生活・人生

  • 日本人最大の悩み?腰痛の正体を徹底追求する

    日本は世界有数の腰痛大国と言われています。日本整形外科学会による全国調査では、約3000万人、実に日本人の4人に1人が何らかの腰痛に悩んでいるということになります。しかも、この内の8割以上の人が「なんで痛いのかわからない」と答えているそうです。ご自分の周りにも(もしくはご自身も含め)、常日頃「腰が痛くて」と口癖のようにつぶやいている人、いるのではありませんか?

  • 何もない部屋で暮らす?

    部屋がもので溢れていて困ってしまうという人は多いでしょう。理想なのは何もない部屋で暮らすこと、と考えている人もいるかもしれません。そうしたシンプルな暮らしを送ることに憧れている人にとっておすすめな本がミニマルライフ研究会による『「何もない部屋」で暮らしたい』(宝島社)です。

  • 論述式試験評価軸は?

    論述式試験と呼ばれるものがあります。論述式試験とは文章によって論述を行い、課題に回答するものですね。論述式試験に最初に遭遇するのは大学へ進学した時ではないでしょうか。それまでの一問一答形式の試験に慣れている人にとってはなかなか難易度の高い試験であると言えるでしょう。

  • 認知症でも安心の相続対策

    親の死後に子供たちがもめないためにも、遺言書を書いておいたほうがいいのは言うまでもないこと。ただし、遺言書が効力を持つのはあくまで親が亡くなってからです。親が認知症になってしまった状態では発効しません。そんな事になっても困らないよう、親が誰かに自分の財産の管理を委託し、子供のために使ってくれるようにしておくのが「民事信託」という制度です。

  • ミャンマー旅行では停電に注意?

    東南アジアの最後の秘境とも言えるミャンマーでは、日本人に対して2018年10月より1年間でビザなしでの渡航が許可されています。これまでは一部の地域しか訪れることができなかったため、注目が集まっています。

  • 知らねば損する相続税対策

    不動産を相続すると、固定資産税と並んで重くのしかかってくるのが相続税の問題です。いざというときに備えて、親が所有している物件の状況を事前に把握しておきたいものです。場合によっては、大幅に負担が軽くなることもあるのです。その方策を紹介します。

  • 日本一人口の少ない村は?

    最近は平成の大合併なども相まって人口の少ない村というのは少なくなっています。しかし、合併をしない自治体もあり、そこには人口の少ない村があります。さらに驚くべきことに日本一人口が少ない村は東京都にあります。

  • 固定資産税、疑問なら即確認

    不動産を相続する時、悩ましいのが固定資産税の存在です。実は、固定資産税ほど徴収ミスが多い税金はありません。実際、総務省の調査によると、2009年から2011年までの間に固定資産税額の修正が1件でもあった自治体(岩手、宮城、福島の3県を除く)は97%にも及んだといいます。その多くは単純な記載ミスと見られており、手元に送られてきた書類に「おかしい」と感じる点があったら、一度問い合わせて確認するべきです。

  • 空き家を賃貸住宅で活かす

    誰も住んでいない家を相続することになった場合、そのまま放置しているだけでは固定資産だけをただ払い続けることになってしまいます。自分で住む予定がない以上、何かのかたちで活用するしかありません。まず思いつくのが、賃貸住宅として貸し出す方法です。

  • ネットで不動産を売る裏ワザ

    不動産選びも今や、インターネットを使うのが主流の時代です。不動産専用の検索サイトも数十に上り、まずはネット検索で希望の条件を当てはめて候補となる物件の情報を集めていくというのが基本的な方法となっています。一方、ネットを介して不動産を売りたい場合はどうすればいいか。ただ情報をアップするだけでは、買い手が向こうからやってくることはないのです。

  • 再建築不可を可能にするワザ

    親の代より以前から住み続けてきたような古い家を相続してみたら、権利関係がかなり複雑だったり、あとになって施行された法律がネックになって簡単に手放せないことがわかったというケースは結構あるようです。それでも、やり方次第で売れる物件に変えることは決して不可能ではありません。

  • 兄弟不仲が招く相続問題

    親から不動産を相続し、複数の兄弟の共有にした家を売却しようとしたら、変に話がもつれてしまった、というケースは結構耳にします。日頃から兄弟仲が良好なら大きな問題にはならないはずですが、ちょっとした行き違いがもとで、簡単に売れない“困った不動産”に変貌してしまうことがあります。何故そんな事になってしまうのでしょうか。

  • ラーメンなぜ夜鳴き?

    夜に飲んだあとに食べるシメの定番といえばラーメンでしょう。カロリーなどを気にする人もいるかもしれませんが、やはり塩気の効いたスープの誘惑には弱いものです。さらに夜に食べるラーメンと言えばあっさりとした縮れ麺や細麺が多くありますので、のどごしが良いというのもありますね。こうしたラーメンは「夜鳴きラーメン」と言われることが多くあります。そもそもなぜ夜鳴きなのでしょうか。

  • 特殊な立地でも売れるワザ

    不動産の価値は「狭い=安い」とは一概に言えません。ビルとビルの谷間にたたずむ、いわゆる“うなぎの寝床”を絵に描いたような空間に、人気の店が入っているということはよくあります。一見売りにくそうな土地にも、その場所ならではの価値が隠れているのです。

  • ローン未完済の家を売る方法

    元号が令和に変わり、バブルは遠くなりにけりな昨今。でも、その当時に高額マンションを購入し、長期ローンを組んでしまった人にとっては決して昔話ではないでしょう。入居してから早数十年、家族構成の変化や仕事の都合などにより、やむなく住み慣れた家を手放さなければならないという方も少なくないはず。とはいえ、まだローンの支払が残っているし…。さて、どうすればいいのでしょうか。

  • 売ろうに売れない不動産とは

    長年住み慣れた自宅の土地を、何かの事情で手放さなければならなくなった。そんな経験は人生に1度は来るものではないでしょうか。でも、どんな土地でも「はいわかりました。売りましょう」と車を下取りに出すようにいつでも当たり前のように売買できるとは限らないのが不動産の世界です。売りにくい、買われにくい不動産とはどういうケースでしょうか。

  • 精神の病気のそもそも論

    よくメンタルを病んでしまう人というのはいますよね。これはストレスに日常的にさらされる現代人であるからこそ、抱えている問題だと言えるかもしれません。

  • ボロネーゼとミートソースの違いは?

    パスタ料理店などで、メニューとしてボロネーゼが用意されているところがあります。ひき肉とトマトソースを和えたものであり、これはミートソースと同じではないかと疑問を感じる人も多いはずです。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

  • ラーメンの歴史学を知る

    ラーメンというのはもはや国民的な食べ物となっています。それぞれのご当地ラーメンといったものもあれば、さらにはチェーン系で猛威をふるうラーメンもあります。さらに雑誌やテレビなどで取り上げられることによって人気が出るラーメンもあります。これはネットで言えばインフルエンサー的な存在とも言えるかもしれませんね。もうひとつ、飲食店で提供されるラーメンとは別にコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで販売されるインスタントラーメンもあります。こちらも日本から生まれたものであり、ラーメン文化のひとつに数えられるでしょう。

  • 多浪の定義は?

    多浪と呼ばれるものがあります。何年も浪人を繰り返している人といった意味合いがありますね。多浪をしている人は苦労人ではあるのでしょうが、それはあまりポジティブには解釈されないようです。むしろ多浪はネガティブに解釈されることが多く、就職などでは不利になるとも言われています。

1 / 132 1 2 3 4 5 最後 »