生活・人生

日々の生活で必要な掃除、洗濯、整理などの家事、食べ物や飲み物の食品情報、会話によるコミュニケーション、旅行、恋愛、家族など生活・人生に役立つ情報を紹介します。

  • 本はどこに線を引くべき?

    本に線を引く読み方があります。線を引くことによって、次に読む時に、重要な部分をすぐに把握できるメリットがあります。しかし、慣れない人だと、あちこちに線を引いてしまったり、あるいはまったく重要でない場所に線を引いてしまう、そんなこともあるでしょう。

  • バイオフィードバックを高めて肌をよみがえらせる

    自分で自分の肌を触る。誰もがあたりまえにやっていることですが、そのとき肌は「バイオフィードバック」という機能を働かせて、理想の肌を目指しましょう。

  • 「アパマン経営しませんか?」にだまされるな!

    少子化やマイナス金利で、アパートマンション経営に影がしのびよってきていることをご存知ですか?けれど、一軒家に住みたがる人たちは増え、建築費も大幅にダウンしているのです。賢い選択をするためのプロの知恵をお伝えします。

  • 博士号を目指す方法

    大学教授や、あるいはその道のスペシャリストを目指す場合、求められる経歴が博士号です。博士号は、大学院で所定の課程を終了し博士論文を執筆する課程博士と、博士論文を執筆し、それを審査にかける論文博士の2通りがあります。

  • 好きなものをたくさん書き出し、その理由を考えれば、「好き」を発展させられる。

    自分は「何が好きで、何をしているときが心地いいか」を、なるべくたくさん書き出し、それぞれ「なぜこれが好きなのか」考えてみてください。好きな理由がわかれば、もっと「好き」を発展させることができます。

  • 「めんどくさい」はうつの症状?

    毎日当たり前にやれていたことがやれなくなる。何かをするのが「めんどくさい」と思い始めたら、うつの初期症状かも知れません。危険信号は、日常のほんのささいなところにひそんでいます。

  • 近視は遺伝ではない

    日本人は、世界でもダントツに目が悪いという事実をご存知ですか? カナダの総人口を超える、実に4000万人以上の人が、目にかんしてなんらかの悩みを持つといわれています。真の目の情報を、数回に分けてお届けします。視力回復を諦めていた人は、ぜひお読みください。

  • 一生懸命洗いは禁物! うっかりハマる洗顔美容の落とし穴とは?

    美しくなるための情報は積極的に取り入れるべきと言うのが、海老名皮ふ科クリニック院長・天野彰人さんの基本的な考えですが、情報過多に踊らされては元も子もありません。特に気をつけたいのがイメージ作りを目的としたテレビCMや広告の影響。見た目に惑わされることなく、正確な情報を知ってほしいと訴えかけます。

  • 第二外国語、何を選ぶ?

    大学はカリキュラムによっては第二外国語が設定されています。第二外国語で学ぶ言語はフランス語、ドイツ語、中国語が主でしょう。ほかにもお隣の韓国語、中南米で広く使われているスペイン語などを学ぶ人もいます。第二外国語を学ぶにあたり、注意点を考えてみましょう。

  • 女性のデリケートゾーンのアンチエイジング

    出産を経験した女性によくある身体の変化。特にデリケートゾーンについては誰にも相談できず、人知れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。皮膚科によるデリケートゾーンのアンチエイジングについてご紹介します。

  • なぜ、今、戸建て賃貸投資なのか?

    老後も安定した不労所得を得られて、依然として人気の高い不動産投資。現在はアパマン投資が盛んにPRされていますが、アパマン経営で本当に大丈夫なのでしょうか。サラリーマンでもOLでも高齢者でも、誰でも戸建て賃貸投資ができるノウハウを数回に分けて公開します。

  • 30代の人生設計の重要さ

    かねてより40歳は「不惑」の年といわれてきました。人生において自分の立ち位置や方向性が見定まり、迷いがなくなるといわれる年齢です。確かに、ここから新たなチャレンジを行うことはかなり難しくなるといえるでしょう。40代を迎えるにあたり大切なことは、30代までに人生設計を定めることでしょう。

  • 集中力にも種類がある?

    仕事や勉強に集中したいけれども、気が散ってしまい、なかなかできない、やる気も起きない、そんな人は多いでしょう。そもそも集中するとはどういう状態を言うのでしょうか。集中をめぐる素朴な疑問に向き合った本が 森田敏宏による『東大ドクターが教える集中術』(小学館新書)です。

  • 浮かんでくる感情を押さえ込まず、自分を知るチャンスにする

    自分の感情を押さえ込まないことは「自分らしく幸せに生きる」ための最初のステップ。なんらかの感情が浮かんだときは「自分を知るチャンス!」と思い、自分の内側に問いかけてみましょう。

  • 「プチ整形」より「プチ満足」、美容皮膚科という選択肢

    いわゆるプチ整形がブームになるなど、美容整形の世界もかつてに比べて随分お手軽になりました。美人になるための情報を追い求めているとき、整形が選択肢に入ってくるのもごく自然のことでしょう。でも、皮膚科の専門医、天野彰人さんは、美容外科のお世話にならなくても自然な美人でいることはできると、明言しています。

  • あなたにあった美容皮膚科を選ぶコツ

    美容皮膚科の患者さんの中には、期待通りの医療を求めて、ドクターを探してさまよう「皮膚科難民」がいます。自分にぴったりのドクターと巡り会うために、いったい何を基準に考えたらいいのでしょうか。

  • 実際に住んでみてわかること

    家は住んでみてはじめてわかることがあります。  実際に建てた家を訪問見学させてもらうことが、良い施工業者選びのコツです。  最後に、冒頭から一貫して述べていることですが、あなた自身が、家づくりの期間中はとことん楽しんで一緒に考え、設計士に相談し、参加すること、が大切なのです。

  • 「きょうだい」分析を仕事に応用する

    仕事において大きなウエイトを占めるのは人間関係でしょう。ビジネス書においては、仕事の人間関係にまつわる書籍が多く出ています。その中で、新しい視点を提示しているものが五百田達成による『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • 予備校選びの基準は?

    いまや大学入試は受験勉強をして入る一般入試よりも、推薦入試の比重が高くなっています。それでも、難易度の高い大学を目指す場合は、いぜんとして勉強による受験対策が必要だといえるでしょう。勉強は自己流でもできますが、ほとんどの人は予備校へ通うのではないでしょうか。

  • 自然のポジティブなエネルギーを受け止め、癒してもらう

    自然は、ポジティブなエネルギーを発しています。疲れて一休みしたいときなど、自然に親しんで癒してもらいましょう。何も期待せずに、無心になってその場に身を置くのがポイントです。

5 / 111 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 8 9 最後 »