生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 神秘の国ミャンマーをプチ体験

    ミャンマーといえば、東南アジア最後のフロンティアといわれています。入国に関してビザが必要であり、さらに外国人の国内移動も制限が加えられていることもあって、気軽に訪れることができない国のひとつになっています。

  • 誰でもできる時間管理

    いつも時間に余裕がない…時間に追われて一日が終わってしまう。でも、同じ24時間なのに、一日にとても多くの仕事をこなしている人もいます。「時は金なり」。結果に大きな違いを生む、簡単な時間管理のコツをお教えします。

  • 毛穴の詰まりは取れば悪化する

    鼻のまわりに貼り付ける「毛穴パック」を試したことがありますか?実は、「毛穴パック」を繰り返していると、毛穴の詰まりはがんこに居座るようになり、もっと毛穴が目立つようになるのです。毛穴に悩む人は、ぜひお読みください。

  • 70年代の教育と滝山コミューン

    コミューンという言葉はいまや聞きなれないものとなっていますが、かつてはよく用いられていました。ヒッピーたちが山奥などに集団で移住し、そこで共同生活を送る場所を指してそう呼ばれます。ある種理想的な場所ですが、その分共同体の意識も強く、そこから一歩外れた人間は攻撃の対象となることもあります。そんな世界を描いた本が政治学者の原武史による「滝山コミューン一九七四」です。

  • インドネシア語なぜ簡単?

    インドネシア語は、世界一習得が簡単な言語といわれています。なぜ簡単なのでしょうか。

  • 教育は洗脳である?

    教育とは何なのでしょうか。学校生活を考えてみましょう。いま思い返してみれば良い思い出という人もいれば、あの時味わった嫌な体験はもう二度としたくないという人もいるでしょう。

  • 20~50代の女性に増え続けている「いぼ」

    20〜50代の女性の間に、急増している肌トラブルをご存知ですか?それは、顔や首にできる「いぼ」です。これは、皮膚の免疫が低下しているのではないかと考えられます。深刻な「いぼ」に関する大切な知識をお届けします。

  • 下読みとは何か?

    小説の新人賞には多いものだと何千通もの応募があります。その中から、受賞作となるものは多くても1作か2作です。1000通応募があって、1作の受賞の場合は実に倍率1000倍です。新人賞はどのようにして選ばれるのでしょうか。

  • 目にいい食べ物は?

    毎日のちょっとした生活習慣で、体の自然治癒力を高め、視力を維持・回復することができます。エクササイズ以外で大切なのは、やっぱり食生活。目にいい食べ物の取り方、食生活改善のヒントをお届けします。

  • 日本人のお悩みトップは「しみ」

    肌のしみを隠すことに苦心し、「これさえなければ自信が持てるのに」と、ため息をついていませんか?しみを気にする人は20〜80代まで幅広く、日本人のお悩みトップ。そんなしみについて、美容皮膚の専門家が答えます。

  • クレーム対応の鉄則

    仕事でいちばん大切なのは信用です。でも、思わぬところでクレームが起きることも少なくありません。そんな時、うろたえて感情に流されると取り返しのつかないことにもなってしまいます。クレームにはどう対応するのがベストなのでしょうか。

  • 副作用なしで目が良くなる方法

    呼吸。酸素。自律神経、血流改善。視力を回復するためには、対処療法よりも体の根本改善が大きな効果をもたらします。副作用のない、気軽にできて毎日続けられる目が良くなる方法を取り入れてみませんか?

  • 肉食系男女交際のススメ!? 特大の愛に挑戦しよう

    デートといえば、一緒に遊ぶ、一緒に食べる… とにかく二人で楽しい時間を共有したいですよね。 特に、食事は二人の距離感をグッと近づける山場。 ファミレスや居酒屋でまったりもいいけれど、 まったく新しいカタチのワクワクグルメをご紹介します!

  • 結婚と株式投資は似ている?

    結婚とは人生において大きな決断であることは確かでしょう。それは同時にリスクともなることがあります。結婚を株式投資と同じと延べるのが藤沢数希による『損する結婚 儲かる離婚』(新潮新書)です。

  • ストレスでも毛穴は詰まる

    ご存知ですか?ストレスによって副腎皮質ホルモンや男性ホルモンが多く分泌し、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴の詰まりやニキビの原因になります。大人ニキビもその一つ。ストレスに負けない美肌の維持対策法をお教えします。

  • 会社に行きたくないときは?

    毎日通う会社に行きたくないのは、はっきりとした理由というより、心の疲れが原因ではありませんか?憂うつさを吹き飛ばす元気を取り戻しましょう。心を軽くして仕事が楽しくなるヒントをお教えします。

  • 90%の視力が回復した方法

    「視野が明るく広くなった」「ドライアイが軽減した」「室内の人やものが、濃く見えるようになった」…驚きの効果を実感できる、たった一回でも視力が回復する「タッピング」の方法を公開します。

  • 10年後、20年後の将来設計を考えよう

    今を懸命に生きることも大切。でも、未来は確実にやってきます。たとえ何歳になっても必要なのは、未来の自分を想像する力です。賢い将来設計は決して損にはなりません、老後はまだ先だと思っている人も、早く始めるほどおトクです。

  • カレーはなぜ辛い?

    素朴な疑問としてカレーはなぜ辛いのでしょうか。もちろん、辛くないカレーもありますが、スパイシーな香りはただよっています。

  • エリートを倒すにはどうすればいい?

    プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズで活躍し、WBC日本代表にも選ばれた、元プロ野球選手、里崎智也によるビジネス本が「エリートの倒し方:天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50」(飛鳥新社)です。

4 / 115 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »