生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 社会人大学生の入門書

    いつかは大学院へ行ってみたい、そんな思いを抱えている人はそれなりにいると思います。大学の学部時代はなまけてしまったからあらためて勉強をやりなおしたい、あるいはロースクールやMBA、心理学系の大学院などで仕事のスキルアップに役立つ資格を取りたいといった思いがある人もいるでしょう。社会人が大学院を目指す理由はさまざまです。

  • 誰でも誕生日だけで、自分やまわりの人の本質を知ることができる

    専門的な知識を必要とする占いの中で、数秘術は、誕生日を使って誰でも簡単な計算で占えます。私たちの基本的な性格や運命などを明らかにし、その年や月の運気をみることができます。また、数秘術は人間関係をよくすることにも役立ちます。

  • 百科事典の知識に立ち返る

    調べ物をする時、ほとんどの人はインターネットを用います。あらゆる分野について記されたウィキペディアを参照とする人も多いでしょう。しかしながら、ウィキペディアには不正確な情報も多くあります。正しい情報を得るために、もっとも確実な方法が百科事典の知識に立ち返ることです。

  • 肌老化の8割は紫外線が原因

    「きれいな肌になりたい!」と、願う女性であれば、日焼けが肌によくないことは、すでにご存知かもしれません。でも、ここであらためて、何がよくないのか、日焼けするとどうなるのかをきちんと知っておきましょう。

  • 死にたくなったら激辛うどん?

    誰もが毎日なにかをがまんしているストレス社会。もしも、急に死にたくなったら、どうすればいいのでしょう。死にたいという衝動が突然襲ってきた時のために知っておきたい、とっておきの対処法をお教えします。

  • 飛蚊症の原因は?

    「飛蚊症(ひぶんしょう)」という目の病気に悩む人が増えています。大きな病気ではないとはいえ、常に使っている目に異常が現れるのは、心にも大きなストレスをもたらします。目の大切さをもっと真摯に考えるべきではないでしょうか。

  • もしも、あなたが、英語でPRができたなら。

    想像してみてください。もしも、あなたが、英語でPRができたなら、どんな世界が広がるでしょうか? どんなワクワクする未来へとつながるドアを開けることができるでしょうか?

  • 英語勉強何が正しい?

    英語勉強法にまつわる本は数多出版されています。日本式の受験英語のムダを説くものや、英語によるコミュニケーションは少ない単語で可能であるといったものが多くあります。そのほとんどは、既存の日本の英語教育を否定的な視点で見たものが多くあります。

  • マイナス・スパイラルを阻止、“心のブス”にならない時間の有効活用

    「病は気から」と昔から言いますが、美しさに関しても同じことなのかもしれません。自分は美しくないと思い込んでいると、事あるごとにマイナス思考が働き、ますます「心のブス」化が進行してしまうもの。でも、誰にでも平等に流れている時間をマイナス思考で消費してしまうのはいかにももったいないと、天野彰人さんは語っています。

  • 髪の毛の悩み!「脱毛」「薄毛」は改善できる?

    年齢のせい? それとも遺伝? 髪がだんだん薄くなってくると、とても気になりますよね。単に薄毛と言ってもその理由はさまざま。いくつか種類があるそうです。

  • 戸建てがアパマンに勝つ理由とは?

    アパマン建設会社のサービスは、一見とても便利で手堅い投資に思えます。けれども、現実に入居の需要がなければ絵に描いた餅になり、建築会社が倒産するリスクもゼロではありません。戸建て賃貸オーナーになるべき理由をピックアップしてお届けします。

  • 文転、理転のメリット、デメリット

    日本の大学は入学時に文系と理系を選択します。文系入学者が理系に志望を変更することを理転、理系入学者が文系に志望を変更することを文転といいます。それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

  • 直感を磨き直感に従えば、もっとあなたらしく生きられる

    直感は神様からのメッセージです。あれこれ考えずに、直感に従った方がうまくいきます。直感は無関係なときに浮かんできたりしますから、逃さないようにしましょう。直感をいかせば、もっとあなたらしく生きられます。

  • 必要最低限なスキンケアアイテム

    スキンケアアイテムは、つければつけるほど効果があると考える人が少なくありません。でも、実は、スキンケアアイテムを盛りすぎないことも美肌をつくるためにとても大切です。では、最低限必要なスキンケアアイテムとは?

  • ジェネリック家電の節約術

    ジェネリック薬という言葉があります。これはメーカーの純正品と同じ成分、効果のある薬を後発のメーカーが追って作ったものです 。ジェネリック薬と同じものとして、ジェネリック家電を取り上げたユニークな本が近兼 拓史による「安くてもスゴイ! ジェネリック家電の世界」(集英社)です。ジェネリック家電は同じクオリティでありながら、格安なため、生活においては節約テクニックのひとつとなるといえるでしょう。

  • ディズニーメソッドを仕事に活用

    ディズニーランド、ディズニーシーで働く人たちは「キャスト」と呼ばれています。これは、遊園地そのものが夢の国の舞台であり、そこの出演者である証です。

  • 不眠症対策は簡単なところから

    疲れているのに眠れない、眠りが浅く、生活リズムが乱れがち。そんな不眠症予備軍が続々と増えています。夜ぐっすりと眠ることは、心と体の健康に欠かせません。慌てる前に、簡単なところから不眠症対策を始めてみませんか?

  • 40代以上の老眼は7000万人超!

    パソコンやスマホの文字が見えにくくなってきた…そろそろ老眼か。そんなふうに老眼を当たり前に受けとめていませんか?老眼は老化現象ではないのです。なぜ目が悪くなったのか、そこには必ず理由があります。

  • 泡風呂、スチーム、ハイテク美容法との上手な付き合い方とは?

    最近では高額なエステサロンに通わなくても、自宅のお風呂で手軽に体験できる泡風呂用キットや、ヘアドライヤーだけにとどまらない多種多様な美容家電が登場してきています。こうした身近になった美容ツールについて、その効能をたずねられる機会が多いという、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さん。冷静な立場からこんなアドバイスをしています。

  • 「フルサト」作りという考え方

    実家がある人は、いざとなれば実家へ戻ればいい、そんないわれは昔からあります。その一方で、都会からいきなり田舎や、島といった場所へ移住し自然派の暮らしをはじめる人もいます。そうした思い切りにコミットできない、そんな大部分の人に向けた良書といえるものが伊藤洋志とphaによる「フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方」(東京書籍)です。

1 / 108 1 2 3 4 5 最後 »