法事・法要

法事とは、先祖の霊を供養することです。法要の種類、参加する際のマナー、法要の準備、納骨、お盆の供養の仕方など、法事・法要に関する情報を紹介していきます。

  • 大人になったら知っておきたい! お盆の法事・法要

    お盆は、なくなった人を祀る儀式を意味します。お盆の時期は地方によって異なりますが、7月13日または8月13日からの4日間に行なわれます。今回はお盆に行う法要について紹介します。 新盆はいつもよりもていねいに供養しよう 四十九日の忌明けが過ぎてか

  • 法事・法要の流れ

    法事・法要で代表的な流れや注意点を紹介します。 施主は早めに出向こう 法事には、施主はほかの人より早めに出向きましょう。僧侶にあいさつしたり、次々にやってくる参列者を出迎えてあいさつする役目を果たすためです。では、法事・法要の流れを紹介します。

  • 納骨の準備

    日本では、遺体を火葬したあと骨壷に納めます。そしてしばらくの間、仏壇や祭壇などに安置し、お墓や納骨堂などに納めます。このことを「納骨」と言います。では、納骨に必要な準備を紹介します。 仏式の納骨 仏式の場合は四十九日や一周忌などに納骨をします。

  • 遺族が行う法事・法要の準備

    遺族が行う法事・法要の準備を紹介します。基本的には、四十九日と一周忌、その後は「三」と「七」がつく忌に行います。 1. 日程を決める 施主を決め(喪主が務めることが多い)、菩提寺の僧侶の都合を聞いて日取りを決めます。平日よりも土日に行うケースが

  • 法事・法要に呼ばれた場合の参列者の準備とマナー

    法事・法要に呼ばれた場合の参列者の準備とマナーを紹介します。 法事・法要の案内状がきたら 故人と親しかった場合、四十九日や一周期、三回忌などの法要に招かれることがあります。正式の案内状が届けられ、返信用のはがきが同封されています。多少の無理をし

  • 法事・法要の種類

    法事・法要とは、先祖の霊を供養することをいいます。まずは、法要の種類について紹介します。 追悼法要 故人の供養のために、忌日と百か日、命日には法要を営みます。仏教では七日ごとに法要を営み(初七日、二七日、三七日…)ます。もともと死後七日目ごとに

1 / 1 1