山奥のキャンプ場など、自然と近しい場所でした。

  • チューペットの歴史は?

    夏の風物詩といえば、アイスキャンディーでしょう。したたるしずくを気にしながら、時間との折り合いを見ながら食べる懐かしの食品です。さらに、チューペットも懐かしの食べ物でしょう。凍らせたポリエチレンの詰め物を真ん中からパキっと割って食べるアイスです。片方には、ジュースとして飲むための細い管があり、そこにたまった液体を惜しむように吸い込んだ思い出は、誰しもあることでしょう。

  • ストレッチの重要さ

    肩こりや眼精疲労・腰痛などは現代人とは切っても切れない関係でしょう。デスクワークなどによって首の位置が固定されるため、どうしても肩こりを招きやすいのです。

  • シンプルな人生相談の味わい

    人生相談はその人の悩みの本質がわかります。はたからみれば、なぜこんなことで悩んでいるかと思っても、その人にとっては切実な問題であります。さらに、こうした悩み相談は、それを向ける時点でその人の中で答えが見つかっている、あるいはほしい答えを求めているといったこともあるでしょう。そのため、人生相談の味わいは、回答者のユーモアやセンスにあるといえます。

  • 片付けられない原因は?

    部屋を片付けられない人は、時間をうまく調整できなかったり、仕事をためこんでしまったりと、あらゆる場面のマネジメントができないことが多くあります。なんとかしたいと思っているのに、自分は思うようにできない、そのようなもどかしい思いをしたことはありませんか。

  • 大学の集中講義って?

    大学では単位制が取られています。それぞれの授業の単位を取得し、所定の単位数に達すれば卒業が可能となります。卒業論文が課されているところは、別途論文審査への合格も求められます。

  • 自分探しの果てに何がある?

    自分探しの一貫として世界を旅する若者は多くいます。ほとんどの人は安全に戻ってくるのですが、なかには旅先で事件や事故に遭遇し命を落とす人もいます。下川裕治による『香田証生さんはなぜ殺されたのか』(新潮社)にはそんな一人の若者の軌跡が描かれています。

  • 自分そのものを整理する

    シンプルな生活、モノのない暮らし、無駄のない暮らしは誰もが憧れるものです。断捨離という言葉も一昔には流行りましたね。しかしながら、ただやみくもに整理をしてしまっては、自分を見失ってしまうこともあります。そこにはある法則が求められるといえるでしょう。

  • 夏休みの宿題いつ片付けた?

    夏休みの定番といえば宿題でしょう。数多くの宿題が出された思い出は誰しもあるでしょう。計算ドリルや漢字の書き取りがわずらわしかった、自由研究のテーマに迷った、工作を手抜きで作ってしまった、いろんな思い出があるでしょう。人によって夏休みの宿題をいつ片付けたかも分かれますね。

  • 英語は世界共通語?

    英語は、海外旅行をするにあたっては求められる言語でしょう。例え片言であったとしても最低限の意思疎通をするために英語は役立ちます。この英語の定義とは何でしょうか。イギリスで話されている英語とアメリカで話されている英語はまったく異なります。

  • ロシア語世界のどこで話される?

    ロシア語は、ロシアの公用語です。ロシア以外の場所でも通用する場合があります。世界には英語圏のほか、フランス語圏、ドイツ語圏、スペイン語圏などがありますが、ロシア語圏というべき場所も存在するのです。

  • いまや「幼活」の時代

    世の中には「○○活」と呼ばれる言葉が多くあります。もともとは就職活動を略した就活といった言葉からはじまったものが、同じひびきだがまったく意味の異なる終活や、婚活あるいは朝活といった言葉も登場しました。その中で、子どもの幼稚園選びを指す「幼活」なる言葉も登場しました。

  • 「事典」を活用してみよう

    わからないことがあった場合、何をするでしょうか。ほとんどの人はスマートフォンで検索をかけるでしょう。しかし、かつては辞書や事典を用いて、調べることを行っていました。百科事典という言葉がある通り、そこには知識が詰まっています。

  • 「豊かな青春、惨めな老後」とは?

    タイのバンコクの安宿にある落書きが残されていました。「豊かな青春、惨めな老後」なんとも、核心をついた一言です。さらにこの落書きには前段階があり「金の北米 女の南米耐えてアフリカ 歴史のアジア何もないのがヨーロッパ」とも書かれていたといわれています。これは言わずもがな、世界を飛び回るバックパッカーたちに向けた言葉でしょう。

  • 香港の屋上生活は快適?

    香港といえば、世界でもっとも人口密度が高い場所のひとつです。香港は、高度に都市化がなされており、いわゆるスラムと呼ばれるような場所が存在しないように見えます。香港のスラムといえば、九龍城がよく知られていますが、すでにこの場所は解体されています。

  • 街にもランクがある?

    東京暮らしをはじめるにあたり、どの街に住むかは重要です。もちろん職場や学校への通勤通学の便を考える、家賃と相談することは必要ですが、同じ家賃でも街のイメージがまったく異なる場所もあるのです。そんな鉄道と街にまつわる事情を記したものが首都圏鉄道路線研究会による『駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿』(SB新書)です。

  • 国会図書館なぜ地下8階?

    国会図書館は、18歳以上ならば誰でも利用可能な施設です。本や雑誌などが多く所蔵されており、なかには国会図書館でしかお目にかかれないレア資料もあります。そんな国会図書館は、多くの書庫を抱えています。中でも、新館は地下8階まであることで知られています。なぜ、これほど深い場所にあるのでしょうか。

  • 大学1年生をどう過ごす?

    高校生から大学生となった時に、遭遇する違いはなんでしょうか。まず大学は圧倒的に自由です。さらに不干渉です。授業をサボっていても何もいわれません。その代わりに授業についていけなくなったり、出席が足りなくなって留年することになってもすべてが自己責任となってしまいます。

1 / 114 1 2 3 4 5 最後 »