生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 家庭医はストレスの強い味方

    総合力を強みとする家庭医には、精神疾患やストレスを訴える患者も頻繁に訪れるといいます。特にストレスの悩みを抱えているのは、20〜30歳代の比較的若い年代に多いようです。社会人になって日が浅く、仕事や人間関係で壁にぶつかることなどが原因と思われますが、ストレスがたまるほど、医療機関を転々とするドクターショッピングに流れる傾向が強くなると、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。まずは、小坂さんの体験談を見てみましょう。

  • 家庭医を支える信頼関係

    家庭医にとって重要なのは患者との信頼関係だと、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。患者の病気だけでなく、心のケアまで手広く行い、しかも家族ぐるみで長い付き合いを続けるには、患者に信用されることが大前提というわけですね。それは診察をよりスムーズにさせ、病気予防にもつながります。この信頼関係が医師と患者双方の負担を減らすことになるのは容易に想像できるでしょう。

  • 家庭医はもっと身近になる

    家庭医は、専門医の垣根を超えた網羅的な知識と技能を武器に、病状から悩み事などの心理面、生活習慣など患者が抱える包括的な問題を診断する“プロの見立て屋”だと語る、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さん。家庭医は、今は「隠れた存在」ながら、今後ますます身近な存在になっていくと期待する一方、複雑な問題も横たわっているようです。

  • 「家庭医」は日本の医療を変えるカギ

    「家庭医」をご存知でしょうか?聞いたことがあるようで、改めて聞かれるとよくわからないという方が多いかもしれません。大まかに言えば、ケガから病気、原因がはっきりしない痛みや、女性ならではのトラブル、時には心理面まで面倒を見る、総合かかりつけ医といったイメージです。専門医と何が違うのか、なぜ、今「家庭医」に注目すべきなのか、自らが家庭医を名乗る小坂昭文さんはその必要性を訴えます。

  • “健康大好き”日本人の落とし穴

    テレビに雑誌にSNSと、日本のメディアには健康に関する情報が溢れています。日本人の健康への関心度は世界でもトップクラスかもしれません。こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんもそう実感する一人。胃がんの原因として広く知られるようになったピロリ菌一つを例にとっても、日本人なら名前くらいなら聞いたことがある程度の反応があるのに対し、イギリスではほとんどの人が知らないことを知り驚いたそうです。

  • 1分仮眠をきわめる

    仕事が忙しいときにちょっと仮眠を取りたいと思う人は多いでしょう。しかしながら、ちょっと眠るつもりで、本気の眠りになってしまったといった経験は誰しもあるでしょう。さらには、眠りはしたのだけれども、思ったように疲れが取れないといった感覚もあります。仮眠というものは、長すぎても良くないのです。

  • 日本のパスポートは何種類?

    海外旅行に必要なものとしてパスポートがあります。このパスポートにはいくつ種類があるのでしょうか。一般的にイメージされるパスポートは赤い表紙の10年もののパスポートと、紺色の表紙の5年もののパスポートでしょう。この2つのパスポートは有効年度が違うだけで、総じて一般旅券と呼ばれています。

  • 読書は荒野である

    読書とはどのような目的で行われるものでしょうか。ある人にとっては勉強をして新しい知識を得るためともあるでしょう。あるいは、ちょっとした余暇にファンタジー小説を読んで空想の世界にふけることもあるでしょう。書籍に記された内容においては想像力の自由がそこには吹き込まれているからです。さらに、きわめつけには読書とは荒野を開拓していく意味もあるでしょう。眼の前にある知識の膨大な壁に挑んでいく、さらには今生きている人間ばかりではなく死者との対話さえ可能な読書の快楽は確かにあるでしょう。

  • 青春18きっぷなぜできた?

    青春18きっぷは、夏休み、冬休み、春休みなどの長期期間に発売されるきっぷです。JRの路線内の普通列車、快速列車が乗り放題とあって、長距離移動に向いたお得なきっぷといわれています。青春18きっぷはなぜできたのでしょうか。

  • 世界の猫を見る

    海外旅行などへ行って路地裏などを歩いているとつい猫に目が行ってしまう人はいるのではないでしょうか。海外では日本以上に猫が身近な存在としてあります。地元民向けの安食堂やホテルなどにおいては、猫ちゃんがふいと顔を出すことも少なくありません。

  • 小論文の基本を理解する

    学校ばかりでなく、ビジネスの場などにおいても文章を書く機会は多いでしょう。そこで求められるのは、明確な文章を書く力です。それはエッセイのように文書の上手下手、あるいは味があるといったようなものではありません。きちんとした論旨で、読み手に自分の考えを伝えられる文章力が求められると言えるでしょう。

  • 思い出の場所を再訪すること

    かつて訪れた場所をもう一度訪れてみる。そんな体験をした人はいるでしょうか。記憶の片隅にある断片を整理して、現在と重ね合わせていく。そのような過去の思い出をさかのぼる行為は、グーグルマップやストリートビューなどを使えば簡単にできてしまう時代となりました。しかしながら、直接訪れて、自分で見聞きすることの価値もあるでしょう。

  • 芸人に幸福論を学ぶ

    お笑い芸人というと、気ままな商売のように見えますが、実際は完全に実力主義の世界であり、給料も歩合制です。そのため、ほとんどの芸人はアルバイト暮らしを余儀なくされていると言われています。

  • 王道の勉強法に学ぶ

    勉強法というのは、それぞれが自己流にやるものですが、ある程度の共通項もあります。やはり、時間をかけてればそれだけ充実していくことは確かでしょう。勉強法においては、横道よりも王道を選んだ方が良いと言えるかもしれません。

  • メモ術と記憶術は一心同体

    つぶさにメモを取る人は、記憶力がいいと言われています。実際に手を動かしてメモをとることによって、五感から記憶を定着させていくのです。

  • カレーライスの作り方に学ぶ

    カレーライスは日本の国民食というべきものでしょう。中学校などの林間学校でカレーを作った思い出もあるかもしれません。なぜカレーなのか。それは嫌いな人がほとんどいない、大量に作るのに向いている、スパイスを用いるため食中毒の危険性を軽減できるなどのメリットがあるからだと言えます。

  • 日本語の文法を学び直す

    日常生活において、何気なく使っている言葉づかいが実は誤用であったということはよくあります。さらに、日本語というのはあいまいな表現が多く、それぞれの文法上の違いをはっきりと説明できる人も少ないのではないでしょうか。

  • 大事なことは1分で話す

    ビジネスシーンにおいて相手へ交渉などをする場合には、ポイントを的確に伝える必要があります。ただし、あまりにも簡潔な言葉だけであると、なんだか味気ない印象も持たれてしまいます。

  • 説明を型できわめる

    ビジネスの商談などだけではなく、日常生活のあらゆる場面で説明を求められることがあるでしょう。その時に、自分なりに一生懸命に説明をしようとしてもなかなか伝わらず、もどかしい思いをした人も多いかもしれません。

  • 心は3秒でつかむべし

    ビジネスシーンなどにおいて、初対面の相手に良い印象を持ってもらうことはとても大切です。この第一印象というのは、一度ついてしまうと拭い去ることがなかなか難しいとも言われていますね。

1 / 124 1 2 3 4 5 最後 »