フォトグラムとはなにか?

フォトグラムという表現方法があります。これはなにを意味するのでしょうか。フォトという言葉がある通り、なにか写真に関わることだと思うかもしれません。ですが、フォトグラムはカメラを一切使わない、表現方法なのです。カメラを使わずに写真表現をする、この一見矛盾しているように見える言葉のなかに、フォトグラムの魅力がつまっているということもできるかもしれません。

印画紙に映し出す

写真というのはフィルムに写し取られたものを現像して、それをさらに引き伸ばして印画紙の上に焼き付けることでできあがります。フォトグラムはこのフィルムを必要とせず、印画紙の上に直接ものを置いて表現を行う手法です。ものを置くだけではなく、インクをたらしたりとフォトグラムの表現方法は多種多少です。さらに写真ならば、同じフィルムから、同じ写真を複製することは可能ですが、フォトグラムの場合、まったく同じものを作り上げるということは不可能に近い技だといえるでしょう。なぜならば、同じ場所に同じものを置いたとしても、光を当てる時間や、あるいは印画紙の質などによって、微妙な変化があらわれてしまうからです。

光の表現

フォトグラムのキモというのは、光を使った表現というところにあるのかもしれません。そこで、光を印画紙に当てることによって、作り出される表現を味わうというのがフォトグラムの魅力なのです。

    
コメント