生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • ロシア語世界のどこで話される?

    ロシア語は、ロシアの公用語です。ロシア以外の場所でも通用する場合があります。世界には英語圏のほか、フランス語圏、ドイツ語圏、スペイン語圏などがありますが、ロシア語圏というべき場所も存在するのです。

  • いまや「幼活」の時代

    世の中には「○○活」と呼ばれる言葉が多くあります。もともとは就職活動を略した就活といった言葉からはじまったものが、同じひびきだがまったく意味の異なる終活や、婚活あるいは朝活といった言葉も登場しました。その中で、子どもの幼稚園選びを指す「幼活」なる言葉も登場しました。

  • 「事典」を活用してみよう

    わからないことがあった場合、何をするでしょうか。ほとんどの人はスマートフォンで検索をかけるでしょう。しかし、かつては辞書や事典を用いて、調べることを行っていました。百科事典という言葉がある通り、そこには知識が詰まっています。

  • 「豊かな青春、惨めな老後」とは?

    タイのバンコクの安宿にある落書きが残されていました。「豊かな青春、惨めな老後」なんとも、核心をついた一言です。さらにこの落書きには前段階があり「金の北米 女の南米耐えてアフリカ 歴史のアジア何もないのがヨーロッパ」とも書かれていたといわれています。これは言わずもがな、世界を飛び回るバックパッカーたちに向けた言葉でしょう。

  • 香港の屋上生活は快適?

    香港といえば、世界でもっとも人口密度が高い場所のひとつです。香港は、高度に都市化がなされており、いわゆるスラムと呼ばれるような場所が存在しないように見えます。香港のスラムといえば、九龍城がよく知られていますが、すでにこの場所は解体されています。

  • 国会図書館なぜ地下8階?

    国会図書館は、18歳以上ならば誰でも利用可能な施設です。本や雑誌などが多く所蔵されており、なかには国会図書館でしかお目にかかれないレア資料もあります。そんな国会図書館は、多くの書庫を抱えています。中でも、新館は地下8階まであることで知られています。なぜ、これほど深い場所にあるのでしょうか。

  • 大学1年生をどう過ごす?

    高校生から大学生となった時に、遭遇する違いはなんでしょうか。まず大学は圧倒的に自由です。さらに不干渉です。授業をサボっていても何もいわれません。その代わりに授業についていけなくなったり、出席が足りなくなって留年することになってもすべてが自己責任となってしまいます。

  • オーストラリアに猫はいなかった?

    オーストラリア政府が、2020年までに200万匹の野良猫の殺処分を検討しているとして動物愛護の観点から批判があがっています。一方でオーストラリア政府は絶滅危惧種を守るために必要な措置であると主張しています。確かに、もともとオーストラリア大陸には猫は存在せず、人間が持ち込んだ「外来種」であり、害獣として扱われています。

  • 本棚へこだわってみる

    あなたは本棚をどのように活用しているでしょうか。雑誌や本を適当に入れている。お気に入りのマンガ本はきっちりと並べてある。あるいは本棚に並べるほど本を持っていない。さまざまな事業があるでしょうが、本棚はいわばその人の頭の中のアウトプットでもあるといえるでしょう。

  • 文系と理系の歴史は?

    日本の場合、大学進学にあたり文系と理系を区別します。しかし、このことが学問の範囲を狭めているのではないかと批判もなされています。近年では学際系と呼ばれる、文系と理系が融合したような学問も増えています。

  • そうめんレシピを使いこなす

    忙しいビジネスパーソンや学生にとって、食事をめぐる問題は案外やっかいなものです。外食で済ませてしまおうと思っても栄養は偏りがちです。かといって自炊をする時間はない。そんな人におすすめなのが、そうめんを使ったレシピです。

  • スイカに塩は世界にもある?

    夏の風物詩といえばスイカでしょう。このスイカには塩をかけると甘みが増すといわれています。これは対比効果と呼ばれるものです。さらに、甘みを引き締めて、しっかりとした味にする効果もありますね。このスイカに塩のような食べ方は世界にも存在します。

  • ひらめきや直感は大事?

    ビジネスや、勉強、あるいは人生の選択などにおいては良く悩むことが大切だといわれます。確かに、長く考えることによって、堅実な結論が出る側面はあるでしょう。しかしながら、ひらめきや直感といったものも、ある意味では正しいこともあるのです。

  • 格安航空券のはじまりは?

    気軽な海外旅行をするにあたって欠かせないものが格安航空券です。航空券というのはもともと高いもの。正規の航空運賃を支払う場合、数十万円することもしばしばです。しかし、格安航空券ならば数万円で往復が可能です。そんな格安航空券にはどのような歴史があるのでしょうか。

  • ビジネス書のエッセンスを2分で理解

    ビジネス書は、ビジネスマンにとっては必読文献ともいえるものです。しかしながら、時間のない人にとって文字の列を追うことはなかなか難しい作業であるといえるでしょう。途中まで読んだとしても、それまでの内容を忘れてしまうこともしばしばです。

  • 料理から歴史を学ぶ

    料理というのは日常生活には欠かせない行為です。いまは、スーパーやコンビニエンスストアなどで、出来合いの料理を買うことができます。さらにファミリーレストランやファーストフードなどの外食店も充実しています。そうした時代において、ないがしろにされがちなのが料理の歴史であり、素材の歴史でしょう。いま、この手元にこの料理がある理由、素材がある理由を探ると、楽しみが広がるものでしょう。

  • 相手を知るコミュニケーション

    コミュニケーション能力は日常生活や、仕事などで常に求められるスキルです。しかし、コミュニケーションスキルほどあいまいで難しいものはありません。マニュアルが通用しない世界でもあるといえるでしょう。

  • 朝と夜に習慣を作る

    あなたには日常生活において習慣はあるでしょうか。毎日の生活の中に習慣を位置づけることで、メリハリのきいた生活が生じます。

  • 世界で三番目に高い山は?

    世界一高い山といえば、中動くとネパールにまたがるエベレストです。標高8848メートルです。エベレストとは、ネパール側の呼び名で、中国側ではチョモランマと呼ばれています。

  • 韓国にマックスコーヒー売ってる?

    マックスコーヒーは、もともと千葉県限定の飲み物として知られていました。コーヒーといっても甘いテイストなので、子どもが飲んでもOKな、飲み物とされていました。マックスコーヒーは利根コカ・コーラボトリングのプライベートブランドなため、千葉県限定ではなく茨城県や栃木県でも発売されていました。それでも千葉県イコールマックスコーヒーのイメージは強いでしょう。「木更津キャッツアイ」の中で登場したことで知名度をあげたともいえます。

5 / 117 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »