伝説のフリーペーパーが復活! 村上隆が認めた新芸術とは

あなたは伝説のフリーペーパー「PEPPER SHOP」をご存知でしょうか。「PEPER SHOP」は1993年に、当時20歳だったデザイナーの古賀学さんによって創刊されたフリーペーパーで、毎号一人のクリエイターを取り上げ、インタビューなどを掲載していました。登場したクリエイターには村上隆や佐藤可士和、岡崎京子など、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。

また、当時はまだ黎明期だったパソコンを使ったデザインの走りとして、その洗練されたビジュルあるにも注目が集まっていたそうです。この「PEPPER SHOP」は17号で一度休刊。4ヶ月後に有料の雑誌版として復活するも、2号が出た後は沈黙が続いていました。


■村上隆が「これはアートだよ!」と認定

この「PEPPER SHOP」が17年の時を経て、「PEPPER SHOP REBOOT」として復活。2013年8月末から全国のBEAMS店舗などで配布を再開するようです。

復活第1号の特集は「水中モーター」。1967年に小型モーターの世界最大手のメーカー・マブチから発売された水中モーター「Sー1」と、その後継機であるタミヤの水中モーターを大フィーチャーし、海洋堂の宮脇専務へのインタビューや、イラストレーターの白根ゆたんぽさん、デザイナーの杉山峻輔さんによる水中モーターをテーマにしたグラフィック作品などが収録されるとのこと。

また、水中モーター特集では、水中でニーハイソックスを履いた競泳水着の美女が巨大な水中モーターを抱えた写真も収録され、その「わけのわからなさ」に芸術家の村上隆さんが「これはアートだよ!アート!」というコメントを残したとか。

■古賀学「水中ニーソ」展

開催期間:2013年8月30日(金)~9月11日(水)
9月5日(木)休廊
会場:原宿・PATERS Shop and Gallery
〒150-0001 渋谷区神宮前2-31-18
TEL:03-3475-4947 FAX:03-3408-5127
開館時間:12:00~19:00
入場料:無料

フリーペーパー「PEPPER SHOP REBOOT」の配布は全国のBEMSショップの他、8月30日から9月11日まで原宿・PATERS Shop and Galleryで開催される写真展「水中ニーソ」会場でも行なわれるようなので、夏の終わりに足を運んでみてはいかがでしょうか。

「水中ニーソ(古賀学)」の詳細を調べる

    
コメント