生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 40代以上の老眼は7000万人超!

    パソコンやスマホの文字が見えにくくなってきた…そろそろ老眼か。そんなふうに老眼を当たり前に受けとめていませんか?老眼は老化現象ではないのです。なぜ目が悪くなったのか、そこには必ず理由があります。

  • 泡風呂、スチーム、ハイテク美容法との上手な付き合い方とは?

    最近では高額なエステサロンに通わなくても、自宅のお風呂で手軽に体験できる泡風呂用キットや、ヘアドライヤーだけにとどまらない多種多様な美容家電が登場してきています。こうした身近になった美容ツールについて、その効能をたずねられる機会が多いという、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さん。冷静な立場からこんなアドバイスをしています。

  • 「フルサト」作りという考え方

    実家がある人は、いざとなれば実家へ戻ればいい、そんないわれは昔からあります。その一方で、都会からいきなり田舎や、島といった場所へ移住し自然派の暮らしをはじめる人もいます。そうした思い切りにコミットできない、そんな大部分の人に向けた良書といえるものが伊藤洋志とphaによる「フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方」(東京書籍)です。

  • お気に入りの香り、もしかしたら肌荒れの原因かも?

  • 土地、お金、知識なしでも始められる戸建て投資

    これから10年20年と安定した需要が見込める戸建て賃貸投資。それにしても、「自分には縁がない…」と感じていませんか?土地や自己資金がないサラリーマンでも可能だというその理由に迫ります。

  • 自分のルーツや自分のアンテナで集めた情報から、ほんとうの自分に出会う

    「ほんとうの自分って何?」と思い、自分自身を知るためのアンテナを立てれば、自分に有益な情報が集まります。また、親や先祖がやっていたこと、好きだったことを探れば、気づかなかった自分に出会えるかもしれません。

  • メイクアップの盛り過ぎは肌の負担に

    スキンケアとは「高機能の化粧品を使うこと」だと考えていませんか?けれど、そうした一般的な美肌の常識こそが肌トラブルを招いているのです。美容皮膚科医が教える本当の美肌のしくみをしっかり学んでいきましょう。

  • 意外と怖い親子共依存

    共依存という言葉があります。自分が特定の相手との関係にとらわれている状態をいいます。例えばある人をお世話しているとして、その人におせっかいを焼かないことには気がすまない状態、それは相手が自分にお世話をされることで依存しているのはもちろん、自分も相手に依存していることになります。こうした共依存は親しい関係、恋人間、友人間、親子間などで起こりえます。

  • 衝動買いを防ぐには?

    いつも衝動買いをして落ち込んでしまうあなた。楽しく心満たされるはずのショッピングで落ち込んでしまうなら、ちょっと立ち止まって自分をふりかえってみませんか? 衝動買いをきっぱりやめるヒントをお届けします。

  • 20代の緑内障が増えている!

    近視以外の「目」の病気も、増え続けています。「緑内障」というと、年齢を重ねるとなるもの、というイメージを持つ方が一般的ですが、近年は 20 代でも緑内障を発症する人が急増しているのです。どういうことなのでしょうか?

  • 英語をアジアで学ぶ方法

    英語を学ぶ場合、どういう手段を考えるでしょうか。まず思い浮かぶのは英語圏への留学でしょう。カナダやオーストラリアなどはワーキングホリデーの渡航先として人気があります。そのほかにも、アメリカ、イギリス、ニュージーランドといった英語圏の人気の留学先はあります。しかし、これらの留学先は物価が高くコストの問題があります。そうしたコスパを考えるにあたって、圧倒的に有利なのがアジアでの英語留学です。

  • 時代とともに変わる、現代の温泉効果がもたらす真実とは?

    日本伝統の健康・美容法の筆頭格としてあげられるのが温泉です。玉の肌へのあこがれを抱いて山奥の秘湯へ足しげく通う女性は、今も昔も絶えることがありません。最近では細かい効能を宣伝文句に使う温泉も増えていますが、実際の効果は時代とともに変化していると、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんは語っています。一体どういうことなのでしょうか。

  • 本はどこに線を引くべき?

    本に線を引く読み方があります。線を引くことによって、次に読む時に、重要な部分をすぐに把握できるメリットがあります。しかし、慣れない人だと、あちこちに線を引いてしまったり、あるいはまったく重要でない場所に線を引いてしまう、そんなこともあるでしょう。

  • バイオフィードバックを高めて肌をよみがえらせる

    自分で自分の肌を触る。誰もがあたりまえにやっていることですが、そのとき肌は「バイオフィードバック」という機能を働かせて、理想の肌を目指しましょう。

  • 「アパマン経営しませんか?」にだまされるな!

    少子化やマイナス金利で、アパートマンション経営に影がしのびよってきていることをご存知ですか?けれど、一軒家に住みたがる人たちは増え、建築費も大幅にダウンしているのです。賢い選択をするためのプロの知恵をお伝えします。

  • 博士号を目指す方法

    大学教授や、あるいはその道のスペシャリストを目指す場合、求められる経歴が博士号です。博士号は、大学院で所定の課程を終了し博士論文を執筆する課程博士と、博士論文を執筆し、それを審査にかける論文博士の2通りがあります。

  • 好きなものをたくさん書き出し、その理由を考えれば、「好き」を発展させられる。

    自分は「何が好きで、何をしているときが心地いいか」を、なるべくたくさん書き出し、それぞれ「なぜこれが好きなのか」考えてみてください。好きな理由がわかれば、もっと「好き」を発展させることができます。

  • 「めんどくさい」はうつの症状?

    毎日当たり前にやれていたことがやれなくなる。何かをするのが「めんどくさい」と思い始めたら、うつの初期症状かも知れません。危険信号は、日常のほんのささいなところにひそんでいます。

  • 近視は遺伝ではない

    日本人は、世界でもダントツに目が悪いという事実をご存知ですか? カナダの総人口を超える、実に4000万人以上の人が、目にかんしてなんらかの悩みを持つといわれています。真の目の情報を、数回に分けてお届けします。視力回復を諦めていた人は、ぜひお読みください。

  • 一生懸命洗いは禁物! うっかりハマる洗顔美容の落とし穴とは?

    美しくなるための情報は積極的に取り入れるべきと言うのが、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんの基本的な考えですが、情報過多に踊らされては元も子もありません。特に気をつけたいのがイメージ作りを目的としたテレビCMや広告の影響。見た目に惑わされることなく、正確な情報を知ってほしいと訴えかけます。

2 / 108 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »