生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 正しい本の読み方とは?

    本を読みたいけれども、どう読めばいいのかわからない、どこから読めばいいのかわからない。そうした思いを持つ人は多いでしょう。なおかつ、この本の読み方は正しいのか、果たして役に立つものなのかと不安に思う人もいるかもしれません。

  • 痛みの治療で最も多く使われる「星状神経節ブロック」とは?

  • ストレスを解消して痛みをやわらげる4つの方法

    痛みは、ストレスによって引き起こされたり、悪化したりします。とくに、慢性的な痛みのある人は、精神的なストレスを感じることでさらに痛みが悪化してしまいます。ここでは、ストレスを解消して、痛みをやわらげる方法を4つご紹介します。

  • 学区の重要さ

    マンション選びは、そこで長期間暮らしていくことになるため、非常に重要な要素です。人生で一世一代の買い物であるともいえるかもしれません。皆さんがマンションを選ぶ基準はなんでしょうか。駅に近いこと、通勤に便利なこと、あるいは日当たりがよいこと、値段との相談も重要でしょう。しかし、もうひとつ大切な要素として学区があります。

  • 「冷え」は痛みの大敵。体を温める5つのポイント

    首や肩のこり、腰痛などを悪化させる大きな原因のひとつは冷えです。体が冷えると、末梢の血管が収縮したり筋肉が緊張したりして、血流が悪くなってしまうからです。逆に考えれば、体を温めて冷えを解消すれば血流がよくなって、痛みがやわらぎます。日頃の生活をちょっと見直すだけで血流は改善することができます。ここでは、体を温めるのに効果的な5つの方法をご紹介します。ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

  • 足がつる!「こむらがえり」は運動と食事で予防しましょう

    ふくらはぎの筋肉が急激に収縮し、つることを「こむらがえり」(腓腹筋痙攣)といいます。今回は、その足がつる原因と対処法についてご紹介します。

  • 肩が痛い!「肩こり」は、肩と首の緊張をほぐしましょう

    多くの人が悩まされ、国民病ともいわれる「肩こり」。ここでは、肩周辺の筋肉の緊張と血流不足が原因の肩こりに、普段の生活で取り入れることできる対処法をご紹介します。

  • 「痛いの痛いの飛んでいけ」には科学的根拠があります

    多くの人は子どもの頃、ちょっとしたケガをしたときに、お母さんが「痛いの痛いの飛んでいけ」といいながらやさしくさすってくれると、不思議と痛みがやわらいだという経験があるのではないでしょうか。これは、子ども向けの単なるおまじないのように思えるかもしれませんが、実は本当に効果があります。

  • 暗い気持ちになっていませんか?「負の精神状態」は痛みの最大の要因になります

    ストレスを溜めると同じ痛みでもより大きな苦痛を感じます。負の精神状態は、私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか。今回は、心と痛みの関係についてご紹介いたします。

  • 「引っ込み思案」は痛みが長引く?!痛みには「人の性格」が関係している!

    痛みは人それぞれで違います。痛みを感じやすいタイプか、感じづらいタイプかということを、「痛がり」や「がまん強い人」といった言葉で表すことがあります。しかし、これはウソや仮病と片付けることはできないもので、患者は本当に痛みを感じているのです。今回は、痛みの感じ方が体質だけでなく、環境、性別、性格の違いでも変化することをご紹介します。

  • その痛み、もしかしたらやばいかも...!激しい頭痛のときは救急病院へ

    経験したことのないような激しい痛みに他の症状を伴う頭痛は緊急性が高く、「くも膜下出血」「脳出血」「脳腫瘍」などが疑われます。 では、それぞれ症状にどういった違いがあるのでしょうか。  今回は、3つの症状の特徴を説明します。

  • 痛みで目が覚めていませんか?夜間の痛みには注意が必要です

    夜、思わず激しい痛みで目が覚めてしまうようなことはありませんか?目を覚ますほどの痛みは感染による炎症やがんが隠れている可能性があり、実は非常に危ない状態です。今回は、知らないと怖い夜間痛についてご紹介します。

  • 痛みは痛みを招く!?〝痛みの悪循環〟とは

    痛みを放置するとどんどん痛くなる場合があります。痛みは”痛みの悪循環”をつくります。それに関係しているのが、自律神経の一つである、交感神経です。痛みがあることで、交感神経が高まり、交感神経が高まることで痛みが痛くなったり広がったりします。交感神経が高い状態が続くと自立神経失調症になったりします。

  • 病院で自分の痛みを的確に伝えられていますか?

    自分の痛みは本人にしかわからないものです。どのように痛みを具体的に表現し伝えるのか、その伝え方ひとつで診断の助けになり、適切な検査も行うことができます。ここでは、病院にいった際に是非使っていただきたい的確な痛みの伝え方をご紹介します。

  • いつまでも続いている痛みに要注意!「急性痛」と「慢性痛」の違いとは

    前回は、急性の痛みである警告としての役割をもつ「必要な痛み」と、単純にいつまでも続いている「不必要な痛み」があることをお伝えいたしました。 ここでは、ただ痛いだけで役に立たない「不必要な痛み」の中でも、いつまでも続いている痛みを「慢性痛」、治療の必要な疾患を「慢性疼痛」として説明していきます。

  • 『アウフォト』とは何か?

    使い捨てカメラが密かなブームといわれています。スマートフォンや、コンパクトなデジタルカメラでいつでも写真が撮れる時代にあえてフィルムカメラで撮影することで、現像するまで何が映っているのかわからないという楽しみ方があるようです。

  • 「必要な痛み」と「不必要な痛み」ってどういうこと?

    痛みは、体の危険や異常を知らせる警告信号の役割を持っています。 痛みの警告信号によって、病院に行ったり、薬をのんだり、安静にしたりと、その痛みの原因になっている病気を治すための行動をとることができるのです。 今回は、痛みは体にとってなぜ必要なのかをご説明いたします。

  • フィードバックの重要さ

    フィードバックという言葉をよく目にします。これは、電気回路において、出入力に変化を持たせるという意味があります。転じて、心理学や教育などで行動の結果などを修正していく仕組みに対しても使われます。ネットのライティング作業などにおいては、修正点の指摘などについて使われます。さらに、最近では、上司の部下に対する指導としてもフィードバックという言葉が使われます。

  • 本はゆっくりと読むべし

    本を読みたいけれども、すぐに飽きてしまってなかなか読み進められないという人はいるでしょう。一般的に本は早く読むことが良しとされていないでしょうか。いや、そんなことはありません。本は、ゆっくりと読む方が味わえるのです。

  • 勉強は「捨てる」ことが大事?

    勉強は、受験が終わっても一生続いてゆきます。資格試験の勉強や、あるいは会社の仕事にまつわる勉強などさまざまなタスクがあります。しかし、社会人になってからの勉強時間はそう多くは確保できません。平日は、夜は疲れて帰ってきて寝てしまうことがほとんどでしょう。休日にまとめて勉強すればいいやとなっても、こちらも平日の疲れを取るのに費やされることもしばしばです。

2 / 117 « 先頭 1 2 3 4 5 6 最後 »