生活・人生

  • むなしさの心理学とは?

    むなしさというのは、自分の中において、常に湧き上がってくる感情なのではないでしょうか。それは、ふとふりかえってみればむなしさを感じていたといった体験は誰しもあるといえるでしょう。特に中高年においては、若いころから努力を重ねてきたにも関わらず、なにもむくわれない、なにも充足しないといった体験がむなしさのトリガーとなって自分におそいかかってくるといった体験がうまれます。

  • 速読脳トレとは?

    読書というのは身近な行為ですが、そこにおいて頭を鍛えるといったこともできます。そのテクニックのひとつが速読です。

  • 国会図書館なぜ18歳以上?

    国立国会図書館は、日本随一の蔵書数を誇る場所です。特に散逸しやすい昔の新聞や雑誌といったものを比較的網羅しているため、まとめた調べ物があるという人には便利な施設だといえるでしょう。しかし、国会図書館には利用制限があり満18歳以上でなければいけません。

  • 7日間で最強メンタルを作る

    自分のメンタルをどうにかして変えてみたいといった人はいるでしょう。なぜか、仕事をする上や日常生活をする上においては、そうしたメンタルが邪魔となることもありますからね。しかしながらこうしたメンタルというのは、うまく作り上げることもできるのです。

  • 心がつながるのが怖い?

    現在の人は孤立を深めているといわれています。寂しさをかかえていながらも、それは、どこかつながりたいといった思いがある。それであるとしても、なかなかうまくいくことがないといったジレンマがあるといえるでしょう。

  • 天才と発達障害の関係は?

    発達障害というのは何らかのネガティブなイメージがともないます。しかしながら、一方においてはそれが特殊な能力として開花することもあるとはよくいわれていることですね。それが実際にあったものであると鮮やかに証明しているのが、岩波明による『天才と発達障害』(文春新書) です。

  • 繊細さんのための本

    繊細な人というのがいます。これは良いこととされているのですが、社会生活を送っていく上においては、場合によってはデメリットとなることもあります。それはやはりあるものとしては、人よりも気づくことが多すぎてかえって気になってしまうといったところがあるでしょう。

  • 教育格差を考える

    教育というのは日本においては三大義務のひとつに数えられます。教育を受ける権利であり、保護者にとっては受けさせる義務となっています。この義務教育というのは小学校の6年間と中学校の3年間とさだめられています。教科書も無料で支給されます。さらにほとんどの人はその先の高校へ進学することがほとんどです。

  • 怒らないためにどうすればいい?

    アンガーマネジメントと呼ばれるものがあるのはよく知られているのではないでしょうか。いわば怒りのコントロールというべきものである。もちろん怒りというのは人間本来が持ちうる感情の一つであり、かなり原始的な感情を持ちうるものでもあろう。それゆえに怒りを発露しないことには、内部へ貯め込むことになり、それはやがてマグマとなりて、外へ放出されることによって、甚大な被害をおよぼす想像力というものがあるがゆえに、怒りというのは、良きものであり、あるいは正当な感情の発露であるともいわれます。

  • ナリワイの作り方とは?

    ナリワイと呼ばれる言葉があります。感じで書けば生業ですね。せいぎょうとも読めます。生きる仕事といった意味として取ってもらって良いでしょう。

  • 日本人最大の悩み?腰痛の正体を徹底追求する

    日本は世界有数の腰痛大国と言われています。日本整形外科学会による全国調査では、約3000万人、実に日本人の4人に1人が何らかの腰痛に悩んでいるということになります。しかも、この内の8割以上の人が「なんで痛いのかわからない」と答えているそうです。ご自分の周りにも(もしくはご自身も含め)、常日頃「腰が痛くて」と口癖のようにつぶやいている人、いるのではありませんか?

  • 仕事と人間関係を良くするには?

    仕事をはじめとする人間関係がうまくいかないと悩んでいる人は多いといえるでしょう。これは、マニュアルといったものがありませんので、まずどう動けばいいのかといったことがそこにおいては悩みとして生まれるのかもしれません。

  • モノが少ない幸せとは?

    断捨離をしたいのだけれども、なかなか実行に移せないといった思いを抱えている人は多いのではないでしょうか。いつか、それを使うことになるかもしれないから、といった前提から考えてみると、確かにそれはもったいないといった精神につながってしまうのは確かですね。

  • 必要十分生活とは何か?

    生活をするにあたって、どういった空間やものが最適なのでしょうか。服をいっぱい持っていたとしても、いつも着ているのは何着かに限られています。食器がたくさんあったとしても主に外食がメインの場合は、なかなか使う機会がないといったことはよくありますね。生活のまわりを見渡してみると、けっこうな量の無駄があることに気づきます。

  • ひとりで頑張らない本?

    ひとりで頑張るというのは、よく求められるプレッシャーではあるといえるでしょう。それはひとつのいわゆる理想像として掲げられることがあったとしても、それは理想であるからして、かなえられることが困難であるという条件もあるわけで、誰もがそれをスムーズにできることはないのだということは頭ではわかっていたとしても、情報化社会がそれをあおってくるという現状もあるわけで、なかなかつらいものがあるのは確かですね。

  • 大好きなことを見つけるには?

    仕事な土を続けるには好きなことを見つける、仕事を楽しむというのが良いとされています。それは、一見するともっともなことを言っているようでいて、なかなか真実にたどりつくのが難しいというのもあるでしょう。

  • 点数稼ぎ勉強法とは?

    勉強法というのはさまざまな方法があります。自分にあったものを探してみるというのが大事ではあるでしょう。それでも、その中にはある法則というべきものもそこにはありますね。それは試験においては王道パターンをどのように踏襲すべきかというところでもあります。

  • 18歳からの教養とは?

    学校の勉強とは別に、教養と呼ばれるものがあります。これはどういったものとして定義されるでしょうか。高校時代までの勉強は教科書に記されたものを覚えて、テストでアウトプットしていくものとしてとらえられるでしょうね。そこにおいては、勉強というものが定義づけられるでしょう。それは数学は数学、国語は国語として教科としても分類されています。さらには、国語であっても現代文のほか古文や漢文といったものにも分かれてゆきます。それらは互いに結びつくことがなく別個に分かれたものともいえるでしょう。それを結びつけるもの、さらにはテストに出るばかりではないとわからせてくれるものが教養であるといえるでしょう。

  • 人間の体温の上限は?

    猛暑により熱中症があいついでいます。人間の体温というのは、どのくらいが限界となるのでしょうか。

  • 映画より楽しい旅とは?

    週末ちょっと時間があいた時には、何をするのでしょうか。人によってさまざまであるとはいえ、ちょっと映画を見に行こうといった気軽な娯楽を求める傾向にあるのは確かでしょう。旅行というとちょっと大変であり敷居が高いといったもののように思われるかもしれませんが、決してそういうことばかりではありません。

1 / 136 1 2 3 4 5 最後 »