生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • テレビ欄から時代を知る

    何気ないものでも、まとめてみると視聴的な価値を持つことがあります。新聞のテレビ欄などもそのひとつでしょう。

  • ヤングアダルトの本を知る

    ヤングアダルトというのは青少年とも訳される言葉でしょうか。さまざまな悩みを抱える年ごろであると言えるでしょう。その悩みは果たして自分だけのものなのか、あるいはほかの誰かも経験しているものなのか。そこにおいて気になるポイントは多いと言えるかもしれません。

  • 人生を後悔させない、ストロング本能とは?

    自分はどう生きればよいのだろうかといったことで悩む人は多いのではないでしょうか。情報がこれだけ溢れている今、あらゆる選択肢、あるいは誘惑が目の前に現れてきます。選択肢が多すぎるがゆえに、どれを選ぶのが良いのかわからないといった人も多そうですね。

  • 「0泊」の定義は?

    旅行の案内などで「0泊」といった表記があります。さらには「5泊7日」といった、日数が増えているものもありますね。これはどのような定義になっているのでしょうか。

  • 通信制高校とはなにか?

    高校はさまざまなスタイルが現れています。毎日学校へ通うといったスタイルだけではなく、最近では通信制の高校が出てきています。通信制高校とは「いつでも、どこでも、だれでも」入れる学校です。学費や入学金なども安く抑えられていることが多く、マイペースで学ぶことができます。

  • 読書がたどりつく場所とは

    読書というのは、これまでとはありかたが変わりつつあるのは確かでしょう。情報を手に入れる場所が必ずしも読書とは限らなくなってきているからです。そうした時代において読書とはどのような価値を持ちうるものなのでしょうか。ミステリー小説を楽しむような趣向としての読書に限定されるのでしょうか。いえ、そんなことはありません。読書には得も言われぬ魅力があるのだと言えます。

  • 大学生のためのメンタルヘルス

    メンタルヘルスというのは、つねに重要なものとしてあります。世間では小さなことでくじけてしまうことはよくないと言われており、それがかえってストレスをため込む原因となり、心の病を悪化させてしまうことにもなりかねません。さらには、そこにおいては正解がないというのもある意味ではやっかいなことであると言えるでしょう。

  • 博物画の世界にふれる

    博物画と呼ばれるものがあります。かつて写真がなかった時代に、ものを記録するための手段として用いられたものです。それは、博物画を見た人がその形状をつぶさに観察できるものでなければいけません。そのため、たいへん緻密に記されたものが博物画の世界であると言えるでしょう。

  • 大学院入試浪人はありえない?

    大学院の入試は、大学の学部の入試とは異なっています。かなり専門性の高い問題が出されます。語学の試験もその分野に関わる専門的な内容が出ます。そのため大学院の入試は浪人して何度も受けるといったことは通常はないと言えます。

  • ウォッカの歴史を知る

    ウォッカはアルコール度数が高く、透明度も高いお酒として知られています。特にアルコール度数がほぼ100%に近いスピリタスなどはよく知られているでしょう。アルコール度数があまりにも高いので火がつくと言われているほどです。

  • ひとり暮らしスタートの入門書

    春は、引っ越しシーズンです。進学や就職のタイミングでひとり暮らしをはじめるという人も多いでしょう。はじめてのひとり暮らしというのは何かと用入りだと言えます。そこにおいてひとり暮らしをするためには何が必要なのか、それすらわからないという場合も多いでしょう。

  • 沢木耕太郎「246」の世界

    沢木耕太郎といえば『深夜特急』が代表作と言えます。旅の作家といったイメージがありますが、本来ならば旅ばかりに限らない多くのルポルタージュ作品を作り上げています。ルポルタージュの一人称は私であり、私が何を見聞きしたのか、どのように感じたのかといった感情の機微が記されています。

  • 行き場のない若者の話を読む

    旅というのは今も昔も、どこか遠い場所へ旅立つ思いがともなうものです。どこか日本社会からの逃避といった意味合いがあるのも確かでしょう。90年代のバックパッカーの姿を描いた小林紀晴『アジアン・ジャパニーズ』(新潮文庫)などにはそうした空気が色濃く現れています。さらに、角田光代による『東京ゲスト・ハウス』(河出文庫)もそうしたお話の一つです。

  • コラージュ日記を読む

    植草甚一という人がいました。ジャズやミステリー、あるいはコーヒー、散歩といったものを愛した、文化的なディレッタントというべき存在ですね。植草甚一はアパートに住み、その部屋はレコードと古雑誌で埋まっていたそうです。そのような人物の一端をかいま見ることができるものが『植草甚一コラージュ日記 東京1976』(平凡社ライブラリー)です。

  • 速読で時間を増やす

    速読術と呼ばれるものがあります。本をすばやく読んでいくものですね。時間をかけずに短時間で集中して読んでいくメリットはさまざまにあります。まず、本を読んだのだけれども内容をすっかり忘れてしまったといっデメリットがなくなります。本を読みたいのだけれども、なかなかモチベーションが起こらないという人はそういうパターンにハマっていることもあるので、速読術は役立つことになるでしょう。

  • サンマリノのスタンプとは?

    イタリア半島の中には周囲をイタリアに囲まれた内陸国が存在します。バチカン市国などはよく知られていますね。そこにもうひとつ、サンマリノ共和国があります。

  • 未来の大学はどうなる?

    大学は日本においては最高教育機関として位置づけられています。しかしながら大学生の相対的な学力低下や、無気力さの表れなどが問題になって久しいですね。大学など意味がないのではないかといった過激な物言いも生まれてきています。これはある意味では仕方がないことでもあると言えるでしょう。

  • 飲食店、子供ダメな理由

    飲食店によっては子どもの入店をお断りしている店があります。一般的に、未就学児はダメというところが多いようです。そもそも、なぜ小さな子供の入店ができないのでしょうか。

  • 花粉症は新しい病気?

    花粉症シーズンは嫌なものですね。なんとかしてくれないものかと思う人も多いでしょう。この花粉症というのは新しい病気であることはあまり知られていません。

  • ワインの味わい方を学ぶ

    ワインというのは奥が深いものだと言えますね。ワインは食事のお供としても最適なものです。このワインについて、ちょっと学んでみたいという人におすすめの一冊が小久保尊著作、山田コロイラストによる『図解 ワイン一年生 』(サンクチュアリ出版)です。

1 / 131 1 2 3 4 5 最後 »