生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 人を見抜く方法とは?

    人を見る目というものは常に身につけておきたいものです。しかしながら、それはなかなか一朝一夕に身につくスキルではありませんよね。そこにおいては、ある程度の力というものが必要になり、さらに感覚も大切にしていかなければいけません。

  • 決済通貨とは何か?

    決済通貨と呼ばれるものがあります。これは国際間の取引に使われる通貨を指しています。現在は仮想通貨などが普及していますが、依然としてキャッシュ、現金を用いる文化が強いとも言えるでしょう。

  • ゆるやかに生きるには?

    毎日を忙しくなく生きていて、このままでいいのかと思う人は少なくありません。もう少し心に余裕を持ちたいのだけれども、なかなか思うようにはいかないものだと諦めてはいないでしょうか。

  • 人はなぜタバコを吸うのか?

    喫煙者というのは年々減りつつあります。それでも喫煙者がタバコをやめないといった現象は広くあると言えるでしょう。タバコをやめる理由としては経済的な問題や、あるいは健康を考えてのことといったさまざまです。しかし、それはその人固有の理由であって、それが広く言われているものだとしても俄かには信じがたいこともあるでしょう。

  • 神メンタルを手に入れる

    仕事や学業、あるいは私生活全般などにおいて困難が立ちはだかることは多いでしょう。そうした時に、もう少しメンタルが強ければよかったのに、と思わず後悔してしまう人はそれなりにいるのではないでしょうか。なぜ、もっと強くなれないのか、と思った時に読む本があります。

  • 感情を科学的にコントロールする

    感情というのは、自分の内面から湧き上がってくるものだといったイメージがあります。しかしながら、場合によってはしっかりとコントロールすることも可能です。特に、怒りに関するアンガーコントロールは、様々な場面で必要なものだと言えるのではないでしょうか。

  • 奥深き古本趣味の世界

    古本屋めぐりが趣味という人は、デジタル全盛の現代にあっても一定数います。人はなぜ古本屋へ行くのでしょうか。さらに断捨離といった言葉とは無縁の、読むはずのない本をなぜ積み重ねていくのか。そうした奥深い古本趣味の世界を描いた良作がカラサキ・アユミによる『古本乙女の日々是口実』(皓星社)です。

  • ビザ免除のミャンマーはどんな国?

    2018年10月1日より、ミャンマーの観光目的の入国に関してビザ免除がスタートしました。これまでミャンマーを旅行するにあたっては、ホテルや航空券の予約といった予定をすべて提出してのビザ取得が必要とされていましたが、それがなくなったのです。

  • 喫茶店、昔の利用法は?

    現在はカフェと言い換えられることも多くなった喫茶店は、日本では昔から存在する文化の一つです。昔は現在のようなチェーン店の喫茶店やコーヒーショップばかりではなく、それぞれの独自のメニューや味わいのある喫茶店が多くありました。当時の喫茶店はどういうふうに利用されてきたのでしょうか。

  • 大学院で学ぶには?

    大学を何となく卒業してしまったけれども、もう一度勉強をしてみたいという思いを抱えている人は多いかもしれません。そうした人におすすめなのが大学院です。現在は、働きながら学べる社会人向けの大学院が多く開講されています。

  • コーヒーの歴史を知る

    歴史というのはあらゆるアプローチが可能です。ある特定のトピックから、歴史を広げていくというのも面白い視点ですね。そうした本は、どこにどういう風な着眼点を置くかがひとつのポイントになってくると言えるでしょう。

  • 勘違いさせる力の大切さとは?

    ふろむだによる『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』(ダイヤモンド社)はなかなか挑戦的なタイトルの本です。しかしよくよく考えると「勘違いをさせる力」は重要ではないでしょうか。それは、ある意味では「騙したもの勝ち」といった見方もできるでしょう。もちろんこれはポジティブな意味で、ということになりますので犯罪的なものは含みません。

  • 大学の実力を知る

    大学選びにおいてポイントとなるのはどういったことなのでしょうか。やはり、どのような実力があるのかといった部分なのではないでしょうか。いわゆるお得な大学というべきものを探せるかもポイントであると言えるでしょう。

  • 英単語の語源を知る

    英単語はどのようにして覚えるでしょうか。アルファベットの文字列を追いながら、同時に意味を理解している人がほとんどではないでしょうか。それはまさしく暗記という作業そのものだとも言えるでしょう。

  • 大学、専門学校なぜ90分?

    大学や専門学校の授業単位は、1時間半、90分が標準的です。これより長い場合や短い場合などもありますが、45分や50分授業に慣れていた高校までからすると、ずいぶん長いように思われます。これはなぜなのでしょうか。

  • タイ語とラオス語の関係

    タイ語とラオス語は近しい関係にあると言われています。特別な学習を必要とせず、双方の人々が意思疎通できる言語とされていますが。どのような関係性があるのでしょうか。

  • 知の体力とは何か?

    仕事や勉強はもちろん、生きるために体力は必要なものです。やはり何があっても体力が第一にあると考えられるでしょう。しかしながらこの体力というものは、必ずしも肉体、フィジカルに接続されるものばかりではありません。頭の体力というべきものも、時には重要になってくると言えるでしょう。

  • 「気づき」の重要さ

    生活をする上で、気づきがあります。これまでの自分の生き方や考え方を気づきによって捉え直すといったことはよくあるでしょう。

  • 大学と大学校の違いは?

    大学とは別に、大学校と呼ばれるものがあります。防衛大学校や、航空保安大学校、気象大学校といった学校がよく知られています。これらの大学校は専門の職業者育成のための学校で、募集人数も少ないです。一般人にとっては謎に包まれた存在と言えますが、この大学と大学校はどのような違いがあるのでしょうか。

  • 海外旅行にはラジオがおすすめ?

    海外旅行をするにあたって、持っていった方が良いアイテムは様々ですが、そのひとつがラジオです。

3 / 129 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »