投資としてのアートとは?

アートというのは、価値を定めるのが難しいものです。しかしながら、海外においては投資の対象となっていることもあります。安い値段で買った作品が高騰することで、それを売りぬくことで利益を得るものですね。それは、なんとなく後ろめたい行為のように見えますが、それが行われるからこそ、アートシーン全体が活性化していくといったこともあるでしょう。

投資としてのアート

そしてそのアートをとらえるにあたっては、なによりも教養がなければいけません。単に儲ける対象としてアートを選ぶ動機はやはりやましさもあるといえるでしょう。そうしたアートシーンの現在形を知る本としておすすめなのが、徳光健治による『教養としてのアート:投資としてのアート』(クロスメディア・パブリッシング)です。

感性が武器になる

ビジネスにおいて武器になるものはさまざまです。経験であり、あるいは資金力でありといったいくつかのキーワードがあるといえるでしょう。そこにおいて未知の可能性を秘めているものが、感性です。それがアートにおいて役立つものがあるといえるでしょう。新世代のビジネスにおいてアートは確実に食い込んでくるものなのです。そのアートを扱うことができるのは教養高い人間であるといったこともあるでしょう。それは、もの自体の流通の価値を考える上でも大切なものですね。アートと社会、アートとビジネスといったアートにかかわるあらゆるキーワードがひっかかる人にとってはおすすめの一冊です。