生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 習慣とは何かを考える

    新しいことをはじめようとするときに、立ちはだかる保守的な意見としては、これまでの前例がないというものがあります。それは確かにそうだとしても、そればかりではつまらないなと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。若くて野心的な意見を持っている人ならばなおさらです。

  • 持たない幸福論とはなにか?

    今の世の中で生きていくにあたって、働きたくない、といった思いはダメな思考とされています。社会に寄生して生きていくのかといった批判も加えられます。さらにはほとんどの人は家や車のローンを抱えて、それであるがゆえに自由に生きられないといった悩み、あるいは諦めを抱えていることもあるでしょう。

  • やらなくていいリストとは?

    現代には情報が溢れています。その分、あれもやらなければ、これもやらなければといったことが常に目の前に提示されていると言えるでしょう。しかし、残念なことに時間は有限です。目の前のトピックを追いかけるだけであっという間に時間が過ぎていってしまうこともあるでしょう。

  • ビエンナーレ、トリエンナーレどう違う?

    美術展などでよくビエンナーレや、トリエンナーレといった言葉が使われています。これはいったいどういった意味なのでしょうか。名前は似ていますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

  • 挑戦的スローライフとは?

    スローライフと聞くと、無理のない生活をしながらゆったりと生きるといったイメージを持ってしまいがちです。しかしながら、スローライフを実践しながらも、常にチャレンジを続けていくことも大切だと言えるでしょう。

  • ネギトロの由来はねぎ取る?

    ネギトロは人気の寿司ネタでしょう。マグロを叩いてペースト状にして、ネギなどを添えていただくものです。お店では軍艦巻きのほか、細巻きや丼ものとして提供されることもありますね。

  • アカデミックドレスとは?

    大学の卒業式の記念写真などにおいてガウンや四角い帽子をかぶる姿を見たことのある人は多いでしょう。これは、アカデミックドレスと呼ばれるものです。

  • 日経新聞を読めるようになるには?

    日経新聞、日本経済新聞は社会人の必読新聞だと言われています。就職活動のために目にすることが必要だということもありますが、日経に馴染みがない人にとってはよくわからないでしょう。かねてより日経新聞が読めるようになれば、一応は会社員として一人前だとも言われています。

  • 禅トレをきわめよう

    メンタルがなんだか優れない。すぐにイライラとしてしまう。そのせいで仕事に集中できない。そのような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。そうした感情のコントロールはビジネスにおいては基本的なことではあるのですが、なかなか実行に移すことができませんよね。

  • ブルーハワイの由来は?

    夏の風物詩といえばかき氷でしょう。削った氷にお好みのシロップをかけて食べるおなじみの食べ物です。さて、このかき氷のシロップには緑色のメロン味や、赤色のイチゴ味などがあります。しかし、実際に果汁は入っておらず、なんとなくそういう味がするというものが大半です。

  • 家庭医は地域も診る

    患者本人からその家族まで診るのが家庭医の仕事。でも、それだけにとどまらないと、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言います。ただ診療室に座って患者を待つばかりでなく、その町一帯を回り、地域医療の底上げにも寄与する家庭医は日本各地にいるのです。それは、ひいては日本全体の地域医療の未来にも関わる仕事だと、小坂さんは強調します。

  • かかりつけ医の見つけ方

    こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんのこれまでの話から、患者一人だけでなく家族全体を診る家庭医が、今後ますます必要になってくることは理解できたかと思います。自分も家庭医の世話になりたいと思い始めている方も多いでしょう。しかし、家庭医に認定された医師は現在、日本には700人足らず。ムダな通院を減らすための、自分にあったかかりつけ医の探し方を押さえておきましょう。

  • 家庭医が考えるサプリと偏食

    日本人ほど健康への知識欲が旺盛な国民はいないと言います。テレビの健康番組は人気化しやすい傾向にあり、街の書店では健康関連書籍コーナーに大きな面積が割かれがちです。しかし、そうした知識は、実際どこまで必要なのか?ここではサプリの正しい知識と偏食について、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんのアドバイスをもとに見ていきましょう。

  • 家庭医は終末医療もケアする

    患者1人だけでなくその家族全体、ひいては家の構造への気配りまでが家庭医の仕事の範疇だという、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さん。であれば、自ずと家族の一員の最期に関わることにもなります。そしてその日は、突然やってくるのです。

  • ストレッチに学ぶ疲労回復

    きちんと休んでいても体がなんだかだるい、思ったように動かない、といった疲労を感じる人は多いでしょう。特に年を重ねるごとに、そのだるさや倦怠感はいっそう高まってくるのではないでしょうか。

  • 家庭医は家族全体を診る

    家庭医の仕事はその名が示す通り、その患者一人だけを対象としたものでなく、家族全体を診ることを意味すると、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。その家族がどんな状況にあっても、家族を構成する一人ひとりが必ずどこかで影響し合っているというわけです。

  • 家庭医はストレスの強い味方

    総合力を強みとする家庭医には、精神疾患やストレスを訴える患者も頻繁に訪れるといいます。特にストレスの悩みを抱えているのは、20〜30歳代の比較的若い年代に多いようです。社会人になって日が浅く、仕事や人間関係で壁にぶつかることなどが原因と思われますが、ストレスがたまるほど、医療機関を転々とするドクターショッピングに流れる傾向が強くなると、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。まずは、小坂さんの体験談を見てみましょう。

  • 家庭医を支える信頼関係

    家庭医にとって重要なのは患者との信頼関係だと、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さんは言っています。患者の病気だけでなく、心のケアまで手広く行い、しかも家族ぐるみで長い付き合いを続けるには、患者に信用されることが大前提というわけですね。それは診察をよりスムーズにさせ、病気予防にもつながります。この信頼関係が医師と患者双方の負担を減らすことになるのは容易に想像できるでしょう。

  • 家庭医はもっと身近になる

    家庭医は、専門医の垣根を超えた網羅的な知識と技能を武器に、病状から悩み事などの心理面、生活習慣など患者が抱える包括的な問題を診断する“プロの見立て屋”だと語る、こさか家庭医医療クリニックの小坂文昭さん。家庭医は、今は「隠れた存在」ながら、今後ますます身近な存在になっていくと期待する一方、複雑な問題も横たわっているようです。

  • 「家庭医」は日本の医療を変えるカギ

    「家庭医」をご存知でしょうか?聞いたことがあるようで、改めて聞かれるとよくわからないという方が多いかもしれません。大まかに言えば、ケガから病気、原因がはっきりしない痛みや、女性ならではのトラブル、時には心理面まで面倒を見る、総合かかりつけ医といったイメージです。専門医と何が違うのか、なぜ、今「家庭医」に注目すべきなのか、自らが家庭医を名乗る小坂昭文さんはその必要性を訴えます。

5 / 129 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »